商品検索&価格比較サイト

サウンド&レコーディングマガジン

通販 70 件 / オークション 20 件

通販の検索結果

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 [雑誌]900
発売日
2017/01/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
近日発売 予約可
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 1月号 [雑誌]900
発売日
2016/11/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 12月号 (期間限定ダウンロードパスコード付き) [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 12月号 (期間限定ダウンロードパスコード付き) [雑誌]500レビューを見る
発売日
2016/10/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
GROOVE SPRING 2015 サウンド&レコーディング・マガジン2015年5月号増刊 [雑誌]GROOVE SPRING 2015 サウンド&レコーディング・マガジン2015年5月号増刊 [雑誌]1,940レビューを見る
発売日
2015/03/28
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。100P以上の大ボリュームで、19組の注目クリエイターたちがプライベート・スタジオを披露!■総力特集プライベート・スタジオ2017アーティスト/クリエイター/エンジニアの制作場所を紹介する、本誌恒例の「プライベート・スタジオ特集」。多様化する音楽制作に対応するため、プライベート・スタジオもそれぞれの個性が色濃く出てきている現在、今回もさまざまな分野で活躍する19組が登場してくれた。こだわりの空間、機材、作編曲方法、エンジニアリングなど、彼らのスタジオからどのように音楽が生み出されているのか語ってもらっているので、豊富な写真と共にじっくりと読み進めてほしい。◎オヴァル◎上地等(BEGIN) ◎TeddyLoid◎ALI&(80KIDZ)◎保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)◎田中隼人◎ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW)◎Dadub◎Kuniyuki Takahashi◎REBEL MUSICAL◎mergrim◎Yui Onodera◎Yuto Uchino(The fin.)◎麗(the GazettE)◎小林うてな◎KOKIA◎ゲントウキ◎山田ノブマサ◎溝口肇■REPORT◎No Maps◎音響設備ファイル festhalle◎音響設備ファイル スタジオ ユニ◎メディア・アーティスト後藤英の最新作品「Body in zero G」が世界初公演!◎武部聡志が語るワークショップ「音楽家の話が聴きたい」◎統括プロデューサー伊藤圭一が語る「東京コミック・コンベンション2016」の魅力◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 トゥ・ミックス/山口情報芸術センター[YCAM]◎YAMAHA PX Series導入レポート 前橋 DYVER◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 木村健太郎◎AUDIO-TECHNICA ATM350A × 東京スカパラダイスオーケストラ/チャラン・ポ・ランタン◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 鈴木智雄◎製品開発ストーリー APOGEE Elementシリーズ◎製品開発ストーリー DBTECHNOLOGIES◎ライブ・スペース訪問 渋谷クラブクアトロ■NEW PRODUCTS◎SLATE MEDIA TECHNOLOGY Raven MTI2◎IZOTOPE Neutron◎VIENNA SYMPHONIC LIBRARY Vienna Ensemble Pro 6◎LEWITT LCT640 TS◎RUPERT NEVE DESIGNS Shelford Channel◎ZOOM F4◎YAMAHA HPH-MT8/HPH-MT5◎BEYERDINAMIC DT 1990 Pro◎SOUNDCRAFT UI16■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 及川潤耶◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜益子樹のROLAND SH-101■LIBRARY■DAW AVENUE■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。■巻頭企画ア・トライブ・コールド・クエストQ・ティップを中心にアリ・シャヒード、ファイフ・ドーグ、ジェロビ・ホワイトから成るニューヨークのヒップホップ・アクト=ア・トライブ・コールド・クエスト。1990 年にデビューした彼らは洗練されたプロダクションと理性的なライムで“ニュースクール”ムーブメントを主導。彼らの18 年ぶりの新作『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』はビルボード全米チャートで初登場1位を獲得し、あらためてシーンの注目度の高さを証明してみせた。本稿ではエンジニアのブレア・ウェルズやキーボーディストのBIGYUKIなどの証言からこの“奇跡の新作”を解析。ボブ・パワー、TOWA TEIらのインタビューも交え、現在も輝きを失わない“探求の民”の全容に迫る。■特集2017年型サンプリング・ビートの極意1980 年代にニューヨークのヒップホップDJ がターンテーブルとレコードを使って発見した“ブレイクビーツ”の概念が元となって生まれたフレーズ・サンプリング。今回はヒップホップを出自としつつ、バンドもののポップスなど幅広い音楽を手掛けるプロデューサー/ドラマーのmabanuaに、最新のビート・メイクの手法を伝授していただきます。■特別企画匠が“アナログ”にこだわる理由〜森元浩二.、甲斐俊郎、高山徹■コンサート見聞録布袋寅泰@NHKホール■ミックス解剖学トゥエンティ・ワン・パイロッツ「ヒーサンズ」 by アダム・ホーキンス■CrossTalk 光田康典×宮野幸子劇伴から歌モノまで活用できる譜面ソフト最新事情2017■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち平沢敦士■不定期連載 oscillator lovers by yukihiro【第4回】牛尾憲輔(agraph)■PEOPLEKan Sano冨田ラボyahyel池田亮司minus(ー)■Beat Makers Laboratory:TBアーサー■REPORT◎ミックス・コンテスト結果発表◎音響設備ファイル ガジェット通信フロア◎Inter BEE 2016◎現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル◎ライブ・スペース訪問 表参道WALL&WALL■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎STEINBERG Cubase Pro 9◎APOGEE Element 88◎ELEKTRON Analog Heat◎ARTURIA DrumBrute◎IK MULTIMEDIA Modo Bass◎SLATE DIGITAL VerbSuite Classics◎AUDIONAMIX SVC◎SE ELECTRONICS V7◎ZOOM Q2N◎ULTRASONE Edition 8 EX◎MACKIE. Axis◎YAMAHA TF-Rack◎JBL PROFESSIONAL Eon One■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ◎プライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科◎THE CHOICE IS YOURS◎素晴らしきビンテージの世界◎Berlin Calling◎音楽と録音の歴史ものがたり◎H2のエレクトロニクス回想記◎お部屋一刀両断◎toku(GARNiDELiA)のSSL X-Desk■LIBRARY■DAW AVENUE■REVIEW■付録『サンレコ for ビギナーズ2017』画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ1【電子書籍】[ 松武秀樹 ]松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ1【電子書籍】[ 松武秀樹 ]1,080送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 1971年に冨田勲のマネージメント会社に入ってシンセサイザーを学び、独立後の1970年代後半からはYMOのレコーディングやライブで重要な役割を果たし、“4人目のYMO”と呼ばれた松武秀樹。日本をいや世界を代表するシンセサイザー・プログラマーとして、特にMOOGやE-MUのモジュラー・システムを使った音作りについては右に出る者がいない。そんな彼がサウンド&レコーディング・マガジンの1995年6月号から1999年6月号まで4年にわたって連載していたセミナーを電子書籍化したのが本書。シンセサイザーの基礎から、Eurorackのオリジネイターとして大人気のDOEPFERモジュラー・シンセを使ったサウンド制作までを懇切丁寧に解説している。連載時から20年経過した今も、そのノウハウは決して古びることなく、現代の音楽制作環境においても活用可能。シンセサイザーを使って個性ある音作りをする上で、全クリエイター必携の書である。※この電子書籍に対応した音源をYouTubeで聴くことができます(URLは本編の11章に明記しています)。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年11月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年11月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。■巻頭特集:めくるめく“VR音響”の世界OCULUS Riftをはじめとする本格的なHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)の登場や、アプリ「dTV VR」が10万ダウンロードを突破するなど話題のVR(バーチャル・リアリティ)。その表現は今や映像にとどまらず、音響にも大きな進化が押し寄せている。Part 1:時代は立体音響から“VR 音響”へPart 2:VR音響に着目する各メーカーPart 3:バイノーラルで実践! VR 音響Part 4:VR音響を得たアーティストはどこへ向かうのか?ビョーク/evala/Katsuhiro Chiba/國本怜■特別企画アンプ・タイプ別!ギター録音マニュアル◎MARSHALL スタック・タイプ◎FENDER Twin Reverb◎ハイゲイン・タイプ◎ROLAND JC-120◎小型アンプ■Special Report宇多田ヒカル『Fantome』ミキシングの技法に迫るアルバムは無駄をそぎ落としたリズム・セクションにエヴァートン・ネルソンのストリングスやアンディ・パナイイーのサックスが効果的に配され、現在の拠点であるUKらしい香りをまといつつ、欧米のポップスとは一線を画した生々しい音像に仕上げられている。今回本誌は、ボーカル以外の大半のレコーディングと「桜流し」を除く全曲のミキシングを手掛けたスティーヴ・フィッツモーリスの取材に成功。■Special Interviewジャイルズ・マーティンが語るザ・ビートルズ『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』■Special Talk中田ヤスタカ×カール・ハイド(アンダーワールド)■Featured Tools1NATIVE INSTRUMENTS Komplete 11徹底解剖■Featured Tools2グルーブ・マシン界に新星現る!ZOOM ARQ Aero RhythmTrak AR-96■コンサート見聞録“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”@横浜アリーナ■Production Reportマイク・ポズナー「I Took A Pill In Ibiza(Seeb Remix)」■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たちサキタハヂメ■PEOPLE◎高木正勝◎THE NOVEMBERS◎浅倉大介◎宇宙ネコ子◎MACHINA■Beat Makers Laboratory:コバーン・アイヴォリー■REPORT:音響設備ファイル Studio TLive/NATIVE INSTRUMENTS Maschine Jam速報!/YAMAHA RIVAGE PM10導入事例/YAMAHA PX Series導入レポート/プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series/DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由/担当副社長が語るAVID Pro Toolsの向かう未来/ライブ・スペース訪問 渋谷WWW X■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎CRYPTON 初音ミク V4X◎MAKE NOISE 0-Coast◎MANLEY Nu Mu◎CHANDLER LIMITED TG Microphone Cassette◎FXPANSION Geist2◎EIOSIS E2 Deesser◎AUDIO-TECHNICA ATM350D◎MXL V67G-HE◎ALLEN&HEATH QU-24 Chrome Edition◎YAMAHA EMX7◎SOUNDCRAFT Signature 16■LIBRARY■DAW AVENUE■COLUMN■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号【電子書籍】972送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。■巻頭企画「EDMソフト・シンセ決定戦」〜kz & TeddyLoid対談&クリエイター・アンケート強力かつ華やかなシンセ・サウンドで一時代を築いたEDM。本誌もここ3〜4年は、取材を通してNATIVE INSTRUMENTS MassiveとLENNAR DIGITAL Sylenth1の2つのソフト・シンセが圧倒的な人気を博していることに気付いた。しかしここへ来て、クリエイターたちの趣向に変化が現れているようだ。そこで今回は、kzとTeddyLoidの2人を招き、ソフト・シンセについての対談を敢行。彼らに選んでもらった4つのモデルを軸に“シンセ事情のリアル”を語り合っていただいた。■特集1ネット時代の洋楽トレンド収集術D.O.I./Jay Kogami/仲真史/ナカコーBandcampやSoundCloud、Facebook、Twitterなどを通し、クリエイター自身が情報発信できるようになった昨今。しかし情報量そのものが急増したことにより、“トレンドがつかみづらくなった”という声も聞こえてくる。本企画では、そうした状況にありながらも的確な情報収集を行い、自らの活動に還元している4人に、海の向こうの動きをどのように探り、生かしているのか尋ねてみた。■特集2“ミックスに効く”エフェクトの重ね技 by 伊藤圭一昨今はDAWに幾らでもエフェクトを立ち上げられるが、気がついたら1パートに多くのプラグインが立ち上がり、しかも元より音が悪くなっていた……という経験がある人も少なくないだろう。本稿では明快な理論と手腕で知られるエンジニアの伊藤圭一氏を講師に招き、ミキシングで問題になりやすい症状をプラグイン・エフェクトの重ね技で解決する手法を紹介いただく。■特集3ボーカル・ミキシングの奥義 by SUI“プロデューシング・エンジニア”としてビート・メイク/曲アレンジからミキシングまでをカバーするSUI氏が、クリエイターに向けてボーカルのまとめ方を指南。ノイズ除去などの下準備に始まり、コーラスの配置やグループの構成、オートメーションなど、効率的なボーカルのミキシング法を音源連動で解説していく。■コンサート見聞録LiSA@NHKホール■Production Reportエルヴィス・プレスリー■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たちハイ島邦明■PEOPLEdorikoAA=金子ノブアキSeihoD.A.N.■Beat Makers Laboratoryミルトン・ブラッド■REPORT音響設備ファイル1カプコン bit MASTER studio/2東京カテドラル聖マリア大聖堂/クリエイターが語る日本大学藝術学部 音楽学科/テン年代☆インディー白書 KEITA SANO/ライブ・スペース訪問 両国SUNRIZE■NEW PRODUCTS◎STEINBERG WaveLab Pro 9◎APOGEE Symphony I/O MKII◎KORG Nanokey Studio/Nano Kontrol Studio◎UVI Orchestral Suite◎XFER RECORDS Nerve◎MACKIE. CR4BT◎MANLEY Elop+◎MOJAVE AUDIO MA-1000/MA-50◎L-ACOUSTICS X15HiQ◎AMCRON XLS2002■LIBRARY■DAW AVENUE■COLUMN■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
Sound  &  Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 / Sound & Recording Magazine編集部  〔Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 / Sound & Recording Magazine編集部 〔900
ポイント
18 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
発売日:2017年01月25日 / ジャンル:雑誌(情報) / フォーマット:雑誌 / 出版社:リットー ミュージック / 発売国:日本 / ISBN:040190317 / アーティストキーワード:Sound & Recording Magazine編集部 サウンドアンドレコーディング Soun・・・ / タイトルキーワード:KREVA 梁邦彦 内容詳細:心機一転のニュー・アルバム『嘘と煩悩』を携え、MPC3000、プリセットへの偏愛、ラップ・ブームまで語る!■巻頭インタビューKREVA2004年のソロ・デビュー以降、ヒップホップとJポップの架け橋となり、日本の音楽シーンにおいて異例のポジションを築き上げたKREVA。この度レーベルを移籍して、心機一転となる4年ぶりの新作を2月1日にリリースする。KREVA節とも言える流麗なラップはもとより、グルーブの微細な揺れまでこだわったトラックにもクリエイター・KREVAの飽くなきこだわりが満載。ダンス・ミュージックの強力なボトムと普遍的なポップスとしてのコード・ワークを両立し、本作も多くの人の耳を魅力することだろう。そんなKREVAの機材愛について、サンレコ目線からたっぷりと聞いてみたいと思う。彼のプライベート・スタジオ“monday n・・・
Yahoo!ショッピングローチケHMV Yahoo!ショッピング店価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン  ( 定期配送6号分セット・ 送料込み )サウンド&レコーディングマガジン ( 定期配送6号分セット・ 送料込み )6,000送料無料
ポイント
60 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
発送はその雑誌の発売日になります(書籍流通規約に基き) ゆうメールでの発送ですので2-3日後の到着になります ※商品画像についてはイメージとなります。実際のお届け号数とは異なる場合がございますので、ストア受注承諾メールのお届け開始号をご確認ください。 ※基本来月号よりの発送になります(お申し込み時期、銘柄によっても異なりますのでメールをご確認ください お客様の都合による途中キャンセルは出来ません お届け先住所の変更は5日前までにメールにてお知らせ頂けますようお願い致します。 雑誌の休廃刊の場合のみ未発送の返金を振込み手数料当店もちにて 銀行振り込みいたします。 以下の計算になります 商品代金÷6×未発送分=返金金額 雑誌の価格の変動について 各号価格が違った場合についても追加料金を頂くことはありません。 定期6冊の値段として成立いたします。
Yahoo!ショッピングWINDY BOOKS on line通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年11月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年11月号900
ポイント
45 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【巻頭特集】 バーチャル・リアリティ時代に知っておくべき めくるめく“VR音響”の世界 【特集】 アンプ・タイプ別! ギター録音マニュアル [Special Report] 宇多田ヒカル『Fantome』 ミキシングの技法に迫る [Special Interview] ジャイルズ・マーティンが語る ザ・ビートルズ『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』 [スペシャル対談] 中田ヤスタカ x カール・ハイド(アンダーワールド)
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年12月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年12月号900
ポイント
45 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【表紙巻頭インタビュー】 METATIVE 百戦錬磨のクリエイター集団、早くもミニ・アルバム6人の閃きを一つにするコラボレーション法に迫る! *METAFIVExサンレコ企画 「Musical Chairs」 Yoshinori Sunahara Remix DLコード付き! 【特集】 浦本雅史がサカナクションの楽曲で指南! “輪郭”と“音圧”を両立させるミックス術 [特別企画] 1)私の作曲法2016 田中公平、本間昭光、葉山拓亮、牛尾憲輔、松隈ケンタ 2)「音の良いレコード」を作る!
