商品検索&価格比較サイト

ハエトリ草

通販 7 件 / オークション 4 件

通販の検索結果

観葉植物 面白植物 食虫植物 ネペンテス マキシマxビーチ 現物大株観葉植物 面白植物 食虫植物 ネペンテス マキシマxビーチ 現物大株16,000送料無料
Nepenthes maxima x veitchii stripe 襟にストライプが入る美しい交配種 【ウツボカズラ】栽培に挑戦してみよう!! 置き場所 夏の間は、真上からの日差しが強すぎるのでスダレを使ったり木陰や軒下で真昼の直射日光を避けてください。(朝夕の斜めからの光線は当てた方が良い)。遮光ネットを使用する場合は50パーセント程度の物が適切です。春、秋は30パーセント、冬季は出来るだけ温かい温室または部屋で保温に努めよく日に当ててください。朝の最低温度が15度ぐらいを毎日下回るようになったら暖かい場所に移動してください。 水やりについて 用土が乾き切らないように夏の間は一日に一回たっぷり灌水してください。冬季はやや控えめにしてください。その際、袋の中にも適度に水が入っている事を確認してください。無くなっているようであれば適量入れてあげて下さい。【3分の1程度】 温度、湿度について 熱帯性の植物なので冬季でも出来れば18度以上が好ましいのですが、家庭で育てる場合、よく日のあたる南側の窓辺で最低13度程度の環境を整えてあげて下さい。 エアコンなどの空調の乾燥した環境は好ましくないのでガラス水槽や半透明の衣装ケースなどの容器に入れて湿度を保つ工夫をしてみてください。 肥料について 基本的には不要ですが、生育が活発なる春先から初夏に1,2度ごく少量の油粕【大豆程度】を用土に置いてみてもよいでしょう。 絶対に多くあげてはいけません。 虫について 虫を袋に入れてあげないと!って思われる方がよくいますが、全く必要ありません。 外で栽培していると自然に小さな虫は落ち込みます。室内であっても入れる必要はありません。 頻繁に入れてしまう事でかえって壺の寿命を早めてしまいます。 自然に任せましょう! 注意 以上、ネペンテスの栽培についての基本的なポイントについて説明しましたが、あくまでも、指標であって生育を保証するものでは有りませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。 本商品は実生苗【種から育てる事】なので壺の形や色に個体差があります。とても鑑賞価値が高いいい状態の大きな株です。 さあ!ネペンテスを育ててみよう!! 現物商品面白植物 食虫植物 ネペンテス マキシマxビーチ 挿し木増殖苗 Nepenthes maxima x veitchii stripe 挿し木の元となった同一個体画像。順調に育てば2,3年後にはこんな姿になります。 両親共に鉢内の過剰な水分を嫌います。この鉢に植えてちょうど1年になります。後2年程経ったら新しい一回りい大きな鉢で水はけ良く植えてください。 一般的なネペンテス栽培についてのメモを同封しますのでこの機会に是非チャレンジしてみてください。
楽天市場リベラルファーム通販ページへ
ハエトリソウ シャークマウス【面白植物】【食虫植物】【自由研究】ハエトリソウ シャークマウス【面白植物】【食虫植物】【自由研究】1,300
食虫植物と言えばハエトリソウ!!【防虫剤】ではないけれど 置き場所 よく日のあたる所 水やりについて 乾燥に弱く水を好むので鉢底3分の1程度水に浸る腰水が便利 温度、湿度について 冬季温室不要。凍結しない程度の保温。凍結しても根こそぎ枯れる事は無い。 肥料について 基本的には不要です。 注意 ハエトリソウは輸送による振動の為、到着時口を閉じた状態になっていると思います。5日ほど栽培すれば元気に開いてきます。内側の3本の触覚に触ると閉じるので面白いのですが、結構体力を消耗しますのでつついて遊び過ぎないようにしてあげてください。12月14日商品サンプル更新今年の秋は暖かかったですがもう冬季の休眠期に入り始めています。植え替え済みなので冬季の植え替えは不要です。春の成長再開が楽しみです さあ!食虫植物を育ててみよう!! 虫を食べる面白植物 食虫植物と言えばハエトリソウ!! 北アメリカの一部にのみ生息する食虫植物でダーウィンも夢中になって研究したそうです。なんといっても虫が入ると2枚貝の様な捕虫器が瞬時に閉じる仕組みは、世界中の学者から子供まで多くの幅広い方の興味の対象となります。現在流通している物は実生による変種または、組織培養による増殖品またその過程で出来た変種がほとんどです。 【栽培ポイント】 栽培法はいたってシンプル簡単でお子様から初めての食虫植物の方まで幅広い方にお勧めです。 温室は不要で年中野外で栽培します。凍結しても平気です。用土を乾かさない事と可能な限り沢山の光線です。 これだけです。 【してはいけない事】 日当たりの悪い部屋に置いて乾いてしまった! これが最悪です。可哀そうなので気を付けてね! それと、捕虫器の内側を数回触るとパック!と閉じます。 はっきり言って面白いです。 子供は勿論、大人も大喜びです。 虫を捕えて栄養にするためのダイナミックなエネルギーを消費する動きです。 1度ぐらはしてみても良いでしょう。 パクパク頻繁にすると株はどんどん弱ります。 空振りで閉じた物は4,5日すればまた開きます。 出来れば生きた小さな虫をピンセットで入れてみるといいですね。 1,2週間かけて消化し終わったら自然に開きます。 (注:冬季休眠期はダイナミックな動きは期待できません。) 【1年間の成長サイクル】 春、桜の花が膨らむ頃から地下部から成長を再開します。地上部の成長は桜の花が満開になる頃に目に見えてきます。そして夏に向かって成長して行き、初秋の頃にマックスになります。秋が深まる頃から成長は止まり、 夏に出来た外側のトラップから枯れて中心部のみの小さいサイズで冬季の休眠期を過ごします。その間もよく日に当てて用土を乾かさないようにして、桜の花の時期の成長期の始まりを待ちます。 休眠期の12月〜2月に植え替え株分けを行います。 こんな感じで鉢底3分の1程度水に浸る腰水栽培が便利です。 当商品に関する画像
楽天市場リベラルファーム通販ページへ
観葉植物 生産温室直送 食虫植物 ネペンテス グラシリス【面白植物】観葉植物 生産温室直送 食虫植物 ネペンテス グラシリス【面白植物】2,000
Nepenthes gracilis 栽培容易 【ウツボカズラ】栽培に挑戦してみよう!!3.5号鉢 置き場所 夏の間は、真上からの日差しが強すぎるのでスダレを使ったり木陰や軒下で真昼の直射日光を避けてください。(朝夕の斜めからの光線は当てた方が良い)。遮光ネットを使用する場合は50パーセント程度の物が適切です。春、秋は30パーセント、冬季は出来るだけ温かい温室または部屋で保温に努めよく日に当ててください。朝の最低温度が15度ぐらいを毎日下回るようになったら暖かい場所に移動してください。 水やりについて 用土が乾き切らないように夏の間は一日に一回たっぷり灌水してください。冬季はやや控えめにしてください。その際、袋の中にも適度に水が入っている事を確認してください。無くなっているようであれば適量入れてあげて下さい。【3分の1程度】 温度、湿度について 熱帯性の植物なので冬季でも出来れば18度以上が好ましいのですが、家庭で育てる場合、よく日のあたる南側の窓辺で最低13度程度の環境を整えてあげて下さい。 エアコンなどの空調の乾燥した環境は好ましくないのでガラス水槽や半透明の衣装ケースなどの容器に入れて湿度を保つ工夫をしてみてください。 肥料について 基本的には不要ですが、生育が活発なる春先から初夏に1,2度ごく少量の油粕【大豆程度】を用土に置いてみてもよいでしょう。 絶対に多くあげてはいけません。 虫について 虫を袋に入れてあげないと!って思われる方がよくいますが、全く必要ありません。 外で栽培していると自然に小さな虫は落ち込みます。室内であっても入れる必要はありません。 頻繁に入れてしまう事でかえって壺の寿命を早めてしまいます。 自然に任せましょう! 注意 以上、ネペンテスの栽培についての基本的なポイントについて説明しましたが、あくまでも、指標であって生育を保証するものでは有りませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。商品画像はサンプルです。同等の物をお送りします。 Nepenthes gracilis ネペンテス グラシリス 可愛い小型のネペンテスです。 日照を好むのでよく日に当てて育ててください。 アンプラリアのようなグランドピッチャーが出来て鈴なりになります。色々なタイプがあります。 別個体参考画像 【ウツボカズラ】栽培に挑戦してみよう!!
楽天市場リベラルファーム通販ページへ
食虫植物 観葉植物 ネペンテス用植え替えミックス用土 5リットル 鉢底石付き【自由研究】 10P01Oct16食虫植物 観葉植物 ネペンテス用植え替えミックス用土 5リットル 鉢底石付き【自由研究】 10P01Oct16680
リベラルファームでネペンテス用に配合したミックス用土を販売します。鉢底石1L付き。 ネペンテスを植える際にしてはいけない事。 その1、 庭にある土はもちろんホームセンターに有る肥料配合済みの野菜、花の土は使わないように。 その2、 鉢から出した状態で地べたにおいてはいけません。 日常栽培する際にも鉢を土の上においてはいけません。 ネマトーダなど土壌病害虫に侵される確率が高まります。 その3、 ネペンテスの根は黒く大変もろく傷みやすい物です。 決して乱暴に扱って行けません。古い用土を落とす時にはバケツに水を張ってその中で優しくほぐして取ってください。ミズゴケに植えていて絡み合って取れない場合は無理して取らない方が良いです。用土5リットル+鉢底石1リットル ネペンテスの用土はこれが一番と言う完璧な物は有りません。 栽培者の色々な好みや主張が有ります。この用土はリベラルファームがあれこれ試行錯誤した中で、現在好んで使用している物です。使用している材料は、ココピート、鹿沼土、日向の軽石、もみ殻薫タン,軽石砂をミックスしています。適度の保水性と排水性が実現されています。 植え替え後はたっぷりの水を掛け流してください。