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
Sound  &  Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 2月号 / Sound & Recording Magazine編集部  〔Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 2月号 / Sound & Recording Magazine編集部 〔900
ポイント
18 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
発売日:2016年12月24日 / ジャンル:雑誌(情報) / フォーマット:雑誌 / 出版社:リットー ミュージック / 発売国:日本 / ISBN:040190217 / アーティストキーワード:Sound & Recording Magazine編集部 サウンドアンドレコーディング Soun・・・ / タイトルキーワード:A Tribe Called Quest ア トライブ コールド クエスト 内容詳細:音楽制作に携わる人々に贈る専門誌奇跡のニュー・アルバムを緊急リリース!ヒップホップ界が誇る“探求の民”の全容に迫る■巻頭企画ア・トライブ・コールド・クエスト■特集2017年型サンプリング・ビートの極意■特別企画匠が“アナログ”にこだわる理由〜森元浩二.、甲斐俊郎、高山徹■コンサート見聞録布袋寅泰@NHKホール■ミックス解剖学トゥエンティ・ワン・パイロッツ「ヒーサンズ」byアダム・ホーキンス■CrossTalk光田康典×宮野幸子劇伴から歌モノまで活用できる譜面ソフト最新事情2017◎登場製品AVIDSibeliusMAKEMUSICFinalePRESONUSNotionSTEINBERGDorico■behindthescene〜映像を音で彩る作・・・
Yahoo!ショッピングローチケHMV Yahoo!ショッピング店価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号 【特集】 プライベート・スタジオ2017/リットーミュージック(雑誌)サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号 【特集】 プライベート・スタジオ2017/リットーミュージック(雑誌)900
発売日
2016/11/25
ポイント
27 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
2016/11発売 [総力特集] ●プライベート・スタジオ2017 ―アーティスト/クリエイター/エンジニアの制作場所を紹介する、 本誌恒例の「プライベート・スタジオ特集」。多様化する音楽制作に 対応するため、プライベート・スタジオもそれぞれの個性が色濃く 出てきている現在、今回もさまざまな分野で活躍する19組が登場して くれた。こだわりの空間、機材、作編曲方法、エンジニアリングなど、 彼らのスタジオからどのように音楽が生み出されているのか語って もらっているので、豊富な写真と共にじっくりと読み進めてほしい。 ◎オヴァル ◎上地等(BEGIN) ◎TeddyLoid ◎ALI&(80KIDZ) ◎保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE) ◎田中隼人 ◎ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW) ◎Dadub ◎Kuniyuki Takahashi ◎REBEL MUSICAL ◎mergrim ◎Yui Onodera ◎Yuto Uchino(The fin.) ◎麗(the GazettE) ◎小林うてな ◎KOKIA ◎ゲントウキ ◎山田ノブマサ ◎溝口肇 ...ほか
Yahoo!ショッピングネオウィングYahoo!店価格を比較する通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年02月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年02月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【巻頭企画】 ア・トライブ・コールド・クエスト 奇跡のニュー・アルバムを緊急リリース! ヒップホップ界が誇る“探求の民”の全容に迫る 【特集】 2017年型サンプリング・ビートの極意 [特別企画] 匠が“アナログ”にこだわる理由 森元浩二、甲斐俊郎、高山徹 [Cross Talk] 光田康典x宮野幸子 劇伴から歌モノまで活用できる 譜面ソフト最新事情2017 ☆別冊付録: 音楽制作ツール購入ガイド「サンレコ for ビギナーズ!」
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年10月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年10月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
■表紙巻頭インタビュー: 中田ヤスタカ 孤高のクリエイターが見据える“その先” 【特集】 曲のカラーを自在に操る! 実戦型ミックス・テクニック [特別企画] API 500互換モジュール 導入のススメ [Cross Talk] 井筒昭雄 x 山田ノブマサ 劇伴制作に活用できるストリングス音源を探せ! [コンサート見聞録] 相対性理論@日本武道館 [People] 寺岡呼人/w‐inds./Felix K & ENA
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン...Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン...1,161
ポイント
11 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
送料無料!
Yahoo!ショッピングオールエー通販ページへ
中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2007/3 サウンド&レコーディング・マガジン中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2007/3 サウンド&レコーディング・マガジン390( 定価 1,008 円 )61%OFF!
ポイント
3 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
シンセサイザーにトラック・メイクの秘策あり!/椎名林檎
Yahoo!ショッピング駿河屋ヤフー店価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2016年7月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910040190769)【お取り寄せ商品】サウンド&レコーディングマガジン 2016年7月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910040190769)【お取り寄せ商品】899
発売日
2016/07/01
ポイント
8 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
関連words:(株)リットーミュージック/プロ・クリエイターが選ぶ「EDMソフト・シンセ決定戦」2016■巻頭企画「EDMソフト・シンセ決定戦」〜kz & TeddyLoid対談&クリエイター・アンケート強力かつ華やかなシンセ・サウンドで一時代を築いたEDM。近年はさまざまなサブジャンルが誕生し、もはや一つのムーブメントにとどまらない進化を見せている。本誌もここ3〜4年はEDM系クリエイターを取り上げる機会に恵まれ、取材を通してNATIVE INSTRUMENTS M
Yahoo!ショッピングサイトミュージック Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年09月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2016年09月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
■表紙巻頭インタビュー: 石野卓球 6年ぶりのソロ・アルバムで魅せる、オトナの濃密なマシン・ミュージック! 【特集】 “達人”はコンプをこうかけている! [特別企画] 愛用プラグイン・リミッターを教えてください (講師:早乙女正雄) 生バンドのマルチ素材をプラグイン・コンプで処理することにより、“カッコ良く”聴かせるためのテクニックを音源連動で解説。 [Cross Talk] 林憲一 x 中山佳敬 海外エンジニアの“シグネチャー・プラグイン”はプロの現場でどれだけ使えるのか? [コンサート見聞録] back number@幕張メッセ SEKAI NO OWARI@さいたまスーパーアリーナ [People] スティーヴ・ジャンセン/坂本慎太郎/the HIATUS/ディーン・フジオカ/七尾旅人/フィッシュマンズ
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン     2017年  2月号サウンド&レコーディングマガジン 2017年 2月号900
発売日
2016/12/24
ポイント
18 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
音楽 - ソフト情報 発売日- 月刊 15日 出版社- リットーミュージック
Yahoo!ショッピングWINDY BOOKS on line通販ページへ
中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2008/4(CD2枚付) サウンド&レコーディング・マガジン中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2008/4(CD2枚付) サウンド&レコーディング・マガジン360( 定価 1,132 円 )68%OFF!
ポイント
3 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
CORNELIUS
Yahoo!ショッピング駿河屋ヤフー店価格を比較する通販ページへ
中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2010/7(CD1枚付) サウンド&レコーディング・マガジン中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2010/7(CD1枚付) サウンド&レコーディング・マガジン280( 定価 1,008 円 )72%OFF!
ポイント
2 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
iPadが導く次世代の音楽制作スタイル
Yahoo!ショッピング駿河屋ヤフー店価格を比較する通販ページへ
Sound  &  Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2015年 11月号 / Sound & Recording Magazine編集部Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2015年 11月号 / Sound & Recording Magazine編集部900
ポイント
18 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
発売日:2015年09月25日 / ジャンル:雑誌(情報) / フォーマット:雑誌 / 出版社:リットー ミュージック / 発売国:日本 / ISBN:040191115 / アーティストキーワード:Sound & Recording Magazine編集部 サウンドアンドレコーディング Soun・・・ 内容詳細:音楽制作に携わる人々に贈る専門誌ハンザ・スタジオで自ら録音した『esors』。独創的な“突き刺さるミックス”に迫る■巻頭インタビュー凛として時雨TK(vo、g)、345(vo、b)、ピエール中野(ds)の3ピース・バンドとして2002年に結成された凛として時雨。矢継ぎ早にフレーズを紡ぎ出しながら、めくるめく展開を見せる激情的なサウンドは従来のバンドのどれとも異なり、今年1月にリリースしたベスト盤『BestofTornado』でもその世界観を存分に見せつけた。それから約8カ月、早くも5曲入りミニ・アルバム『esors』を発表。本作では歴史あるベルリンのハンザ・スタジオでバンド初の海外レコーディングを行い、しかも従来の作品と同様に、現地でもTKがエンジニアとして音作りを一手に担ったという。結果、彼がたびたび口にする“刺さぇ・・
Yahoo!ショッピングローチケHMV Yahoo!ショッピング店価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号 【特集】 ア・トライブ・コールド・クエスト 【付録】 小冊子「サンレコ for ビギナーズ201サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号 【特集】 ア・トライブ・コールド・クエスト 【付録】 小冊子「サンレコ for ビギナーズ201900
発売日
2016/12/24
ポイント
27 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
2016/12発売
Yahoo!ショッピングネオウィングYahoo!店価格を比較する通販ページへ
中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2006/12 サウンド&レコーディング・マガジン中古音楽雑誌 Sound & Recording Magazine 2006/12 サウンド&レコーディング・マガジン240( 定価 1,008 円 )76%OFF!
ポイント
2 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
立体的サウンド・プロセッシング
Yahoo!ショッピング駿河屋ヤフー店価格を比較する通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年01月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年01月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【総力特集】 プライベート・スタジオ2017 100P以上の大ボリュームで19組の注目クリエイターたちがプライベート・スタジオを披露! オヴァル 上地等(BEGIN) TeddyLoid ALI&(80KIDZ) 保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE) 田中隼人 ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW) Dadub Kuniyuki Takahashi/REBEL MUSICAL mergrim Yui Onodera Yuto Uchino(The fin.) 麗(the GazettE) 小林うてな KOKIA ゲントウキ 山田ノブマサ 溝口肇
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
Sound & Recording Magazine 2016年7月号 MagazineSound & Recording Magazine 2016年7月号 Magazine900
発売日
2016/05/25
ポイント
18 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、ペイジー、コンビニ払い
商品説明
ご注文後のキャンセル・返品は承れません。 発売日:2016/05/25/商品ID:4280554/ジャンル:DOMESTIC MAGAZINE/フォーマット:Magazine/組枚数:1/レーベル:リットーミュージック/タイトル:Sound & Recording Magazine 2016年7月号/タイトルカナ:サウンド・アンド・レコーディング・マガジン
Yahoo!ショッピングタワーレコード Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年4月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年4月号 リットーミュージック900送料無料
北川悠仁 最新作『TOWA』とゆずの録音史を語る リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年4月号【楽譜】プライベート・スタジオを初公開! 最新作『TOWA』とゆずの録音史を語る■巻頭インタビュー北川悠仁(ゆず)北川悠仁と岩沢厚治から成るユニット、ゆず。路上ライブでの活動から1997年にCDデビューを果たして以来、等身大の音楽を作り続け、CDリリース、ライブ活動を重ね、老若男女多くのリスナーに支持されてきた。ゆずの作品はこれまで、さまざまなクリエイター、エンジニアがかかわ り、各作品ともこだわりの詰まった仕上がりとなっている。そんな2人の最新アルバム『TOWA』も、多くの人とともに作り上げた意欲作だ。しかも今作は、北川が新たに設立したプライベート・スタジオ“STUDIO HOUSE”を中心に制作されたという。今回編集部は、その最新スタジオの詳細レポートを初めて行うことができた。そして北川には、ゆずの録音史から『TOWA』の制作過程についてのロング・インタビューを敢行。また多くの楽曲でエンジニアを務めた藤原暢之氏との対談、氏によるミックス解説、さらに『TOWA』 にかかわったキー・パーソンたちの証言という盛りだくさんの内容で、ゆずの魅力にじっくり迫っていきたい。■特集D.O.I. × SUIが徹底解析!2016年の“旬な”サウンド2015年もアメリカ/ヨーロッパでは数多くの音楽作品がリリースされ、チャートをにぎわせました。昨今はCDとしてプレスされなくとも、WebサイトやSoundCloudなどのインターネット上での音楽サービスを通して配信される楽曲も多く、音楽的な流行やシーンの全体像を把握するのが難しい状況となってきています。そこで今回は毎月本誌にて“新しいサウンド”への鋭いアンテナを披露しているエンジニアのD.O.I.氏とSUI氏を迎え、2015年でプロダクションが印象に残ったアーティストやアルバムの選出を依頼。音楽的な傾向や制作機材への解析を重ねることで、サンレコ的な目線で洋邦のサウンドのトレンドを浮き彫りにします。本稿で“旬な”サウンドの傾向を把握し、2016年も音楽制作に励みましょう!■特別企画MIDIもオーディオもワイアレスで!Bluetoothで変わる宅録環境コンピューターのキーボードやマウスの無線接続に欠かせない規格、Bluetooth。スマートフォンの普及に伴い、電話通話用ヘッドセットやリスニング用ヘッドフォン、ホーム・オーディオの小型スピーカーなど、さまざまな場面でこの規格を利用している機会を目にすることが増えてきた。そしてここ1 2年で、こうした流れに押されるようにBluetooth対応の音楽制作機器やPA機器も急増。MIDIやオーディオがワイアレス接続できるようになってきている。この特集では、こうしたBluetooth MIDI&オーディオが音楽制作でどのくらい使えるものなのかをメーカー取材で明らかにしつつ、Bluetooth対応製品を多数紹介していくことにしよう。●Bluetoothの特徴を知る●Bluetooth LE MIDI・メーカー・インタビュー(YAMAHA)・対応製品カタログ●Bluetooth AUDIO・メーカー・インタビュー(TASCAM)・対応製品カタログ■Cross Talk 今井邦彦×中山佳敬エンジニアがこぞって使い始めた“FABFILTER”プラグインの魅力ここ1年ほどの取材を通して見えてきたことの一つに、“FABFILTER”(ファブフィルター)というメーカーのプラグイン・エフェクトへの人気が挙げられる。自らミックス/マスタリングを行うアーティストはもちろんのこと、音響のプロフェッショナルであるエンジニアたちもそのクオリティにうなっているのだ。今回は同社プラグインの愛用者である今井邦彦氏と中山佳敬氏の2人のエンジニアを迎え、Pro-Q2(イコライザー)/Pro-DS(ディエッサー)/Pro-C2(コンプレッサー)の3つについてサウンド・チェック&対談を敢行。両氏共にビッグ・ネームを手掛けてきた腕利きだけに、どのような点に魅力を感じているのか気になるところだ。◎Pro-Q2◎Pro-DS◎Pro-C2■ミックス解剖学ジャスティン・ビーバー「ソーリー」by ジョシュ・グッドウィン海外のトップ・エンジニアに、自身の手掛けたヒット曲のミックス手法を直接解説してもらう本連載。今回登場していただくのはジョシュ・グッドウィン。2005年から2年間、フロリダのフル・セイル大学で学んだグッドウィンは、その後LAのTrack Record Studiosでインターンを行い、そこで優れたボーカル・プロデューサーであるクック・ハレルのもとで学んだ。その後ライオネル・リッチー、クインシー・ジョーンズ、ジェニファー・ロペス、ファレル・ウイリアムスといった面々の作品に携わり、2010年からジャスティン・ビーバーと制作を共にする。昨年11月にリリースされた彼の4th『パーパス』では、“アルバム・プロデューサー”とクレジットされ、ボーカル録音、12曲のミックスを行った上、数曲においては作曲にも関与している。ここではアルバムの中から「ソーリー」のミックスについて解説してもらおう。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち出羽良彰映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは、出羽良彰氏。2006年に音楽ユニット樹海でデビューした氏は、amazarashiの全作品のアレンジ、サウンド・プロデュースのほか、中島美嘉、大森靖子などの作編曲家として活動している。その一方で、TVドラマ『黒の女教師』『黒コーチ』『婚活刑事』『5→9 私に恋したお坊さん 』など、アニメ、映画などを含む映像音楽も並行して担当する特異なクリエイターだ。現在のプライベート・スタジオを訪れ、これまでの音楽活動を振り返ってもらったので、早速お届けしよう。■PEOPLEagraphグライムスSCHAFTCro-Magnon-Jin上原ひろみ雨のパレード■Beat Makers Laboratory:Stereociti■REPORT音響設備ファイル バンダイナムコスタジオ 箱崎リバーゲートスタジオNEUのミキサー&スピーカーでマイPAシステムを手に入れろ!タッチ・パネルで制御する最新のPA用デジタル・ミキサー YAMAHA TF Series導入レポートテン年代☆インディー白書 COR!Sライブ・スペース訪問 Shinjuku club SCIENCE■NEW PRODUCTS◎ROLAND A-01K◎ABLETON Push 2◎CELEMONY Melodyne 4 Studio◎RETRO Powerstrip◎SAMAR AUDIO DESIGN VL37◎ASPEN PITTMAN DESIGNS DT1 Dual Top Condenser Microphone◎AUDIO-TECHNICA AT2020USBI◎GENELEC 1234A◎SYM・PROCEED SP-MP2◎SPL Iron◎JBL PROFESSIONAL EON206P◎YAMAHA EMX2◎ZYNAPTIQ Unmix::Drums■LIBRARY◎SAMPLE MAGIC SOMA RECORDS◎BIG FISH AUDIO ACCELERATE■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5◎MOTU DP9◎IMAGE-LINE FL Studio 12◎ABLETON Live 9◎APPLE Logic Pro X◎AVID Pro Tools◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum◎PRESONUS Studio One■COLUMN◎【連載再開!】Maxで作る自分専用パッチ 平#重行◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 fraqseaのBOSS RV-5/DD-6■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/248ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号 リットーミュージック900送料無料
総力特集:プライベート・スタジオ2017 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号【音楽書】100P以上の大ボリュームで、19組の注目クリエイターたちがプライベート・スタジオを披露!■総力特集プライベート・スタジオ2017アーティスト/クリエイター/エンジニアの制作場所を紹介する、本誌恒例の「プライベート・スタジオ特集」。多様化する音楽制作に対応するため、プライベート・スタジオもそれぞれの個性が色濃く出てきている現在、今回もさまざまな分野で活躍する19組が登場してくれた。こだわりの空間、機材、作編曲方法、エンジニアリングなど、彼らのスタジオからどのように音楽が生み出されているのか語ってもらっているので、豊富な写真と共にじっくりと読み進めてほしい。◎オヴァル◎上地等(BEGIN) ◎TeddyLoid◎ALI&(80KIDZ)◎保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)◎田中隼人◎ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW)◎Dadub◎Kuniyuki Takahashi◎REBEL MUSICAL◎mergrim◎Yui Onodera◎Yuto Uchino(The fin.)◎麗(the GazettE)◎小林うてな◎KOKIA◎ゲントウキ◎山田ノブマサ◎溝口肇■REPORT◎No Maps◎音響設備ファイル festhalle◎音響設備ファイル スタジオ ユニ◎メディア・アーティスト後藤英の最新作品「Body in zero G」が世界初公演!◎武部聡志が語るワークショップ「音楽家の話が聴きたい」◎統括プロデューサー伊藤圭一が語る「東京コミック・コンベンション2016」の魅力◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 トゥ・ミックス/山口情報芸術センター[YCAM]◎YAMAHA PX Series導入レポート 前橋 DYVER◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 木村健太郎◎AUDIO-TECHNICA ATM350A × 東京スカパラダイスオーケストラ/チャラン・ポ・ランタン◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 鈴木智雄◎製品開発ストーリー APOGEE Elementシリーズ◎製品開発ストーリー DBTECHNOLOGIESライブ・スペース訪問 渋谷クラブクアトロ■NEW PRODUCTS◎SLATE MEDIA TECHNOLOGY Raven MTI2◎IZOTOPE Neutron◎VIENNA SYMPHONIC LIBRARY Vienna Ensemble Pro 6◎LEWITT LCT640 TS◎RUPERT NEVE DESIGNS Shelford Channel◎ZOOM F4◎YAMAHA HPH-MT8/HPH-MT5◎BEYERDINAMIC DT 1990 Pro◎SOUNDCRAFT UI16■LIBRARY◎IMPACT SOUNDWORKS VENTUS ETHNIC WINDS - SHAKUHACHI◎SAMPLE MAGIC UNDERGROUND BASS HOUSE■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 及川潤耶◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 益子樹のROLAND SH-101■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/280ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2016年11月号 リットーミュージックサウンド&レコーディングマガジン 2016年11月号 リットーミュージック900送料無料
VR時代に知っておきたい VR音響 の最前線 リットーミュージックサウンド&レコーディングマガジン 2016年11月号 【楽譜】バーチャル・リアリティ時代に知っておきたい “VR音響”の最前線■巻頭特集めくるめく“VR音響”の世界OCULUS Riftをはじめとする本格的なHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)の登場や、アプリ「dTV VR」が10万ダウンロードを突破するなど話題のVR(バーチャル・リアリティ)。その表現は今や映像にとどまらず、音響にも大きな進化が押し寄せている。弊誌でも“立体的な音像”という表現を使うことがあるが、最新テクノロジーにより、主にヘッドフォンによる聴取で、これまでにないほど生々しい立体音響を体感できる環境が増えつつあるのだ。今回、本誌はこの“VR音響”にフォーカス。その歴史を振り返りつつ、音響機材/ゲーム・メーカーへの取材やDAW上での実践方法を紹介。後半ではアーティストへのインタビューを通して、VR音響が音楽にもたらす新しい可能性について考察していく。Part 1:時代は立体音響から“VR 音響”へPart 2:VR音響に着目する各メーカーWAVES/ヤマハ/カプコンPart 3:バイノーラルで実践! VR 音響Part 4:VR音響を得たアーティストはどこへ向かうのか?ビョーク/evala/Katsuhiro Chiba/國本怜■特別企画アンプ・タイプ別!ギター録音マニュアルギタリストならばアンプにこだわりを持つのも自然のこと。しかし、意外に難しいのがこのアンプの録音です。見よう見まねでマイクを立てて録ってみても、演奏しているときのような迫力あるサウンドにならないと悩んでいる人も多いでしょう。この特別企画では、主要なギター・アンプの特徴や使われるケースを押さえながら、どうやって録れば演奏しているときさながらの迫力あるギター・サウンドが録れるのかを指南していきます。自宅やリハスタでぜひ挑戦してみてください。◎MARSHALL スタック・タイプ◎FENDER Twin Reverb◎ハイゲイン・タイプ◎ROLAND JC-120◎小型アンプ■Special Report宇多田ヒカル『Fantome』ミキシングの技法に迫るデビュー・アルバム『First Love』が売り上げ日本記録を樹立。以降オリジナル・アルバムはすべてチャート1位を獲得し、2007 年にはシングル『Flavor Of Life』がダウンロード数の当時の世界記録を達成するなどトップ・アーティストとして君臨する中、2010 年に“人間活動”を宣言し活動休止に入った宇多田ヒカル。さる4月に配信シングル「花束を君に」「真夏の通り雨」を発表してアーティスト活動を本格始動した彼女が、9月28日に8年ぶりとなる6thアルバム『Fantome』をリリースする。アルバムは無駄をそぎ落としたリズム・セクションにエヴァートン・ネルソンのストリングスやアンディ・パナイイーのサックスが効果的に配され、現在の拠点であるUKらしい香りをまといつつ、欧米のポップスとは一線を画した生々しい音像に仕上げられている。今回本誌は、ボーカル以外の大半のレコーディングと「桜流し」を除く全曲のミキシングを手掛けたスティーヴ・フィッツモーリスの取材に成功。『Fantome』のサウンド面について詳しく聞いた。■Special Interviewジャイルズ・マーティンが語るザ・ビートルズ『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』ハリウッド・ボウルで1964年/65年に行われたザ・ビートルズのコンサートの模様を収録したライブ・アルバム『ビートルズ・スーパー・ライブ!』が1977年にリリースされてから約40年、ロン・ハワード監督のドキュメンタリー映画『ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』の公開に合わせ、一連のコンサートのオリジナル・テープ音源を素材にして新たに制作されたライブ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』がリリースされた。最先端技術を駆使しながらオリジナル音源に新しい息吹をもたらしたのは、1977年のライブ・アルバムを手掛けたジョージ・マーティンの息子であり、自身も才能豊かなプロデューサーとして活躍するジャイルズ・マーティンだ。何千人ものビートルマニアによる絶叫と歓声が渦巻く環境の中、彼はステージ上の臨場感あふれる演奏をどのようによみがえらせたのだろうか? ジャイルズ・マーティンにインタビューする貴重な機会を得た。■Special Talk中田ヤスタカ×カール・ハイド(アンダーワールド)約1年ぶりとなる中田ヤスタカの不定期対談シリーズ、記念すべき10回目のゲストはアンダーワールドのカール・ハイドだ。名曲「ボーン・スリッピー」で知られるUKテクノ・ユニットのフロントマンであり、相方であるリック・スミスとともにトラック制作も行う人物である。彼と中田を引き合わせたら、どんな会話が繰り広げられるのか?……そんな編集部の妄想が出発点となり、“SUMMER SONIC 2016”に来日したハイドと中田の対談が実現した。■Featured Tools1NATIVE INSTRUMENTS Komplete 11徹底解剖トラック制作からミックス マスタリング、パフォーマンス、サウンド・デザインまでに使えるソフトウェア・インストゥルメント&エフェクトを集めたパッケージ、NATIVE INSTRUMENTS Kompleteの最新版であるKomplete 11が発売された。ここではKompleteがなぜ人気なのか、そしてKomplete 11にどんな機能が加わったのかを細かく紹介していこう。◎ラインナップ紹介◎Kompleteに収録されている定番インストゥルメント&エフェクト◎Komplete 11シリーズの注目インストゥルメント&エフェクト■Featured Tools2グルーブ・マシン界に新星現る!ZOOM ARQ Aero RhythmTrak AR-96ZOOMが去る6月末に発売したARQ Aero RhythmTrak AR-96。そのあまりに斬新なルックスから“一体全体どんな機材なのか!?”と思った人も居るだろう。何を隠そう本機はEDMなどのダンス・ミュージックに向けたグルーブ・マシンである。音源/シーケンサー/サンプラー/エフェクト/コントローラーが統合され、1台でトラック・メイクを楽しめるのだ。それだけではない。リング状のコントローラーを本体から取り外せば、Bluetoothによるワイアレス・コントロールが実現するので、ステージ・パフォーマンスにもうってつけである。本企画では、このARQ Aero RhythmTrakの使い方解説+ライブ・パフォーマンス動画連動記事を通して、グルーブ・マシンとしての可能性を探っていこう。■コンサート見聞録“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”@横浜アリーナ国民的RPG=ドラゴンクエストが第1作の発売から30周年を迎え、全国5大アリーナを舞台とする豪華キャスト参加のライブ・ショウを敢行! 音楽や映像が演技とシンクロし、壮大な世界観を表現した“ライブスペクタクルツアー”と題されたこの公演。本稿では8月26日 31日に横浜アリーナで行われたショウの模様を、マニピュレーション・システムにフォーカスしてレポートしていきたい。マニピュレーションを担当したのはProject FULLCIRCLEの木内友軌氏と泉泰宏氏。役者のセリフやBGM、効果音などのSEが入り交じったインタラクティブなショウを支えた2人のオペレートについて、プランニングや機材選定の理由など、豊富な写真とともにお送りしよう。■Production Reportマイク・ポズナー「I Took A Pill In Ibiza(Seeb Remix)」2016年の最も売れたシングルの一つ、マイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza (SeeB Remix)」は、もともと比較的トラディショナルなフォーク調のアレンジだった。しかし、とあるノルウェーのリミックス・デュオがこの曲の持つ可能性に目を付け、トロピカル調のハウス・アレンジを施したことにより大ヒットを記録。そのアレンジを施したのが、エスペン・バルグとシーメン・エリクスラッドのイニシャルから名付けられたデュオ、SeeBだ。彼らはオスロにあるスタジオ、リビングルームを拠点に活動を行っている。本作のリミックスの手法について、二人に話を聞いた。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たちサキタハヂメ映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのはサキタハヂメ氏。ミュージカルソー(のこぎり)奏者の第一人者として、世界大会で二度優勝し、のこぎり音楽に関連する活動を行いながら、作曲家として、NHK Eテレ『シャキーン!』、ドラマ『妖怪人間ベム』『銀二貫』『ど根性ガエル』、アニメ『M3 ソノ キ鋼 』など、さまざまな劇中音楽を担当している。幼少期に音楽教育の経験はほとんど無かったという氏が、どのような音楽人生を歩み、現在に至ったのか? 大阪・堺市に構えるプライベート・スタジオを訪れ、話を聞いた。■PEOPLE◎高木正勝◎THE NOVEMBERS◎浅倉大介◎宇宙ネコ子◎MACHINA■Beat Makers Laboratory:コバーン・アイヴォリー■REPORT◎音響設備ファイル Studio TLive◎NATIVE INSTRUMENTS Maschine Jam速報!◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 スターテック/セカンドステージ◎YAMAHA PX Series導入レポート サンフォニックス◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 高橋健太郎◎担当副社長が語るAVID Pro Toolsの向かう未来◎ライブ・スペース訪問 渋谷WWW X■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎CRYPTON 初音ミク V4X◎MAKE NOISE 0-Coast◎MANLEY Nu Mu◎CHANDLER LIMITED TG Microphone Cassette◎FXPANSION Geist2◎EIOSIS E2 Deesser◎AUDIO-TECHNICA ATM350D◎MXL V67G-HE◎ALLEN&HEATH QU-24 Chrome Edition◎YAMAHA EMX7◎SOUNDCRAFT Signature 16■LIBRARY◎IRRUPT BERLIN CONNECTED◎SOUNDIRON ALTO GLOCKENSPIEL■DAW AVENUESTEINBERG Cubase Pro 8.5 浜崎容子IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLLABLETON Live 9 Linn MoriAPPLE Logic Pro X 上野耕路AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウPRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 中川善裕◎【新連載】flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎【新連載】H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 テンテンコのTEENAGE ENGINEERING OP-1■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様 B5変型判/256ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年6月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年6月号 リットーミュージック900送料無料