楽天市場リベラルファーム通販ページへ
観葉植物 食虫植物 生産温室直送 ネペンテス エマーレン  Nepenthes emmarene観葉植物 食虫植物 生産温室直送 ネペンテス エマーレン Nepenthes emmarene2,300
ベントリコーサとカーシアナの交配種でとても丈夫【ウツボカズラ】栽培に挑戦してみよう!! 置き場所 夏の間は、真上からの日差しが強すぎるのでスダレを使ったり木陰や軒下で真昼の直射日光を避けてください。(朝夕の斜めからの光線は当てた方が良い)。遮光ネットを使用する場合は50〜80パーセント程度の物が適切です。春、秋は30パーセント、冬季は出来るだけ温かい温室または室内で保温に努めよく日に当ててください。朝の最低温度が13度ぐらいを毎日下回るようになったら暖かい場所に移動してください。 水やりについて 用土が乾き切らないように灌水してください。冬季はやや控えめにしてください。その際、袋の中にも適度に水が入っている事を確認してください。無くなっているようであれば適量入れてあげて下さい。【3分の1程度】 温度、湿度について 熱帯性の植物なので冬季でも出来れば18度以上が好ましいのですが、家庭で育てる場合、よく日のあたる南側の窓辺で最低13度程度の環境を整えてあげて下さい。 エアコンなどの空調の乾燥した環境は好ましくないのでガラス水槽や半透明の衣装ケースなどの容器に入れて湿度を保つ工夫をしてみてください。 肥料について 基本的には不要ですが、生育が活発なる春先から初夏に1,2度ごく少量の油粕【大豆程度】を用土に置いてみてもよいでしょう。 絶対に多くあげてはいけません。 虫について 虫を袋に入れてあげないと!って思われる方がよくいますが、全く必要ありません。 外で栽培していると自然に小さな虫は落ち込みます。室内であっても入れる必要はありません。 頻繁に入れてしまう事でかえって壺の寿命を早めてしまいます。 自然に任せましょう! 注意 以上、ネペンテスの栽培についての基本的なポイントについて説明しましたが、あくまでも、指標であって生育を保証するものでは有りませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。Nepenthes emmarene ventricosa x khasiana(ベントリコーサxカーシアナ) の交配種でとても丈夫です。 鉢吊具付 ネペンテスの中では栽培しやすく成長速度も速い。 これから冬を迎えますが、日当たりの良い窓辺で越冬できます。 鉢のサイズは4.5号です。 【送料込商品と一緒に買って頂ければお得です。こちられ送料込みに修正してお知らせしますのでそのまま送信してください】 商品画像はサンプルです。 同等のものをお届けします。
楽天市場リベラルファーム通販ページへ
食虫植物 ネペンテス用植え替えミックス用土 10リットル 鉢底石付き食虫植物 ネペンテス用植え替えミックス用土 10リットル 鉢底石付き1,170
リベラルファームでネペンテス用に配合したミックス用土を販売します。鉢底石2L付き。 ネペンテスを植える際にしてはいけない事。 その1、 庭にある土はもちろんホームセンターに有る肥料配合済みの野菜、花の土は使わないように。 その2、 鉢から出した状態で地べたにおいてはいけません。 日常栽培する際にも鉢を土の上においてはいけません。 ネマトーダなど土壌病害虫に侵される確率が高まります。 その3、 ネペンテスの根は黒く大変もろく傷みやすい物です。 決して乱暴に扱って行けません。古い用土を落とす時にはバケツに水を張ってその中で優しくほぐして取ってください。ミズゴケに植えていて絡み合って取れない場合は無理して取らない方が良いです。用土10リットル+鉢底石2リットル 商品画像では10L一袋になっていますが、5L2袋でお届けします。 ネペンテスの用土はこれが一番と言う完璧な物は有りません。 栽培者の色々な好みや主張が有ります。この用土はリベラルファームがあれこれ試行錯誤した中で、現在好んで使用している物です。使用している材料は、ココピート、鹿沼土、日向の軽石などをミックスしています。適度の保水性と排水性が実現されています。 植え替え後はたっぷりの水を掛け流してください。
楽天市場リベラルファーム通販ページへ
生産温室直送 食虫植物 ネペンテス シンジョウ(フーケリアナ 斑点 x バイキング) イエローリップ No1現物生産温室直送 食虫植物 ネペンテス シンジョウ(フーケリアナ 斑点 x バイキング) イエローリップ No1現物3,800