UKテクノの重鎮が打ち鳴らす耽美的ダンスミュージックの作り方 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年6月号【音楽書】UKテクノの重鎮が打ち鳴らす“耽美的ダンス・ミュージック”の作り方■巻頭インタビューアンダーワールドテクノ/ハウスにロックの要素を織り交ぜ、「ボーン・スリッピー」をはじめとする数々の曲を世に送り出してきたアンダーワールド。1980年代に活動していた前身バンドを経て、メンバー脱退などがありつつも、カール・ハイド(vo、g/写真左)とリック・スミス(prog/右)を軸に約25年間歩み続けてきた。6年ぶりの7thアルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』 は、カラフルなサウンドだった前作の反動か、無骨なビートと美しいパッドでジワジワと攻める耽美的テクノに回帰。一般メディアではフロントマンであるカールをフィーチャーすることが多いが、あえて本誌はトラック制作を担うリックにインタビューを行い、彼らのサウンドが作られるまでの過程をじっくり聞くことにした。機材愛あふれるリックの言葉をかみしめていただきたい。■特集4つ打ち研究会!4/4拍の楽曲で、拍のアタマにキック・ドラムを配した“4つ打ち”。もはや説明不要のこのリズムは、古くはディスコ・ミュージックなどで使われ、消費されることなく今も多くのアーティスト&リスナーの心をつかみ続けている。しかしなぜ、これほどまでに求心力があるのだろう……? その答えを探るべく、編集部は一念発起。4つ打ちを“研究”する特集を企画した。4つ打ち音楽の歴史を紹介する記事、グルーブをひも解くためのテクニック解説、著名アーティストへのインタビュー&アンケート、名機のサウンド分析などを通して多角的に迫ってみたので、ぜひいろいろな人に読んでいただきたい。そしてここに込められたエッセンスの数々を、自らの音楽制作に生かしてもらえると幸いだ。◎4つ打ちの過去&現在 by 今本修◎4つ打ちグルーブ制作テク伝授 by MK◎ジェフ・ミルズが語る4つ打ちの美学◎アーティスト・アンケート◎TR-808/909の音色&グルーブ解析 by 中村公輔◎4つ打ちサミット 福富幸宏、☆Taku Takahashi(m-flo、block.fm)、渡部高士、ALI&(80KIDZ)がバトル・トーク!!■特別企画ネット時代のマスタリングを考える2014 年に音楽配信の総売り上げはCD のそれを上回った。SoundCloud やbandcamp はクリエイター必携のツールとなり、DAW で作った楽曲をそれらのサービスにアップするのは、もはや当たり前の行為とすら言える。実際、インターネット上にはかつてない数の楽曲があふれているが、その一方で“音が悪くて聴けない”作品も増えているようだ。昨今は“マスタリング”という工程を経ないままアップされる楽曲も多いようだが、果たしてそれは本当に“人に聴かせる”ことを意識したものになっているだろうか? 本稿では海外のトップ・マスタリング・エンジニアや、自宅に近いプライベートな環境で優れた音質のマスタリング作品を送り出しているエンジニアの談話を通して、インターネット時代のマスタリングが持つ意義をあらためて考察する。さらに、音楽タイプ別にDAW環境でマスタリングする際のポイントをプロのエンジニアが伝授。一般的なプラグインの合わせ技で2ミックスを磨くノウハウをお伝えする。本特集を参考に、“長く聴ける”楽曲を世に送り出していただきたい。◎Part 1 トップ・エンジニアが語る“マスタリングの現在” スチュワート・ホークス◎Part 2 プライベート・マスタリングの達人に聞く 高橋健太郎/熊野功雄◎Part 3 実践! プラグインを使った2ミックスの磨き方(エレクトロニカ/ロック/ベース・ミュージック) 三好敏彦■Production Reportパニック!アット・ザ・ディスコ『ある独身男の死』2004年にカルテットとしてスタートしたパニック!アット・ザ・ディスコ。以降メンバーの数を減らし、ドラマーのスペンサー・スミスが2015年の4月にバンドを去ったとき、ブレンドン・ユーリー一人となった。彼は頭の中にあった“新しい作品をどうやって形にするのか”という問題に直面する。そして“シナトラとクイーンの融合”というテーマを掲げて彼が選んだのは、若きミュージシャンでありプロデューサーでもあるジェイク・シンクレアという人物だった。シンクレアはウィーザー、フォール・アウト・ボーイ、テイラー・スウィフトらといったポップ、ロックの分野で活躍している人物だが、エンジニア/ミキサーとしても知られている。パニック!アット・ザ・ディスコの過去の作品でも曲を提供していたこともあり、彼に白羽の矢が立つ運びとなった。ここではシンクレアが最新作『ある孤独男の死』の曲作りとレコーディング・セッションについて、またミックスを手掛けたクラディウス・ミッテンドルファーがその手法を語ってくれた。■Special ReportMILLIAN@シンガポール 日本資本による本格ライブ・ハウスがオープン1965年にマレーシアから独立し、いまや世界有数の観光大国として知られるシンガポール共和国(以下、シンガポール)。巨大なショッピング街、充実したマリン・スポーツ施設、そしてご当地グルメなど魅力満載のこの国に、アミューズ関連会社によるライブ・ハウスMILLIANがオープンした。ナイト・クラビングの文化はあるシンガポールだが、収容人数1,000人規模の“本格的”なライブ・ハウスとしてはほぼ初というMILLIAN。その出店意図を探るべく、現地に赴いた。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち牧戸太郎映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは牧戸太郎氏。幼少期から音楽に触れピアノを習うなどして過ごし、中学では吹奏楽部、高校では合唱部に所属。そして大学は東京音楽大学へ進学した。卒業後に一度は就職をするが、その後独立。CMやTV ドラマ、映画、そして歌モノのアーティストへの楽曲編曲など、映像音楽を中心としながら、さまざまなジャンルの音楽制作に携わっている。今後ますますの活躍が期待される牧戸氏のプライベート・スタジオを訪れ、これまでの音楽活動を振り返ってもらった。■コンサート見聞録ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモニー交響楽団@Bunkamura オーチャードホールクラブ・ミュージックとクラシックの融合を図るDJ=ジェフ・ミルズ。そんな彼が、日本では初となるオーケストラとのコラボレーション公演を、去る2016年3月21日にBunkamura オーチャードホールで開催した。本稿では当日の様子をPA面に焦点を当ててレポートしたい。さらにジェフ本人へのインタビューもできたので、本番に使用した機材とその演奏方法についても写真入りの詳しい解説でお届けしよう。■Event Report“HIGH RESOLUTION FESTIVAL” at SPIRAL 蓮沼執太/TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのハイレゾ・ライブ・レコーディングに迫る去る3月11日から3月13日までの3日間、東京・青山の複合文化施設SPIRALにて“HIGH RESOLUTION FESTIVAL” at SPIRALが開催された。これはハイレゾ・オーディオの良さをさまざまな形で体験してもらうというイベントで、OTOTOY、SPIRAL、本誌サウンド&レコーディング・マガジンの共催により実現した企画。3階のスパイラルホールでは公開ライブ・レコーディング、9階のスパイラルルームではトーク・ショウや試聴会、そしてスパイラルホール入口のホワイエでは出展企業によるハイレゾ製品の展示/即売が行われ、さまざまなハイレゾの魅力を体感することができた。ここでは企業出展ブースの模様の一部と蓮沼執太、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのライブ・レコーディング・イベントのレポートをお届けする。■PEOPLEHIROSHI WATANABE■Beat Makers Laboratory:ドット■REPORT『DISSIDIA FINAL FANTASY』 アビイ・ロードでのレコーディング・レポートkyokaが伝える4DSOUND 実空間に音をドラッグ&ドロップMILLIAN@シンガポール 日本資本による本格ライブ・ハウスがオープン音響設備ファイル 関西大学 ソシオ音響スタジオ製品開発ストーリー SHURE KSM8第一線で活躍するエンジニアがSHURE KSM8の実力をテストテン年代☆インディー白書 Noahライブ・スペース訪問 大岡山Goodstock Tokyo■NEW PRODUCTS◎UVI Falcon◎OUTPUT Exhale◎MANLEY Force◎BLACK LION AUDIO Auteur MKII◎PELUSO P-87◎AUDIO-TECHNICA AE2300/ATM230◎JBL PROFESSIONAL LSR708I/LSR705I◎MUTABLE INSTRUMENTS Rings/Shades/Warps/Branches◎ACME AUDIO Motown D.I. WB-3◎IK MULTIMEDIA Lurssen Mastering Console■LIBRARY◎BIG FISH AUDIO BIG BAD HORNS 2◎SAMPLE DIGGERS OMAR VOCALS■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5◎MOTU DP9◎IMAGE-LINE FL Studio 12◎ABLETON Live 9◎APPLE Logic Pro X◎AVID Pro Tools◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum◎PRESONUS Studio One■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ Satoru Higa◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 STUTSのAKAI PROFESSIONAL MPC1000■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/264ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号 リットーミュージック900送料無料
プロクリエイターが選ぶ「EDMソフト・シンセ決定戦」2016 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号【音楽書】プロ・クリエイターが選ぶ「EDMソフト・シンセ決定戦」2016■巻頭企画「EDMソフト・シンセ決定戦」 kz & TeddyLoid対談&クリエイター・アンケート強力かつ華やかなシンセ・サウンドで一時代を築いたEDM。近年はさまざまなサブジャンルが誕生し、もはや一つのムーブメントにとどまらない進化を見せている。本誌もここ3 4年はEDM系クリエイターを取り上げる機会に恵まれ、取材を通してNATIVE INSTRUMENTS MassiveとLENNAR DIGITAL Sylenth1の2つのソフト・シンセが圧倒的な人気を博していることに気付いた。しかしここへ来て、クリエイターたちの趣向に変化が現れているようだ。そこで今回は、kzとTeddyLoidの2人を招き、ソフト・シンセについての対談を敢行。彼らに選んでもらった4つのモデルを軸に“シンセ事情のリアル”を語り合っていただいた。その対談に加えて、第一線のクリエイターたちが今どのようなソフト・シンセを使っているのか、アンケートを実施。以上の記事を踏まえてトレンド感を探ってみたので、自身のソフト・シンセ選びに役立ててもらえると幸いだ。それではまず、対談の模様からお届けしよう!■特集1ネット時代の洋楽トレンド収集術D.O.I./Jay Kogami/仲真史/ナカコーBandcampやSoundCloud、Facebook、Twitterなどを通し、クリエイター自身が情報発信できるようになった昨今。海外のシーン動向にも目配せしやすくなったが、情報の量そのものが急増したことにより、“トレンドがつかみづらくなった”という声も聞こえてくる。本企画では、そうした状況にありながらも的確な情報収集を行い、自らの活動に還元している4人をフィーチャー。彼らが海の向こうの動きをどのように探り、生かしているのか尋ねてみた。■特集2“ミックスに効く”エフェクトの重ね技 by 伊藤圭一DAWでミキシングしている際に、プラグイン・エフェクトを“何となく”立ち上げていることはないだろうか。昨今はDAWに幾らでもエフェクトを立ち上げられるが、気がついたら1パートに多くのプラグインが立ち上がり、しかも元より音が悪くなっていた……という経験がある人も少なくないだろう。プロのエンジニアは、明確な意図を持って、プラグインの種類や立ち上げる順番を決めている。本稿では明快な理論と手腕で知られるエンジニアの伊藤圭一氏を講師に招き、ミキシングで問題になりやすい症状をプラグイン・エフェクトの重ね技で解決する手法を紹介いただく。各プラグインの働きを理解して、ミキシングに臨んでいただきたい。■特集3ボーカル・ミキシングの奥義 by SUIビート・メイカー/クリエイターが自らの楽曲でシンガーをフィーチャーする際、「ビートはミックスできても、ボーカルをどうまとめて良いか分からない」という事態に陥ることは少なくないようだ。その原因となっているのが、打ち込みとは異なるマイクで収音した音声の扱いやハーモニーなどのトラックの多さ。そこで本稿では、“プロデューシング・エンジニア”としてビート・メイク/曲アレンジからミキシングまでをカバーするSUI氏が、クリエイターに向けてボーカルのまとめ方を指南。ノイズ除去などの下準備に始まり、コーラスの配置やグループの構成、オートメーションなど、効率的なボーカルのミキシング法を音源連動で解説していく。■コンサート見聞録LiSA@NHKホールキュートなルックスとは裏腹にアグレッシブに歌うボーカリスト=LiSA。去る4月にはデビュー5周年を迎え、ミニ・アルバム『LUCKY Hi FiVE!』を記念作としてリリース。また、それと同時に全国ツアーをスタートさせた。本稿ではツアー幕開けとして4月20日と21日にNHKホールで行われたコンサートの内、2日目の模様をPA面に焦点を当てて、豊富な機材写真とともにレポートしていきたい。■Production Reportエルヴィス・プレスリー『イフ・アイ・キャン・ドリーム:エルヴィス・プレスリー・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』オリジナルのエルヴィス・プレスリーの音源に新しくオーケストラをオーバーダブして新たにリリースされた『イフ・アイ・キャン・ドリーム:エルヴィス・プレスリー・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団』。こういったアイディアは、賛否両論あるのが普通だ。しかし批評家やエルヴィスのファンはこの作品を“エルヴィス80歳の最高のプレゼント”と賞賛しており、セールスの面でもイギリスではミリオンを突破、オーストラリアではプラチナ・ディスクを獲得している。一体どうやってこの芸術的にも道徳的にも疑問符が付きそうなアイディアが大きな成功を収めることができたのだろうか?それはこの作品の持つ素晴らしいテイストもさることながら、クリエイターたちの最高のスキルと、エルヴィスと直接のつながりを持つ人物の貢献が大きい。ここでは、プロデューサーのドン・リードマン、イギリス人エンジニアのニック・パトリック、アビイ・ロード・スタジオのエンジニアリング・ディレクター、ピーター・コビン、フリーランスで活躍するエンジニア、カースティ・ウェリーの証言から、本作の制作過程を振り返っていこう。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち 島邦明映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは 島邦明氏。学生時代はデザイン彫刻に興味を持ちながら、作曲家へと転身した氏は、『世にも奇妙な物語』や『NIGHT HEAD』をはじめ、『クーロンズゲート』『MONSTER』『蟲師』『ウルトラマンマックス』『仮面ライダーアマゾンズ』など、ドラマ、映画、アニメ、ゲームといった多種にわたる映像の音楽制作を行っている。独自の世界観で、映像にマッチした音楽を作り続けている 島氏。自身のプライベート・スタジオを訪れ、これまでの音楽活動を振り返ってもらった。■PEOPLEdorikoAA=金子ノブアキSeihoD.A.N.■Beat Makers Laboratory:ミルトン・ブラッド■特別企画:ミュージック・スクール・ガイド2017■REPORT音響設備ファイル1 カプコン bit MASTER studio音響設備ファイル2 東京カテドラル聖マリア大聖堂クリエイターが語る日本大学藝術学部 音楽学科テン年代☆インディー白書 KEITA SANOライブ・スペース訪問 両国SUNRIZE■NEW PRODUCTS◎STEINBERG WaveLab Pro 9◎APOGEE Symphony I/O MKII◎KORG Nanokey Studio/Nano Kontrol Studio◎UVI Orchestral Suite◎XFER RECORDS Nerve◎MACKIE. CR4BT◎MANLEY Elop+◎MOJAVE AUDIO MA-1000/MA-50◎L-ACOUSTICS X15HiQ◎AMCRON XLS2002■LIBRARY◎SAMPLEPHONICS FUTURE HOUSE◎HAND HELD SOUND MAD : DRUM KIT SERIES■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 小田桐ゆうき◎IMAGE-LINE FL Studio 12 DJ Myosuke◎ABLETON Live 9 森谷諭◎APPLE Logic Pro X 葉山拓亮◎AVID Pro Tools YANAGIMAN◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum はるなば◎PRESONUS Studio One 加納洋一郎■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 大久保雅基◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 江夏正晃(FILTER KYODAI)のREON Drift Box S/R■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/272ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2017年1月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2017年1月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2017年1月号 内 容100P以上の大ボリュームで、19組の注目クリエイターたちがプライベート・スタジオを披露!■総力特集プライベート・スタジオ2017アーティスト/クリエイター/エンジニアの制作場所を紹介する、本誌恒例の「プライベート・スタジオ特集」。多様化する音楽制作に対応するため、プライベート・スタジオもそれぞれの個性が色濃く出てきている現在、今回もさまざまな分野で活躍する19組が登場してくれた。こだわりの空間、機材、作編曲方法、エンジニアリングなど、彼らのスタジオからどのように音楽が生み出されているのか語ってもらっているので、豊富な写真と共にじっくりと読み進めてほしい。◎オヴァル◎上地等(BEGIN)◎TeddyLoid◎ALI&(80KIDZ)◎保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)◎田中隼人◎ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW)◎Dadub◎Kuniyuki Takahashi◎REBEL MUSICAL◎mergrim◎Yui Onodera◎Yuto Uchino(The fin.)◎麗(the GazettE)◎小林うてな◎KOKIA◎ゲントウキ◎山田ノブマサ◎溝口肇■REPORT◎No Maps◎音響設備ファイル festhalle◎音響設備ファイル スタジオ ユニ◎メディア・アーティスト後藤英の最新作品「Body in zero G」が世界初公演!◎武部聡志が語るワークショップ「音楽家の話が聴きたい」◎統括プロデューサー伊藤圭一が語る「東京コミック・コンベンション2016」の魅力◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 トゥ・ミックス/山口情報芸術センター[YCAM]◎YAMAHA PX Series導入レポート 前橋 DYVER◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 木村健太郎◎AUDIO-TECHNICA ATM350A × 東京スカパラダイスオーケストラ/チャラン・ポ・ランタン◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 鈴木智雄◎製品開発ストーリー APOGEE Elementシリーズ◎製品開発ストーリー DBTECHNOLOGIESライブ・スペース訪問 渋谷クラブクアトロ■NEW PRODUCTS◎SLATE MEDIA TECHNOLOGY Raven MTI2◎IZOTOPE Neutron◎VIENNA SYMPHONIC LIBRARY Vienna Ensemble Pro 6◎LEWITT LCT640 TS◎RUPERT NEVE DESIGNS Shelford Channel◎ZOOM F4◎YAMAHA HPH-MT8/HPH-MT5◎BEYERDINAMIC DT 1990 Pro◎SOUNDCRAFT UI16■LIBRARY◎IMPACT SOUNDWORKS VENTUS ETHNIC WINDS - SHAKUHACHI◎SAMPLE MAGIC UNDERGROUND BASS HOUSE■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 及川潤耶◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜益子樹のROLAND SH-101■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:280JANコード:4910040190172出版年月日:2017/01/01JANコード:4910040190172【島村管理コード:15120161129】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号 リットーミュージック899送料無料
巻頭インタビュー:水曜日のカンパネラ リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号【雑誌】進化し続けるミュージック・アイコン! その曲作り/レコーディング/ミックスに迫る■巻頭インタビュー水曜日のカンパネラ規格外のパフォーマーであるコムアイを中心に、トラック・メイカーのケンモチヒデフミ、ディレクターのDir.Fという布陣で、型にハマることの無い活動を続けている水曜日のカンパネラ。不思議な魅力を持ったコムアイのラップもさることながら、ヒップホップからハウスやフューチャー・ベースや民謡まで、とにかくさまざまな要素をマッシュ・アップした極上トラックを量産するケンモチを本誌も継続的に追い掛けてきた。そんな彼らが先ごろ、7曲入りEP『UMA』で堂々のメジャー・デビュー。ケンモチの3曲に加えて、海外の気鋭クリエイターたちによるトラック4曲を織り交ぜ、メジャー進出に対する気負いなど全く無い斬新なサウンドを聴かせてくれる。エキセントリックな部分に質問が集まりやすい彼らだが、弊誌はもちろん本作のレコーディング面をクローズ・アップ。メンバー3人に制作を振り返ってもらうとともに、ケンモチのトラック制作インタビュー、そして録音/ミックスを手掛けた松橋秀幸氏の談話を一気にお送りする。■特集プロが公開! ライブ用エレクトロニクス構築法 SEKAI NO OWARI/DJ KRUSH/AA=/Neutral/LM.CDAWシステムなどのエレクトロニクスは、人力だけで賄い切れないサウンドを実現する手段としてライブの現場でも重宝されている。しかしながら、シーケンスが絡むということは事前の仕込みが必須であり、さらには融通の利きにくさというウィーク・ポイントも付き物だ。そこで本企画では、一線で活躍するアーティスト5組がどのようにライブ用エレクトロニクスを構築/運用しているのか取材。トラック・メイカーからロック・バンド、スタジアム・クラスのポップ・スターまでさまざまなケースを取り上げたので、自らのライブに生かしてもらえると幸いだ。■特別企画1ROLI Seaboardが描く未来の音楽制作シーン2009年にローランド・ラム氏によって設立された英国の楽器メーカーROLI。そのROLIから発売された、キーボードとも異なる革新的なコントローラーSeaboardは、デザインから演奏性、そしてサウンドまで、すべてにおいて新時代の訪れをイメージさせられるものだ。本特集では、多くのクリエイターが注目する本機について、開発の経緯から実際の活用法、ミュージシャン(小山田圭吾、H ZETT M、砂原良徳)のインプレッションまで多角的に迫っていく。そしてこのSeaboardが、今後の音楽シーンにどんな影響を与えていくのか、その目撃者になっていただきたい。■特別企画2WaveLab Pro 9で本格セルフ・マスタリング!老舗マスタリング・ソフトのSTEINBERG WaveLabがユーザー・インターフェースも新たにPro 9 へとバージョン・アップを遂げた。M/S 処理やCubaseとの連携など、モダンな制作環境を見据えたパワーアップがなされ、個人レベルでさらに細やかなマスタリング作業が行えるようになったのが最大の注目ポイント。今回は、自身で作品を最後まで仕上げる注目のクリエイターゆよゆっぺ(自身の制作におけるWaveLab Pro 9の活用法について語るスペシャル・ムービーも公開!)とマスタリング・エンジニアの木村健太郎氏にWaveLab Pro 9を試してもらい、その使用感や音質をクリエイター/エンジニアの両目線から検証する。WaveLab Pro 9を活用した“セルフ・マスタリング”で、自身の楽曲の音質クオリティを1ランク上げていただきたい。■コンサート見聞録氷室京介@東京ドーム1980年代に活動を開始した伝説的ロック・バンド、BOOWYのボーカリストとして名をはせ、多くの熱狂的ファンを抱える氷室京介。これまでに精力的にツアーを行ってきた氷室ではあるが、ライブ活動の無期限休止を宣言し、去る4月の京セラドーム大阪での公演を皮切りに、ナゴヤドーム/ヤフオクドーム/東京ドーム、という日本の4大ドームを舞台としたファイナル・ツアー“LAST GIGS”を敢行。本稿では5月21 23日に東京ドームで行われた公演の内、2日目の模様をPA面に焦点を当ててレポートしていきたい。FOHエンジニアを担当したのは、エアロスミスやマイケル・ジャクソンなどの大物アーティストのライブを支えてきたケビン・エルソン氏。当日のPAシステムの選定方法や、ミックスの音作りの秘策を氏に聞けたので、ミュージシャンの使用エフェクト・ペダルなど、豊富な機材写真とともにお届けしていこう。■Special Interviewブンブンサテライツ中野雅之と川島道行から成るブンブンサテライツ。先日、中野が自身のブログで発表したように、川島が脳腫瘍による麻痺などの後遺症のため音楽活動を継続することが不可能となり、6月22日にリリースした10枚目のアルバム『LAY YOUR HANDS ON ME』をもってバンドの歴史に幕を下ろすこととなった。川島の体力的な限界が迫る中、これが最後の作品になると自覚して制作を開始し、見事にそれを完遂した2人。それがどれほど困難なものであったのかは想像を絶するが、届けられた作品はフィナーレにふさわしい高揚と静謐とが同居した素晴らしい音楽であった。1997年にベルギーのR&Sレコーズからデビューして以来、唯一無二なサウンドを作り続けてきたブンブンサテライツ。本誌はそんな彼らをずっと追い続けてきたが、残念ながら今回の中野へのインタビューがその最後となる。■Production Reportルーカス・グラハム『ルーカス・グラハム』今まで、ポップ・ミュージックの世界でデンマークが注目を浴びることは長らくなかった。だが、コペンハーゲン出身の4人組バンド、ルーカス・グラハムによってこの長き沈黙は破られることとなった。彼らのバラード曲『セブン・イヤーズ』は世界中でメガヒットをたたき出したのだ。共同作曲家/プロデューサーであるモーテン“パイロ”パイルガードと、エンジニアのデルバート・ボワーズがこのプロダクションの手法で大きな役割を果たした。ロサンゼルスから2人に、Skypeを通じて本作のメイキング・ストーリーを語ってもらおう。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち堤博明映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは堤博明氏。幼少期にピアノを習うも、中学生時代からギターに没頭し、高校2年のとき、弊社『ギター・マガジン』の誌上コンテストでグランプリを獲得した。その後、国立音楽大学へ進学。卒業後はギタリストとしてユニット・デビューするなど、ミュージシャンの道を着実に歩んでいた氏だが、あるきっかけから映像音楽の作曲者へと転向する。現在はアニメ、映画、ドラマなど、多くの作品に携わるようになっている。これまでの経緯を自身のプライベート・スタジオにて聞いていこう。■PEOPLEガービッジラン・フォー・ヴィクトリーRyu☆浜崎容子underslowjams■Beat Makers Laboratory:カーク・ナイト■REPORT音響設備ファイル TOKYO SOUND STUDIO製品開発ストーリー SOFTUBE Console 1&ModularNATIVE SESSIONS@YouTube Space Tokyo 鈴木光人が語るゲーム音楽制作の心得ライブ・スペース訪問 新宿Zirco Tokyo■NEW PRODUCTS◎DAVE SMITH INSTRUMENTS OB-6◎APPLIED ACOUSTICS SYSTEMS Chromaphone 2◎OUTPUT Movement◎EVENTIDE Tverb◎SLATE DIGITAL Virtual Preamp Collection◎ZOOM U-44◎CME Xkey Air 37◎PIONEER DJ XPRS 12 & XPRS 215S◎JBL PROFESSIONAL SRX835P Powered & SRX828SP Powered◎CLASSIC PRO MoniOne◎YAMAHA PX5◎MOGEES Mogees■LIBRARY◎SPITFIRE AUDIO JOEY SANTIAGO◎BINGOSHAKERZ TECH HOUSE GROOVES BY GIANNI FIRMAIO■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 小田桐ゆうき◎IMAGE-LINE FL Studio 12 DJ Myosuke◎ABLETON Live 9 Linn Mori◎APPLE Logic Pro X 上野耕路◎AVID Pro Tools 中村文俊◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウ◎PRESONUS Studio One 加納洋一郎■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 國本 怜◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 岡崎体育のSTEINBERG Cubase Pro 8■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/264ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2017年2月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2017年2月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2017年2月号 内 容奇跡のニュー・アルバムを緊急リリース! ヒップホップ界が誇る“探求の民”の全容に迫る■巻頭企画ア・トライブ・コールド・クエストQ・ティップ(rap、prog)を中心にアリ・シャヒード(prog、scratch)、ファイフ・ドーグ(rap)、ジェロビ・ホワイト(ap)から成るニューヨークのヒップホップ・アクト=ア・トライブ・コールド・クエスト。1990 年にデビューした彼らは洗練されたプロダクションと理性的なライムでシーンに大きなインパクトを与え、“ニュースクール”ムーブメントを主導。その後もアルバムをリリースするたびに自らのサウンドを更新し、J・ディラという新たな才能を発掘しつつ、ファレル・ウィリアムス、カニエ・ウェスト、ザ・ルーツなど第一線で活躍するヒップホップ・アーティストに多大な影響を与えてきた。そんな彼らが、2016 年10 月に突如18 年ぶりの新作をリリースするとアナウンス。デジタルで先行発売された『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』はビルボード全米チャートで初登場1位を獲得し、あらためてシーンの注目度の高さを証明してみせた。本稿ではエンジニアのブレア・ウェルズやキーボーディストのBIGYUKIなど関係者の証言からこの“奇跡の新作”を解析するとともに、デビュー作からのディスコグラフィを併載。初期のサウンドに大きな貢献を果たしたボブ・パワー、TOWA TEIらのインタビューも交えつつ、デビューから25 年が経った現在も輝きを失わない“探求の民”の全容に迫る。SR201702_IN01.jpgSR201702_IN02.jpgSR201702_IN03.jpgSR201702_IN04.jpg■特集2017年型サンプリング・ビートの極意ア・トライブ・コールド・クエストの新作『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』のリリースにより、あらためて注目を集めているサンプルを使った・ビート。もともとは1980 年代にニューヨークのヒップホップDJ がターンテーブルとレコードを使って発見した“ブレイクビーツ”の概念が元となって生まれたフレーズ・サンプリングですが、DAW やソフト音源の進化によってその手法は日々更新されており、今や他人のレコードを使わなくとも質感豊かなビートを作れるようになりました。サンプリングが依然として現代的なポップスの制作手法として有効なことは、ジ・インターネットやアンダーソン・パークなどが台頭しているシーンの現状からも明らかでしょう。今回はヒップホップを出自としつつ、バンドもののポップスなど幅広い音楽を手掛けるプロデューサー/ドラマーのmabanuaを講師に迎え、最新のビート・メイクの手法を伝授していただきます。SR201702_IN0B.jpgSR201702_IN0A.jpg■特別企画匠が“アナログ”にこだわる理由〜森元浩二.、甲斐俊郎、高山徹“太い”“温かい”“丸い““にじむ”・・・・・・アナログの音を形容する言葉は多数あるだろうが、本当にそれがすべてを言い表しているのだろうか? そんな疑問を抱いた編集部では、このDAW全盛時代においてミックスでアナログ機材を多用するエンジニア3氏に取材。DAW内部でのデジタル処理と対比しながら、仕事を通じた各氏の“アナログへのこだわり”を語っていただくことで、アナログ/デジタルそれぞれの利点をあらためて考えながら、アナログ・アウトボードやコンソールの真価へ迫ってみることにしたい。■コンサート見聞録布袋寅泰@NHKホールアーティスト活動35周年を迎えた布袋寅泰のアニバーサリー・プロジェクト“8BEATのシルエット”。そのプロジェクト第7弾となる全国ホール・ツアー“Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜 ”が12月1日にファイナルを迎え、多くのファンが会場となったNHKホールへ訪れた。本稿では、気になる布袋のギターやサウンド・システム、ライブのPA機材など、多くの機材写真とともにPA面からライブ・レポートをお届けする。■ミックス解剖学トゥエンティ・ワン・パイロッツ「ヒーサンズ」 by アダム・ホーキンス海外のトップ・エンジニアに自身の手掛けたヒット曲のミックス手法を直接解説してもらう本連載。今回登場していただくのはアダム・ホーキンス。ノースカロライナに生まれのホーキンスは、1996年にグリーンズボローにある小さいスタジオで働き始めた。その後ニューヨークへ渡り、ユニーク、ソニー、ヒット・ファクトリーなどのスタジオに勤める。25歳でLAに移ると、トップ・プロデューサーのマイク・エリゾンドと出会い、トゥエンティ・ワン・パイロッツの仕事をすることになり「ストレスド・アウト」「ライド」と、大ヒット曲を生み出した。それに続く「ヒーサンズ」は、映画『スーサイド・スクワット』のサウンドトラックのリード曲で、2016年で最も成功した作品の一つだ。同曲のミックスについて、ホーキンスが自身のスタジオ、アカシア・サウンドで語ってくれた。■CrossTalk 光田康典×宮野幸子劇伴から歌モノまで活用できる譜面ソフト最新事情2017音楽制作において譜面は、レコーディングやリハーサル時などに、各ミュージシャンの共通言語として使用されている。特にオーケストラを扱う劇伴では必須であり、作曲家はその譜面を完成させるまでが作業の一環となっている。一方、ポップス系の歌モノやバンド・アンサンブルにも、マスター譜からピアノ譜など、譜面は幅広く活用されている。現在の譜面作成はソフトウェアが主流だが、古参のMAKEMUSIC Finale、AVID Sibeliusのほか、PRESONUS Notion、STEINBERG Doricoといったタイトルが出そろってきた。今回はこれら4製品について、劇伴を中心にバンド、歌モノとさまざまな場面で譜面ソフトを活用している作曲家、光田康典と、光田のオーケストレーターのほか、さまざまな楽曲やコンサートのアレンジを手掛けてきた宮野幸子の両名に、その使用方法や特長といった“譜面ソフトの最新事情”を語ってもらった。◎登場製品AVID SibeliusMAKEMUSIC FinalePRESONUS NotionSTEINBERG Dorico■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち平沢敦士映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは平沢敦士氏。中学のときにゲーム音楽に興味を持ち、高校になるとエレキギターを始め、卒業後はバンドでのデビューを目指し上京する。数年間のバンド活動の後、氏はCM音楽と出会い、作曲家としての道を歩むことになる。CM作家の活動を中心に行う中、劇伴作品も手掛けるようになり、TVドラマ『山田太郎ものがたり』『最後から二番目の恋』『三匹のおっさん』のほか、映画、アニメ作品も担当してきた。ここでは、氏のプライベート・スタジオで、これまでの音楽歴を語ってもらおう。■不定期新連載 oscillator lovers by yukihiro【第4回】牛尾憲輔(agraph)本稿はyukihiro(L’Arc-en-Ciel/acid android/geek sleep sheep)が毎回さまざまなゲストとともに、あるテーマを設けて語り合うという不定期連載。今月のゲストは、電子音楽家として多岐にわたる活動を展開し、映画『聲の形』の音楽を手掛けたことも記憶に新しい牛尾憲輔(agraph)。シンセ好きという共通項でyukihiroとも親交があり、L’Arc-en-Cielの最新シングル収録曲「Cradle -L’Acoustic version-」の共同プロデューサーにも抜てきされた。前半はそんな同曲の制作過程をテーマに、後半は二人のシンセ事情についてざっくばらんに語り合ってもらった。■PEOPLEKan Sano冨田ラボyahyel池田亮司minus(-)■Beat Makers Laboratory:TBアーサー■REPORT◎ミックス・コンテスト結果発表◎音響設備ファイル ガジェット通信フロア◎Inter BEE 2016レポート◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 松浦晃久◎ライブ・スペース訪問 表参道WALL&WALL■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎STEINBERG Cubase Pro 9◎APOGEE Element 88◎ELEKTRON Analog Heat◎ARTURIA DrumBrute◎IK MULTIMEDIA Modo Bass◎SLATE DIGITAL VerbSuite Classics◎AUDIONAMIX SVC◎SE ELECTRONICS V7◎ZOOM Q2N◎ULTRASONE Edition 8 EX◎MACKIE. Axis◎YAMAHA TF-Rack◎JBL PROFESSIONAL Eon One■LIBRARY◎IRRUPT『ANALOG ATTRIBUTIONS』◎SOUNDIRON『SICK 6』■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 9 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 Noah◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One Linia■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 由雄正恒◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜toku(GARNiDELiA)のSSL X-Desk■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS■付録小冊子音楽制作ツール購入ガイド『サンレコ for ビギナーズ2017』版型:B5変総ページ数:248JANコード:4910040190271出版年月日:2017/02/01JANコード:4910040190271【島村管理コード:15120161227】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2016年11月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2016年11月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2016年11月号 内 容バーチャル・リアリティ時代に知っておきたい “VR音響”の最前線■巻頭特集めくるめく“VR音響”の世界OCULUS Riftをはじめとする本格的なHMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)の登場や、アプリ「dTV VR」が10万ダウンロードを突破するなど話題のVR(バーチャル・リアリティ)。その表現は今や映像にとどまらず、音響にも大きな進化が押し寄せている。弊誌でも“立体的な音像”という表現を使うことがあるが、最新テクノロジーにより、主にヘッドフォンによる聴取で、これまでにないほど生々しい立体音響を体感できる環境が増えつつあるのだ。今回、本誌はこの“VR音響”にフォーカス。その歴史を振り返りつつ、音響機材/ゲーム・メーカーへの取材やDAW上での実践方法を紹介。後半ではアーティストへのインタビューを通して、VR音響が音楽にもたらす新しい可能性について考察していく。Part 1:時代は立体音響から“VR 音響”へPart 2:VR音響に着目する各メーカーWAVES/ヤマハ/カプコンPart 3:バイノーラルで実践! VR 音響Part 4:VR音響を得たアーティストはどこへ向かうのか?ビョーク/evala/Katsuhiro Chiba/國本怜■特別企画アンプ・タイプ別!ギター録音マニュアルギタリストならばアンプにこだわりを持つのも自然のこと。しかし、意外に難しいのがこのアンプの録音です。見よう見まねでマイクを立てて録ってみても、演奏しているときのような迫力あるサウンドにならないと悩んでいる人も多いでしょう。この特別企画では、主要なギター・アンプの特徴や使われるケースを押さえながら、どうやって録れば演奏しているときさながらの迫力あるギター・サウンドが録れるのかを指南していきます。