リベラルファームのオリジナル交配 N,shinjou 底面給水鉢植え 置き場所 夏の間は、真上からの日差しが強すぎるのでスダレを使ったり木陰や軒下で真昼の直射日光を避けてください。(朝夕の斜めからの光線は当てた方が良い)。遮光ネットを使用する場合は50パーセント程度の物が適切です。春、秋は30パーセント、冬季は出来るだけ温かい温室または部屋で保温に努めよく日に当ててください。朝の最低温度が15度ぐらいを毎日下回るようになったら暖かい場所に移動してください。 水やりについて 用土が乾き切らないように夏の間は一日に一回たっぷり灌水してください。冬季はやや控えめにしてください。その際、袋の中にも適度に水が入っている事を確認してください。無くなっているようであれば適量入れてあげて下さい。【3分の1程度】 温度、湿度について 熱帯性の植物なので冬季でも出来れば18度以上が好ましいのですが、家庭で育てる場合、よく日のあたる南側の窓辺で最低13度程度の環境を整えてあげて下さい。 エアコンなどの空調の乾燥した環境は好ましくないのでガラス水槽や半透明の衣装ケースなどの容器に入れて湿度を保つ工夫をしてみてください。 肥料について 基本的には不要ですが、生育が活発なる春先から初夏に1,2度ごく少量の油粕【大豆程度】を用土に置いてみてもよいでしょう。 絶対に多くあげてはいけません。 虫について 虫を袋に入れてあげないと!って思われる方がよくいますが、全く必要ありません。 外で栽培していると自然に小さな虫は落ち込みます。室内であっても入れる必要はありません。 頻繁に入れてしまう事でかえって壺の寿命を早めてしまいます。 自然に任せましょう! 注意 以上、ネペンテスの栽培についての基本的なポイントについて説明しましたが、あくまでも、指標であって生育を保証するものでは有りませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。虫を食べる面白植物 食虫植物 ネペンテス シンジョウ(フーケリアナ 斑点 x バイキング) イエローリップ 現物 N,shinjou (N,hookeriana斑点 x viking)2芽元気に育っています。壺は成長と共に新しい物に更新されます。No1〜は管理上の物で優劣に関係ありません。 さあ!ネペンテスを育ててみよう!! リベラルファームのオリジナル品種、ネペンテス シンジョウ (フーケリアナ 斑点 x バイキング) バイキングの交配種は水を好むので便利な底面給水鉢に植えています。。 交配親画像交配親画像 一般的な栽培についてのメモを同封します。
楽天市場リベラルファーム通販ページへ

オークションの検索結果

食虫植物 ハエトリ草 DC XL  D食虫植物 ハエトリ草 DC XL D現在価格 : 2,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 34 時間 20( 02/26 21:53 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!briansmomo入札ページへ
食虫植物 ハエトリ草 DC XL   A食虫植物 ハエトリ草 DC XL A現在価格 : 2,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 34 時間 10( 02/26 21:43 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!briansmomo入札ページへ
食虫植物 ハエトリ草 DC XL  B食虫植物 ハエトリ草 DC XL B現在価格 : 2,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 34 時間 16( 02/26 21:49 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!briansmomo入札ページへ
食虫植物 ハエトリ草 DC XL C食虫植物 ハエトリ草 DC XL C現在価格 : 2,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 34 時間 18( 02/26 21:51 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!briansmomo入札ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトやオークションサイトから、お探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探すことができる商品検索&価格比較サイトです。

カテゴリー

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターAmazon.co.jpポンパレモールWEBサービスWEB SERVICE BY DMM.com
ページトップへ