自宅やリハスタでぜひ挑戦してみてください。◎MARSHALL スタック・タイプ◎FENDER Twin Reverb◎ハイゲイン・タイプ◎ROLAND JC-120◎小型アンプ■Special Report宇多田ヒカル『Fantome』ミキシングの技法に迫るデビュー・アルバム『First Love』が売り上げ日本記録を樹立。以降オリジナル・アルバムはすべてチャート1位を獲得し、2007 年にはシングル『Flavor Of Life』がダウンロード数の当時の世界記録を達成するなどトップ・アーティストとして君臨する中、2010 年に“人間活動”を宣言し活動休止に入った宇多田ヒカル。さる4月に配信シングル「花束を君に」「真夏の通り雨」を発表してアーティスト活動を本格始動した彼女が、9月28日に8年ぶりとなる6thアルバム『Fantome』をリリースする。アルバムは無駄をそぎ落としたリズム・セクションにエヴァートン・ネルソンのストリングスやアンディ・パナイイーのサックスが効果的に配され、現在の拠点であるUKらしい香りをまといつつ、欧米のポップスとは一線を画した生々しい音像に仕上げられている。今回本誌は、ボーカル以外の大半のレコーディングと「桜流し」を除く全曲のミキシングを手掛けたスティーヴ・フィッツモーリスの取材に成功。『Fantome』のサウンド面について詳しく聞いた。■Special Interviewジャイルズ・マーティンが語るザ・ビートルズ『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』ハリウッド・ボウルで1964年/65年に行われたザ・ビートルズのコンサートの模様を収録したライブ・アルバム『ビートルズ・スーパー・ライブ!』が1977年にリリースされてから約40年、ロン・ハワード監督のドキュメンタリー映画『ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』の公開に合わせ、一連のコンサートのオリジナル・テープ音源を素材にして新たに制作されたライブ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』がリリースされた。最先端技術を駆使しながらオリジナル音源に新しい息吹をもたらしたのは、1977年のライブ・アルバムを手掛けたジョージ・マーティンの息子であり、自身も才能豊かなプロデューサーとして活躍するジャイルズ・マーティンだ。何千人ものビートルマニアによる絶叫と歓声が渦巻く環境の中、彼はステージ上の臨場感あふれる演奏をどのようによみがえらせたのだろうか? ジャイルズ・マーティンにインタビューする貴重な機会を得た。■Special Talk中田ヤスタカ×カール・ハイド(アンダーワールド)約1年ぶりとなる中田ヤスタカの不定期対談シリーズ、記念すべき10回目のゲストはアンダーワールドのカール・ハイドだ。名曲「ボーン・スリッピー」で知られるUKテクノ・ユニットのフロントマンであり、相方であるリック・スミスとともにトラック制作も行う人物である。彼と中田を引き合わせたら、どんな会話が繰り広げられるのか?・・・・・・そんな編集部の妄想が出発点となり、“SUMMER SONIC 2016”に来日したハイドと中田の対談が実現した。■Featured Tools1NATIVE INSTRUMENTS Komplete 11徹底解剖トラック制作からミックス〜マスタリング、パフォーマンス、サウンド・デザインまでに使えるソフトウェア・インストゥルメント&エフェクトを集めたパッケージ、NATIVE INSTRUMENTS Kompleteの最新版であるKomplete 11が発売された。ここではKompleteがなぜ人気なのか、そしてKomplete 11にどんな機能が加わったのかを細かく紹介していこう。◎ラインナップ紹介◎Kompleteに収録されている定番インストゥルメント&エフェクト◎Komplete 11シリーズの注目インストゥルメント&エフェクト■Featured Tools2グルーブ・マシン界に新星現る!ZOOM ARQ Aero RhythmTrak AR-96ZOOMが去る6月末に発売したARQ Aero RhythmTrak AR-96。そのあまりに斬新なルックスから“一体全体どんな機材なのか!?”と思った人も居るだろう。何を隠そう本機はEDMなどのダンス・ミュージックに向けたグルーブ・マシンである。音源/シーケンサー/サンプラー/エフェクト/コントローラーが統合され、1台でトラック・メイクを楽しめるのだ。それだけではない。リング状のコントローラーを本体から取り外せば、Bluetoothによるワイアレス・コントロールが実現するので、ステージ・パフォーマンスにもうってつけである。本企画では、このARQ Aero RhythmTrakの使い方解説+ライブ・パフォーマンス動画連動記事を通して、グルーブ・マシンとしての可能性を探っていこう。■コンサート見聞録“ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー”@横浜アリーナ国民的RPG=ドラゴンクエストが第1作の発売から30周年を迎え、全国5大アリーナを舞台とする豪華キャスト参加のライブ・ショウを敢行! 音楽や映像が演技とシンクロし、壮大な世界観を表現した“ライブスペクタクルツアー”と題されたこの公演。本稿では8月26日〜31日に横浜アリーナで行われたショウの模様を、マニピュレーション・システムにフォーカスしてレポートしていきたい。マニピュレーションを担当したのはProject FULLCIRCLEの木内友軌氏と泉泰宏氏。役者のセリフやBGM、効果音などのSEが入り交じったインタラクティブなショウを支えた2人のオペレートについて、プランニングや機材選定の理由など、豊富な写真とともにお送りしよう。■Production Reportマイク・ポズナー「I Took A Pill In Ibiza(Seeb Remix)」2016年の最も売れたシングルの一つ、マイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza (SeeB Remix)」は、もともと比較的トラディショナルなフォーク調のアレンジだった。しかし、とあるノルウェーのリミックス・デュオがこの曲の持つ可能性に目を付け、トロピカル調のハウス・アレンジを施したことにより大ヒットを記録。そのアレンジを施したのが、エスペン・バルグとシーメン・エリクスラッドのイニシャルから名付けられたデュオ、SeeBだ。彼らはオスロにあるスタジオ、リビングルームを拠点に活動を行っている。本作のリミックスの手法について、二人に話を聞いた。■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たちサキタハヂメ映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのはサキタハヂメ氏。ミュージカルソー(のこぎり)奏者の第一人者として、世界大会で二度優勝し、のこぎり音楽に関連する活動を行いながら、作曲家として、NHK Eテレ『シャキーン!』、ドラマ『妖怪人間ベム』『銀二貫』『ど根性ガエル』、アニメ『M3〜ソノキ鋼〜』など、さまざまな劇中音楽を担当している。幼少期に音楽教育の経験はほとんど無かったという氏が、どのような音楽人生を歩み、現在に至ったのか? 大阪・堺市に構えるプライベート・スタジオを訪れ、話を聞いた。■PEOPLE◎高木正勝◎THE NOVEMBERS◎浅倉大介◎宇宙ネコ子◎MACHINA■Beat Makers Laboratory:コバーン・アイヴォリー■REPORT◎音響設備ファイル Studio TLive◎NATIVE INSTRUMENTS Maschine Jam速報!◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 スターテック/セカンドステージ◎YAMAHA PX Series導入レポート サンフォニックス◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 高橋健太郎◎担当副社長が語るAVID Pro Toolsの向かう未来◎ライブ・スペース訪問 渋谷WWW X■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎CRYPTON 初音ミク V4X◎MAKE NOISE 0-Coast◎MANLEY Nu Mu◎CHANDLER LIMITED TG Microphone Cassette◎FXPANSION Geist2◎EIOSIS E2 Deesser◎AUDIO-TECHNICA ATM350D◎MXL V67G-HE◎ALLEN&HEATH QU-24 Chrome Edition◎YAMAHA EMX7◎SOUNDCRAFT Signature 16■LIBRARY◎IRRUPT BERLIN CONNECTED◎SOUNDIRON ALTO GLOCKENSPIEL■DAW AVENUESTEINBERG Cubase Pro 8.5 浜崎容子IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLLABLETON Live 9 Linn MoriAPPLE Logic Pro X 上野耕路AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウPRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 中川善裕◎【新連載】flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎【新連載】H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜テンテンコのTEENAGE ENGINEERING OP-1■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:256JANコード:4910040191162出版年月日:2016/11/01JANコード:4910040191162【島村管理コード:15120160923】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号 リットーミュージック900送料無料
巻頭企画:ア・トライブ・コールド・クエスト リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【音楽書】奇跡のニュー・アルバムを緊急リリース! ヒップホップ界が誇る“探求の民”の全容に迫る■巻頭企画:ア・トライブ・コールド・クエストQ・ティップ(rap、prog)を中心にアリ・シャヒード(prog、scratch)、ファイフ・ドーグ(rap)、ジェロビ・ホワイト(ap)から成るニューヨークのヒップホップ・アクト=ア・トライブ・コールド・クエスト。1990 年にデビューした彼らは洗練されたプロダクションと理性的なライムでシーンに大きなインパクトを与え、“ニュースクール”ムーブメントを主導。その後もアルバムをリリースするたびに自らのサウンドを更新し、J・ディラという新たな才能を発掘しつつ、ファレル・ウィリアムス、カニエ・ウェスト、ザ・ルーツなど第一線で活躍するヒップホップ・アーティストに多大な影響を与えてきた。そんな彼らが、2016 年10 月に突如18 年ぶりの新作をリリースするとアナウンス。デジタルで先行発売された『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』はビルボード全米チャートで初登場1位を獲得し、あらためてシーンの注目度の高さを証明してみせた。本稿ではエンジニアのブレア・ウェルズやキーボーディストのBIGYUKIなど関係者の証言からこの“奇跡の新作”を解析するとともに、デビュー作からのディスコグラフィを併載。初期のサウンドに大きな貢献を果たしたボブ・パワー、TOWA TEIらのインタビューも交えつつ、デビューから25 年が経った現在も輝きを失わない“探求の民”の全容に迫る。■特集:2017年型サンプリング・ビートの極意ア・トライブ・コールド・クエストの新作『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』のリリースにより、あらためて注目を集めているサンプルを使った・ビート。もともとは1980 年代にニューヨークのヒップホップDJ がターンテーブルとレコードを使って発見した“ブレイクビーツ”の概念が元となって生まれたフレーズ・サンプリングですが、DAW やソフト音源の進化によってその手法は日々更新されており、今や他人のレコードを使わなくとも質感豊かなビートを作れるようになりました。サンプリングが依然として現代的なポップスの制作手法として有効なことは、ジ・インターネットやアンダーソン・パークなどが台頭しているシーンの現状からも明らかでしょう。今回はヒップホップを出自としつつ、バンドもののポップスなど幅広い音楽を手掛けるプロデューサー/ドラマーのmabanuaを講師に迎え、最新のビート・メイクの手法を伝授していただきます。■特別企画匠が“アナログ”にこだわる理由 森元浩二.、甲斐俊郎、高山徹“太い”“温かい”“丸い““にじむ”……アナログの音を形容する言葉は多数あるだろうが、本当にそれがすべてを言い表しているのだろうか? そんな疑問を抱いた編集部では、このDAW全盛時代においてミックスでアナログ機材を多用するエンジニア3氏に取材。DAW内部でのデジタル処理と対比しながら、仕事を通じた各氏の“アナログへのこだわり”を語っていただくことで、アナログ/デジタルそれぞれの利点をあらためて考えながら、アナログ・アウトボードやコンソールの真価へ迫ってみることにしたい。■コンサート見聞録布袋寅泰@NHKホールアーティスト活動35周年を迎えた布袋寅泰のアニバーサリー・プロジェクト“8BEATのシルエット”。そのプロジェクト第7弾となる全国ホール・ツアー“Maximum Emotion Tour The Best for the Future ”が12月1日にファイナルを迎え、多くのファンが会場となったNHKホールへ訪れた。本稿では、気になる布袋のギターやサウンド・システム、ライブのPA機材など、多くの機材写真とともにPA面からライブ・レポートをお届けする。■ミックス解剖学トゥエンティ・ワン・パイロッツ「ヒーサンズ」 by アダム・ホーキンス海外のトップ・エンジニアに自身の手掛けたヒット曲のミックス手法を直接解説してもらう本連載。今回登場していただくのはアダム・ホーキンス。ノースカロライナに生まれのホーキンスは、1996年にグリーンズボローにある小さいスタジオで働き始めた。その後ニューヨークへ渡り、ユニーク、ソニー、ヒット・ファクトリーなどのスタジオに勤める。25歳でLAに移ると、トップ・プロデューサーのマイク・エリゾンドと出会い、トゥエンティ・ワン・パイロッツの仕事をすることになり「ストレスド・アウト」「ライド」と、大ヒット曲を生み出した。それに続く「ヒーサンズ」は、映画『スーサイド・スクワット』のサウンドトラックのリード曲で、2016年で最も成功した作品の一つだ。同曲のミックスについて、ホーキンスが自身のスタジオ、アカシア・サウンドで語ってくれた。■CrossTalk 光田康典×宮野幸子劇伴から歌モノまで活用できる譜面ソフト最新事情2017音楽制作において譜面は、レコーディングやリハーサル時などに、各ミュージシャンの共通言語として使用されている。特にオーケストラを扱う劇伴では必須であり、作曲家はその譜面を完成させるまでが作業の一環となっている。一方、ポップス系の歌モノやバンド・アンサンブルにも、マスター譜からピアノ譜など、譜面は幅広く活用されている。現在の譜面作成はソフトウェアが主流だが、古参のMAKEMUSIC Finale、AVID Sibeliusのほか、PRESONUS Notion、STEINBERG Doricoといったタイトルが出そろってきた。今回はこれら4製品について、劇伴を中心にバンド、歌モノとさまざまな場面で譜面ソフトを活用している作曲家、光田康典と、光田のオーケストレーターのほか、さまざまな楽曲やコンサートのアレンジを手掛けてきた宮野幸子の両名に、その使用方法や特長といった“譜面ソフトの最新事情”を語ってもらった。◎登場製品AVID SibeliusMAKEMUSIC FinalePRESONUS NotionSTEINBERG Dorico■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち平沢敦士映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは平沢敦士氏。中学のときにゲーム音楽に興味を持ち、高校になるとエレキギターを始め、卒業後はバンドでのデビューを目指し上京する。数年間のバンド活動の後、氏はCM音楽と出会い、作曲家としての道を歩むことになる。CM作家の活動を中心に行う中、劇伴作品も手掛けるようになり、TVドラマ『山田太郎ものがたり』『最後から二番目の恋』『三匹のおっさん』のほか、映画、アニメ作品も担当してきた。ここでは、氏のプライベート・スタジオで、これまでの音楽歴を語ってもらおう。■不定期新連載 oscillator lovers by yukihiro【第4回】牛尾憲輔(agraph)本稿はyukihiro(L'Arc-en-Ciel/acid android/geek sleep sheep)が毎回さまざまなゲストとともに、あるテーマを設けて語り合うという不定期連載。今月のゲストは、電子音楽家として多岐にわたる活動を展開し、映画『聲の形』の音楽を手掛けたことも記憶に新しい牛尾憲輔(agraph)。シンセ好きという共通項でyukihiroとも親交があり、L'Arc-en-Cielの最新シングル収録曲「Cradle -L'Acoustic version-」の共同プロデューサーにも抜てきされた。前半はそんな同曲の制作過程をテーマに、後半は二人のシンセ事情についてざっくばらんに語り合ってもらった。■PEOPLEKan Sano冨田ラボyahyel池田亮司minus( )■Beat Makers Laboratory:TBアーサー■REPORT◎ミックス・コンテスト結果発表◎音響設備ファイル ガジェット通信フロア◎Inter BEE 2016レポート◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 松浦晃久◎ライブ・スペース訪問 表参道WALL&WALL■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎STEINBERG Cubase Pro 9◎APOGEE Element 88◎ELEKTRON Analog Heat◎ARTURIA DrumBrute◎IK MULTIMEDIA Modo Bass◎SLATE DIGITAL VerbSuite Classics◎AUDIONAMIX SVC◎SE ELECTRONICS V7◎ZOOM Q2N◎ULTRASONE Edition 8 EX◎MACKIE. Axis◎YAMAHA TF-Rack◎JBL PROFESSIONAL Eon One■LIBRARY◎IRRUPT『ANALOG ATTRIBUTIONS』◎SOUNDIRON『SICK 6』■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 9 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 Noah◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One Linia■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 由雄正恒◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 toku(GARNiDELiA)のSSL X-Desk■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS■付録小冊子音楽制作ツール購入ガイド『サンレコ for ビギナーズ2017』仕様:B5変形判/248ページ/小冊子付き
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号 リットーミュージック900送料無料
特集:曲のカラーを自在に操る!実戦型ミックステクニック リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号【音楽書】孤高のクリエイターが見据える“その先”■巻頭インタビュー中田ヤスタカご存じPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅ、三戸なつめといったアーティストをプロデュースしながら、自身のユニット=CAPSULEでの活動も行い、定期的にDJイベントにも出演するなど多忙を極めるトップ・クリエイター、中田ヤスタカ。そんな状況でも仕事に忙殺されずに、彼の目線は常に新たな場所へ向けられている。クリエイターとしての誇りを持って音楽を創造し続ける中田は、今後どのような高みを目指していくのだろうか? 約1年ぶりの本誌登場ということで、この間の活動を振り返ってもらいながら、彼に訪れた心境の変化や制作環境の刷新など、中田ヤスタカの“今”を浮き彫りにする。これからの彼の動きを予見させる貴重なインタビュー、ぜひこのタイミングでご一読いただきたい。■特集曲のカラーを自在に操る! 実戦型ミックス・テクニック 読者ミックス・コンテストも開催楽曲の世界観や完成度を左右する工程=ミックス。どのようなサウンドにしたいかというイメージ、ツールやその使い方によっても仕上がりは千差万別のため、まさに可能性に満ちあふれたプロセスと言えます。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コースとの連携プロジェクトであるこの特集では、レコーディング・エンジニアの中村公輔氏が1つのマルチトラック素材から“ロック”と“エレクトロニック・ポップ”というキャラクターの全く違う2種類のミックスを作成。双方で実践したテクニックの数々を解説しつつ、ミックスに秘められたクリエイティビティを提示します。素材は、中村氏が同校のMagi Sound Studioにて屋敷豪太や高野寛、佐藤元彦といったミュージシャンらの演奏を収めたもの。読者ミックス・コンテストも開催!■特別企画API 500互換モジュール導入のススメアウトボードからマイクプリ、コンプ、EQなどの機能を抜き出し、縦型のコンパクトな筐体に収めたAPI 500互換モジュール。高品位なメーカーでも手が出しやすい価格設定と可搬性の高さ、コレクションの楽しみなどからエンジニアを主体に人気を集めてきました。その熱はクリエイターにも飛び火し始めており、ボーカルのレコーディングやラップトップを使ったライブのアウト用ライン・アンプとして導入する例も増えてきています。そこで今回はAPI 500互換モジュールを特集。実際にモジュールを愛用している6名のエンジニア/クリエイターインタビューに加え、解説付きのメーカー・カタログも掲載! この夏、お気に入りのモジュールを自宅システムに組み込んでみてはどうでしょう。■CrossTalk 井筒昭雄×山田ノブマサ劇伴制作に活用できるストリングス音源を探せ!昨今は高品位/高音質のソフトウェア音源が多数存在しており、その中でもストリングス音源は録音スタジオや録音方法、参加ミュージシャン、演奏スタイルなど、多様な手法で、常に新しいタイトルが登場している。自ら大掛かりなレコーディングをすること無く、手軽にハイクオリティなサウンドが手に入るため、ジャンルを問わず多用されているストリングス音源だが、聞くところによると劇伴の世界でも重宝されている模様。弦を生でレコーディングできる機会も多いという劇伴の現場で、どのように音源が活用されているのだろうか? 今回は劇伴の第一線で活躍する作曲家、井筒昭雄とエンジニアの山田ノブマサ氏を迎え、8種類のストリングス音源をチェックしてもらった。本企画で、劇伴におけるそれら音源の活用方法を見ていこう。◎登場製品AUDIOBRO LA Scoring Strings 2.5EASTWEST Hollywood StringsEMBERTONE Intimate Strings Solo BundleIK MULTIMEDIA Miroslav Philharmonik 2NATIVE INSTRUMENTS String EnsemblePROJECT SAM Synphobia 2SPITFIRE AUDIO Spitfire Chamber StringsVIENNA SYNPHONIC LIBLRARY Vienna Dimension Strings■EVENT REPORT“Low End Theory Festival 2016”2006年からロサンゼルスのリンカーン・パークにあるAirlinerという小さなクラブで毎週水曜日に開催されている“Low End Theory”。フライング・ロータス、サンダーキャット、デイデラス、ノサッジ・シングなどの世界的なアーティストを輩出し、重低音と実験的ヒップホップを融合させた“LAビート”と呼ばれるビート・ミュージックのメッカとして知られる。そんなLow EndTheoryが、3回目となる大型フェスをさる7月23日に開催。ゴーストフェイス・キラー&レイクォン、インヴィジブル・スクラッチ・ピクルズなど豪華ゲストを含めた20組以上のアーティストが出演して、イベントの10周年を祝った。今回はその模様を、主催者のダディ・ケヴの談話や登場アーティストのライブ・セットの機材写真を交えつつ徹底レポートする。■コンサート見聞録相対性理論@日本武道館やくしまるえつこ率いる5人組バンド=相対性理論が、“八角形”をタイトルに冠して、去る7月22日に日本武道館という大舞台でライブを敢行! 最新アルバム『天声ジングル』を提げた過去最大規模となる自主企画公演を、本稿ではPAにフォーカスして機材写真とともにレポートしていきたい。FOHのオペレートを担当したエンジニアのzAk氏にメンバーの使用楽器に向けたマイキングとその音作りについて聞けたので、彼らのライブ・サウンドについて深く迫っていこう。■Production Reportルーファス・ウェインライト『Take All My Loves』ブロードウェイ・ミュージカルやビッグバンド・ジャズ、ティンパンアレイ、そしてポップやロックといった幅広い世界に身を投じてきたルーファス・ウェインライト。幅広いジャンルへのアプローチから、クラシック音楽方面に向かうことは全く不思議ではなく、2009年にベルリンで『シェイクスピア・ソネッツ』という劇場公演を開催し、2015年には、クラシックの超名門レーベルであるドイチェ・グラモフォンから、よりクラシックなオペラ・スタイルに寄った『Prima-Donna』発表。さらに半年後にはプロデューサーのマリウス・デ・ヴリーズの元、『Take All My Loves』がリリースされた。ここでは、デ・ヴリーズとエンジニアを務めたニコライ・バクスターの証言から、最新作の制作過程を振り返っていく。■音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! by 中脇雅裕【ゲスト】三戸なつめ モデルからアーティストへ転身した才女のゴール設定好評連載の特別編・第二弾として、中田ヤスタカがプロデュースを手掛ける三戸なつめが登場。彼女のアーティスト・デビュー時からギターを教えるなど交流を持つ筆者(中脇)が、「ライブで緊張しない方法」「アーティストとしての“看板”の重要性」「インプットの大切さ」などを対談を通してレクチャーしていく。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち渡辺俊幸映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは渡辺俊幸氏。作曲家、渡辺宙明氏を父に持つ渡辺俊幸氏は、1973年、大学生のときにフォーク・グループ赤い鳥へドラマーとして加入しプロ活動を開始。そして、さだまさし氏のプロデューサー兼編曲家として多くのヒット作を手掛けた後、映像音楽の作曲家へと転身する。以降はアニメ『銀河漂流バイファム』『宇宙兄弟』、ドラマ『利家とまつ』『おひさま』、映画『モスラ』『解夏』など多くの映像作品に携わっている。プライベート・スタジオで自身の音楽人生を振り返ってもらった。■PEOPLE寺岡呼人w-inds.Felix K & ENA■Beat Makers Laboratory:ロキシーモア■REPORT◎松武秀樹の「スイッチト・オン・シンセサイザー」が電子書籍化◎音響設備ファイル 国立音楽院KMA Recording Studio◎“ニーヴ”の音をあなたのラックに! RUPERT NEVE DESIGNS 500シリーズ◎製品開発ストーリー FOCAL Trio6 BE◎イギリス発の新鋭マイク・メーカーASTON MICROPHONES◎オーストラリアのスタイリッシュな新世代インイア・モニターAUDIOFLY◎NATIVE INSTRUMENTS 過去最強のバンドルKomplete 11◎ZOOM ARQ Aero RhythmTrak AR-96 発表会◎“録れコン”グランプリ受賞曲のリプロダクションに迫る◎ライブ・スペース訪問 柏04■NEW PRODUCTS◎DIGIGRID Desktop Series◎BEHRINGER X-Touch◎SOFTUBE Modular◎ARTURIA V Collection 5◎HEAVYOCITY Gravity Pack 03 - Scoring Guitars◎PLUGIN ALLIANCE Falut◎RUPERT NEVE DESIGNS RNHP◎DYNAUDIO PRO LYD 5/7/8◎ZOOM H4N Pro◎TASCAM DR-100MKIII◎MACKIE. ProDX8◎ELECTRO-VOICE ND96◎WHIRLWIND PC USB■LIBRARY◎BIG FISH AUDIO GYPSY FIESTA◎SAMPLE MAGIC MIAMI SESSIONS■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 浜崎容子◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 Linn Mori◎APPLE Logic Pro X 上野耕路◎AVID Pro Tools 中村文俊◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウ◎PRESONUS Studio One 加納洋一郎■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ RAKASU PROJECT(落 晃子)◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 Lida(Psycho le Cemu)のFULLTONE OCD■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/256ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2016年12月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2016年12月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2016年12月号 内 容百戦錬磨のクリエイター集団、早くもミニ・アルバム! 6人の閃きを一つにするコラボレーション法に迫る■巻頭インタビューMETAFIVE高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井という、第一線のクリエイターたちから成るバンド、METAFIVE。今年1月に1stアルバム『META』を発表し、夏フェスなどへの出演で興奮冷めやらぬ中、早くも彼らが11月9日に5曲入りミニ・アルバム『METAHALF』をリリース。今回も“音階”と“音響”のバランスがどの曲も見事で、素人には決してマネのできない圧巻のサウンド・ストラクチャー。作品のコンセプトの話などは他媒体に譲るとして、サンレコでは彼らが一体どのような共同作業を経て音を紡ぎ出しているのか、どんなツールを愛用しているかについて聞く。さらにサンレコだけの企画として、『METAHALF』収録の「Musical Chairs」を砂原良徳が特別にリミックスした2MIXデータのダウンロード・パスコード付き!!※ダウンロード期間は2016年11月24日で終了となりますので、ご購入の際はご注意ください■特集浦本雅史がサカナクションの楽曲で指南!“輪郭”と“音圧”を両立させるミックス術プロの楽曲は、トータルの音量が大きく聴こえるようミックスされています。しかしそれでいて、一つ一つの音がなまっておらず明りょうに聴こえるのもポイント。マキシマイザーなどで無理につぶした感じはせず、音が生き生きとしています。こういった“音圧”と“音の輪郭”を両立させたミックスは、どのようにして生み出されるのでしょう? 本企画では、輪郭を保ちながらミックスを大きく聴かせるテクニックについて、レコーディング・エンジニアの浦本雅史氏が指南。解説は、氏が長年手掛けているサカナクションの楽曲を事例として、進めていただきます。■特別企画1私の作曲法2016〜田中公平、本間昭光、葉山拓亮、牛尾憲輔、松隈ケンタ過去2回(2007年8月号、2011年8月号)に渡り特集を組んできた“私の作曲法”。さまざま分野で活躍するクリエイターが、自身の作曲法を語ってくれたが、今回もアイドル・ソングからポップ、ロック、エレクトロ、劇伴まで、幅広いジャンルで活躍する5名に登場していただいた。テクノロジーの発展の恩恵から、手軽に曲作りができる手法も生み出されている昨今。しかし、そういった機材に頼ったテクニックや、理論だけに頼るのではなく、独自の理論で緻密(ちみつ)に考えられた作曲法を、それぞれのクリエイターが持っている。ここでは、5名がどのように作曲に目覚め、現在どのように音楽を作っているのかを詳細に語ってくれた。これから曲作りをする上で、自分にも当てはまるヒントがあるはずなので、じっくり読み進めてほしい。■特別企画2「音の良いレコード」を作る!全世界的にCDの売れ行きが振るわない中、アナログ・レコードがその存在感を増している。2015年のアメリカでの売上は前年比32%増で1988年の水準にまで回復し、日本でも生産枚数比で65%増という好調ぶりだ。レコード・ストア・デイは毎年盛り上がり、11月3日には日本唯一のプレス工場=東洋化成が主催する「レコードの日」の2回目も開催される。その一方で、グッズとしての価値のみを見いだし音質は二の次という盤が多くなっているのも残念ながら事実だ。本特別企画は、そんな風潮にあらがい「音の良いレコード」を作るため日々チャレンジしている制作者たちを紹介するものである。◎case 1 ピチカート・ファイヴ『カップルズ』〜ソニーのアナログ専門レーベルGREAT TRACKSの挑戦──滝瀬茂(Sony Music Direct)◎case 2 スピッツ『醒めない』〜全アルバムをアナログ化してきたバンドだから見えること──竹内修(wilsonic)◎case 3 坂本龍一『The Best of ’Playing the Orchestra 2014’』〜カッティングの現場にDSDマスター音源を持ち込む理由──オノ セイゲン(Saidera Paradiso)■コンサート見聞録“いとうせいこうフェス”@東京体育館デビュー・アルバム『建設的』のリリースから30周年を迎えるいとうせいこうが、ゆかりのあるアーティストたちを招き敢行した“いとうせいこうフェス”。9月30日と10月1日の2日に渡り会場の東京体育館には多くの観客が訪れたが、本誌としてはDanteネットワークや新世代のスピーカー・システムEAW Anya/Ottoを取り入れたPAにも注目したいところ。サウンド・エンジニアのコメントを交えつつ、その全貌を明らかにしていこう。■Production Reportビヨンセ「ソーリー」ビヨンセの最新のアルバム『レモネード』は自身の名を関した前作と同じく、計1時間、11チャプターからなる映像作品とセットでリリースされた。この作品を作るために、約20名ものプロデューサーと、その倍の数の共同作曲者の力を必要とした。加えてビヨンセは、一人のエンジニア兼共同プロデューサーのサポートを常に受けていたという。この人物こそがステュアート・ホワイトだ。ここでは、ホワイトに本作の制作過程を振り返ってもらった。■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち加藤達也映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは加藤達也氏。レコード会社勤務の父親の影響で、音楽が身近にある環境で育った氏は、数幼少期から電子オルガンを習い、大学は、東京音楽大学へ進学。そしてさまざまな人との出会いの中で、劇伴作家への道へ進むこととなる。そして現在までに、『ハイ☆スピード!』『Free!』『Fate』『ラブライブ!サンシャイン!!』など、アニメを中心に数々の作品を手掛けてきた。今回、新たに制作環境を変えたという氏のプライベート・スタジオを訪れ、これまでの音楽人生を振り返ってもらった。■PEOPLESEKAI NO OWARI青葉市子百々和宏デイ・ワン■Beat Makers Laboratory:GB■REPORT◎音響設備ファイル ソニー・ミュージックスタジオ Studio 5◎音響設備ファイル SPACE ODD/Sankeys TYO◎冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』公演迫る!◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 エス・シー・アライアンス/サンフォニックス◎YAMAHA PX Series導入レポート サウンドプロジェクト◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 溝口肇◎現場が今注目するスタジオ・ヘッドフォン PIONEER DJ HRM-5/6/7◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル◎ATV aD5〜リアルなドラム・サウンドの秘密◎ライブ・スペース訪問 横浜LOOP■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎ROLAND TR-09/TB-03/VP-03◎NATIVE INSTRUMENTS Maschine Jam◎PIONEER DJ Toraiz SP-16◎NEKTAR Panorama P6◎IK MULTIMEDIA ILoud Micro Monitor◎CLASSIC PRO Retro-I◎SPECTRASONICS Keyscape◎EMBERTONE Intimate Strings Solo Bundle◎ZYNAPTIQ Adaptiverb◎Q2 AUDIO F765◎SOUNDCRAFT Signature 12 MTK■LIBRARY◎IRRUPT LATE NIGHT LONDON◎SOUNDIRON VOICES OF RAGE■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 浜崎容子◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ ペルティエ・ジャン=マルク◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜YagiのBOSS SP-303■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:248JANコード:4910040191261出版年月日:2016/10/25JANコード:4910040191261【島村管理コード:15120161024】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
【中古】 サウンド&レコーディング・マガジン 2008年 4月号 (CD、CD-ROM、小冊子付き) / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】【中古】 サウンド&レコーディング・マガジン 2008年 4月号 (CD、CD-ROM、小冊子付き) / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】258
【メール便送料無料、通常24時間以内発送、午後1時までは当日発送】 出版社:リットーミュージックJANコード:4910040190486■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。メール便変更方法は、こちらをご確認ください※宅急便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅急便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅急便をご選択下さい。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き、楽天バンクがご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い: 使用されてはいますが、 非常にきれいな状態です。 書き込みや線引きはありません。・良い: 比較的綺麗な状態の商品です。 ページやカバーに欠品はありません。 文章を読むのに支障はありません。・可: 文章が問題なく読める状態の商品です。 マーカーやペンで書込があることがあります。 商品の痛みがある場合があります。
楽天市場もったいない本舗 楽天市場店通販ページへ
【中古】 サウンド&レコーディング・マガジン 2008年 3月号 / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】【中古】 サウンド&レコーディング・マガジン 2008年 3月号 / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】258
【メール便送料無料、通常24時間以内発送、午後1時までは当日発送】 出版社:リットーミュージックJANコード:4910040190387■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。メール便変更方法は、こちらをご確認ください※宅急便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅急便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅急便をご選択下さい。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き、楽天バンクがご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い: 使用されてはいますが、 非常にきれいな状態です。 書き込みや線引きはありません。・良い: 比較的綺麗な状態の商品です。 ページやカバーに欠品はありません。 文章を読むのに支障はありません。・可: 文章が問題なく読める状態の商品です。 マーカーやペンで書込があることがあります。 商品の痛みがある場合があります。
楽天市場もったいない本舗 楽天市場店通販ページへ
【中古】 GROOVE SUMMER 2008 サウンド&レコーディング・マガジン2008年9月号増刊 / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】【中古】 GROOVE SUMMER 2008 サウンド&レコーディング・マガジン2008年9月号増刊 / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】258
【メール便送料無料、通常24時間以内発送、午後1時までは当日発送】 出版社:リットーミュージックJANコード:4910040200987■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。メール便変更方法は、こちらをご確認ください※宅急便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅急便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅急便をご選択下さい。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き、楽天バンクがご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い: 使用されてはいますが、 非常にきれいな状態です。 書き込みや線引きはありません。・良い: 比較的綺麗な状態の商品です。 ページやカバーに欠品はありません。 文章を読むのに支障はありません。・可: 文章が問題なく読める状態の商品です。 マーカーやペンで書込があることがあります。 商品の痛みがある場合があります。
楽天市場もったいない本舗 楽天市場店通販ページへ
【中古】【古本】ネットとライブで自分の曲を売る方法 ミュージシャン・サバイバル・ハンドブック/サウンド&レコーディング・マガジン編集部/編【コンピュータ リットーミュージック】【中古】【古本】ネットとライブで自分の曲を売る方法 ミュージシャン・サバイバル・ハンドブック/サウンド&レコーディング・マガジン編集部/編【コンピュータ リットーミュージック】540
ポイント
15 ポイント
商品説明
■ヨミ:ネツト ト ライブ デ ジブン ノ キヨク オ ウル ホウホウ ミユ-ジシヤン サバイバル ハンドブツク リツト- ミユ-ジツク ムツク サウンド アンド レコ-デイング マガジン SOUND & RECORDING MAGAZINE ■著者:サウンド&レコーディング・マガジン編集部/編 ■著者ヨミ:リツト-/ミユ-ジツク ■出版社:リットーミュージック ■ISBN:978-4-8456-2062-3
ポンパレモールドラマ(DORAMA)価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号900
音楽制作に携わる人々に送る専門誌
セブンネットショッピング価格を比較する通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号900
音楽制作に携わる人々に送る専門誌
セブンネットショッピング価格を比較する通販ページへ
カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ2カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ21,080
著者名:中村公輔
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン  (定期購読)サウンド&レコーディング・マガジン (定期購読)900
音楽制作に携わる人々に送る専門誌
セブンネットショッピング通販ページへ
松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ1松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ11,080
著者名:松武秀樹
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
LOVE (DCT records)/Confetti Love Songs [POCS-21010]LOVE (DCT records)/Confetti Love Songs [POCS-21010]2,365
2008年リリースしたシングル「オドレイ」「素晴らしき日々」を含む9曲と、ボーナストラックとして、雑誌「サウンド&レコーディング・マガジン」のアレンジ企画に使用された曲「Baby And Teddy」を収録。
TOWER RECORDS ONLINE価格を比較する通販ページへ
エンジニア直伝!DAWミックス&マスタリング・テクニックエンジニア直伝!DAWミックス&マスタリング・テクニック2,160
内容説明:『サウンド&レコーディング・マガジン』誌で掲載されたミックス&マスタリングの特集の中から、特に人気の高かった記事を厳選。昨今の制作環境を考慮してDAWを用いたテクニックにフォーカスしたノウハウを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
PMPM2,268
コーネリアスの2001年リリース4thアルバム「Point」のRemix集。収録曲は「サウンド&レコーディング・マガジン」とコーネリアスのホームページ「cornelius-sound.com」で行われたリミックス・コンテストに一般公募された作品からコーネリアス自らがセレクトしたものを12曲収録。
CD&DVD NEOWING価格を比較する通販ページへ
音楽図鑑 -2015 Edition-音楽図鑑 -2015 Edition-4,320
1984年リリース。MIDI設立第1回作品。4作目のソロアルバムで、傑作のひとつとして呼び声も高い『音楽図鑑』が遂にデジタル・リマスター発売。現在もライブでたびたび演奏されるキャッチーなナンバー「TIBETAN DANCE」、『こどもの音楽再生基金』のテーマ曲として演奏される「ETUDE」はじめ、多彩で多様な珠玉の名曲群が並んでいる。ディスク2には、未発表曲などを多数収録。サウンド&レコーディングマガジンの国崎氏による、藤井丈司氏らが語ったレコーディング当時の証言を綴ったライナー・ノーツも封入。紙ジャケット仕様。
CD&DVD NEOWING価格を比較する通販ページへ
戦場のメリークリスマス~30th Anniversary Edition~戦場のメリークリスマス~30th Anniversary Edition~4,104
坂本龍一が初めて手掛けた映画音楽である、1983年公開・大島渚監督作品『戦場のメリークリスマス』のサウンドトラックをリマスタリング、さらに未発表バージョンを多数収録したDISC2を加えた2枚組SHM-CD仕様でリリース。リマスタリングエンジニアは、数々のビッグアーティストの作品に携わっているオノセイゲン氏が担当。"サウンド&レコーディングマガジン"編集長・國崎氏による、当時のエンジニア・田中信一氏らの証言などを交えた詳細なライナーノーツ付き。紙ジャケット仕様。
CD&DVD NEOWING価格を比較する通販ページへ
エンジニア直伝!DAWミックス&マスタリング・テクニック 完全保存版エンジニア直伝!DAWミックス&マスタリング・テクニック 完全保存版2,160
サンレコの人気特集を一冊に凝縮! 珠玉のミックス&マスタリング・ノウハウ集サウンド&レコーディング・マガジン誌上で好評を博したミックス・ダウンとマスタリングに関する記事を厳選して掲載。コンプやEQ、リバーブ、ディレイなどのプラグインの使いこなし方をはじめ、オートメーション・テクニックやアナログ感の演出方法、トータル・コンプ/EQ、そして宅録マスタリングに至るまでを網羅。さらに、モニタリング環境や宅録環境の構築方法もバッチリ解説しています。付録のDVD?ROMに収録されたオーディオ・データを聴きながら学べるのも魅力。全DAWユーザー必読のノウハウ集です。
セブンネットショッピング通販ページへ
細野晴臣×坂本龍一 at EX THEATER ROPPONGI 2013.12.21細野晴臣×坂本龍一 at EX THEATER ROPPONGI 2013.12.217,020
2013年12月21日EXシアター六本木に於ける細野晴臣と坂本龍一のジョイントライブの模様を映像商品化!! 豪華ゲスト(高橋幸宏、伊藤ゴロー、青葉市子、小山田圭吾、U-zhaan)とともに、あたたかく進行するプレミアムなライブを堪能あれ。高橋幸宏をまじえた3人(YMO)で「Rydeen」も披露。シンセサイザー無しのYMOはここでしか見られない?! WOWOWにて放送(2014年3月9日初回オンエアー)された14曲に未発表テイク2曲をプラス、ライブの全曲収録完全版! 細野晴臣、初のBlu-ray商品。豪華スペシャル写真集60P付きブックレット仕様。國崎晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)、及び U-zhaanによるWライナーノーツ付き。
CD&DVD NEOWING価格を比較する通販ページへ
細野晴臣×坂本龍一 at EX THEATER ROPPONGI 2013.12.21細野晴臣×坂本龍一 at EX THEATER ROPPONGI 2013.12.216,480
2013年12月21日EXシアター六本木に於ける細野晴臣と坂本龍一のジョイントライブの模様を映像商品化!! 豪華ゲスト(高橋幸宏、伊藤ゴロー、青葉市子、小山田圭吾、U-zhaan)とともに、あたたかく進行するプレミアムなライブを堪能あれ。高橋幸宏をまじえた3人(YMO)で「Rydeen」も披露。シンセサイザー無しのYMOはここでしか見られない?! WOWOWにて放送(2014年3月9日初回オンエアー)された14曲に未発表テイク2曲をプラス、ライブの全曲収録完全版! 豪華スペシャル写真集60P付きブックレット仕様。國崎晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)、及び U-zhaanによるWライナーノーツ付き。
CD&DVD NEOWING価格を比較する通販ページへ

オークションの検索結果

サウンド&レコーディングマガジン 星野源 2016.3サウンド&レコーディングマガジン 星野源 2016.3現在価格 : 2,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 3( 01/22 21:31 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!haniwasunday入札ページへ
♪サウンド&レコーディングマガジン 1999年4月号 Underworld♪♪サウンド&レコーディングマガジン 1999年4月号 Underworld♪現在価格 : 400即決価格 : 400入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 21:38 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!chibimomo92入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 1986年12月 リズム・マシンサウンド&レコーディングマガジン 1986年12月 リズム・マシン現在価格 : 300即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 40 時間 23( 01/20 21:35 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!mkauchi0122入札ページへ
24か4741 サウンド&レコーディングマガジン 1985年4月 戸川純24か4741 サウンド&レコーディングマガジン 1985年4月 戸川純現在価格 : 1,500即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 20:21 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!cando19600925入札ページへ
■サウンド&レコーディング・マガジン 2009年4月 坂本龍一 U2■サウンド&レコーディング・マガジン 2009年4月 坂本龍一 U2現在価格 : 600即決価格 : 600入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 21:10 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!minatomirai5000入札ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 1984年12月号 渡辺香津美サウンド&レコーディング・マガジン 1984年12月号 渡辺香津美現在価格 : 800即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 16 時間 57( 01/19 22:09 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!mappy_hills入札ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 1986年2月号 SHI-SHONENサウンド&レコーディング・マガジン 1986年2月号 SHI-SHONEN現在価格 : 800即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 16 時間 58( 01/19 22:10 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!mappy_hills入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン1987.6 佐藤博 イギーポップサウンド&レコーディングマガジン1987.6 佐藤博 イギーポップ現在価格 : 300即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 3( 01/22 22:44 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!zasshi_kaitori入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2007/10 細野晴臣 東京事変サウンド&レコーディングマガジン 2007/10 細野晴臣 東京事変現在価格 : 320即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 4( 01/23 22:33 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!mmas2312入札ページへ
サウンド&レコーディング マガジン 1997年 8月号サウンド&レコーディング マガジン 1997年 8月号現在価格 : 100即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 09:05 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!eiki_japan入札ページへ
♪サウンド&レコーディングマガジン 2002年1月号 ビョーク♪♪サウンド&レコーディングマガジン 2002年1月号 ビョーク♪現在価格 : 400即決価格 : 400入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 21:38 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!chibimomo92入札ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン2010/12 大貫紗子&坂本龍一サウンド&レコーディング・マガジン2010/12 大貫紗子&坂本龍一現在価格 : 100即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 16 時間 50( 01/19 22:02 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!super_mania_bors入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2015年1月 ※別冊欠品サウンド&レコーディングマガジン 2015年1月 ※別冊欠品現在価格 : 463即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 16 時間 59( 01/19 22:11 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!bookoff2014入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 平沢進 2016.2サウンド&レコーディングマガジン 平沢進 2016.2現在価格 : 1,000即決価格 : 1,500入札件数 : 0入札期間 : 残り 3( 01/22 21:31 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!haniwasunday入札ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2008 10号 『CD(未開封)サウンド&レコーディング・マガジン 2008 10号 『CD(未開封)現在価格 : 300即決価格 : 300入札件数 : 0入札期間 : 残り 4( 01/23 23:02 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!tkwdg320入札ページへ
コーネリアス+高木正勝DVD付!サウンド&レコーディングマガジンコーネリアス+高木正勝DVD付!サウンド&レコーディングマガジン現在価格 : 700即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 01/24 22:25 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!bice330入札ページへ
♪サウンド&レコーディングマガジン 2008年3月号 THE POLICE♪♪サウンド&レコーディングマガジン 2008年3月号 THE POLICE♪現在価格 : 400即決価格 : 400入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 21:38 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!chibimomo92入札ページへ
♪サウンド&レコーディングマガジン 2006年12月号 坂本龍一♪♪サウンド&レコーディングマガジン 2006年12月号 坂本龍一♪現在価格 : 400即決価格 : 400入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 21:38 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!chibimomo92入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2003年1月号 ビョーク 付録CDサウンド&レコーディングマガジン 2003年1月号 ビョーク 付録CD現在価格 : 200即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 01/25 22:02 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!wtxnt912入札ページへ
坂本慎太郎ねごとダムマスターXサウンド&レコーディングマガジン坂本慎太郎ねごとダムマスターXサウンド&レコーディングマガジン現在価格 : 1,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 16 時間 18( 01/19 21:30 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!kisinob入札ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトやオークションサイトから、お探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探すことができる商品検索&価格比較サイトです。

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターAmazon.co.jpポンパレモールWEBサービスWEB SERVICE BY DMM.com
ページトップへ