商品検索&価格比較サイト

サウンド&レコーディング

通販 72 件 / オークション 20 件

通販の検索結果

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 7月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 7月号 [雑誌]900
発売日
2017/05/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 6月号 (袋とじ:オリジナル「Get Wild」音色リスト付) [雑誌]2,180レビューを見る
発売日
2017/04/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 5月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 5月号 [雑誌]900
発売日
2017/03/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 5月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 5月号 [雑誌]596
発売日
2017/03/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 4月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 4月号 [雑誌]900
発売日
2017/02/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 4月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 4月号 [雑誌]338
発売日
2017/02/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
ライダーズカフェmagazine 2017 (サウンド&レコーディング・マガジン2017年5月号増刊)ライダーズカフェmagazine 2017 (サウンド&レコーディング・マガジン2017年5月号増刊)448レビューを見る
発売日
2017/04/19
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 [雑誌]900
発売日
2017/01/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2017年 3月号 [雑誌]335
発売日
2017/01/25
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
サウンドレコーディング技術概論サウンドレコーディング技術概論4,320送料無料
メーカー
日本音楽スタジオ協会
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 11月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 11月号 [雑誌]900
発売日
2016/09/24
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jp価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 11月号 [雑誌]Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 11月号 [雑誌]83
発売日
2016/09/24
メーカー
リットーミュージック
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
TECH21 SANSAMP  RK5 『 リッチー・コッツェン シグネーチャーモデル』  マルチエフェクター&プ ...プ&レコーディング・ツール 【国内正規品】TECH21 SANSAMP RK5 『 リッチー・コッツェン シグネーチャーモデル』 マルチエフェクター&プ ...プ&レコーディング・ツール 【国内正規品】58,007
ポイント
1,160 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
3つのエフェクトセクション仕様:OMGオーバードライ ... ■商品説明■3つのエフェクトセクション仕様:OMGオーバードライブセクション/SANSAMP セクション/DLA ディレイ・セクション)●1/4インチハイインピーダンス入力&ローインピーダンス出力/専用12V DC電源アダプター付属●リッチーと綿密な打ち合わせを重ね、彼の意見を尊重しながら、プレイやサウンドの細部に至るまで気を配ってRK5を設計しました。単なる「リッチーの名前が入ったFly Rig 5の別バージョン」ではありません。RK5は、新たにRichie Kotzenシグネチャーとして完成したモデルです。
Yahoo!ショッピングMYST-SHOP通販ページへ
SansAmp【国内正規品】TECH21 SansAmp FLY RIG 5 「マルチエフェクター&プリアンプ&レコーディング・ツール」SansAmp【国内正規品】TECH21 SansAmp FLY RIG 5 「マルチエフェクター&プリアンプ&レコーディング・ツール」50,700
ポイント
1,014 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
3つのエフェクトセクション仕様:PLEXI (68年製Plexi... ■商品説明■3つのエフェクトセクション仕様:PLEXI (68年製Plexi セクション)/SANSAMP セクション/DLA(ディレイ・セクション)●1/4インチハイインピーダンス入力&ローインピーダンス出力/専用12V DC電源アダプター付属●FLY RIG 5 は、ただ単にペダルボードの代わりではありません。 30.5cm / 510g の軽量&コンパクトなボディの中に、歪み・ブースト・タップ付きディレイ・リバーブと、ギタートーンに必要なプロセッ シングをSansAmp と共にぎっしり詰めました。パッチケーブルやバッテリー、グランドループのノイズに悩まされることもなく、これ1 台で大型ペダルボードに匹敵するサウンドを再現できます。
Yahoo!ショッピングMYST-SHOP通販ページへ
Sound  &  Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン)2017年 7月号 / Sound & Recording Magazine編集部  〔Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン)2017年 7月号 / Sound & Recording Magazine編集部 〔900
ポイント
18 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引
商品説明
発売日:2017年05月25日 / ジャンル:雑誌(情報) / フォーマット:雑誌 / 出版社:リットー ミュージック / 発売国:日本 / ISBN:040190717 / アーティストキーワード:Sound & Recording Magazine編集部 サウンドアンドレコーディング Soun・・・ 内容詳細:音楽制作に携わる人々に贈る専門誌【追悼企画】梯郁太郎氏が遺した「アートウェア」◎Introduction:梯郁太郎氏の歩み◎Chapter1:リズム・マシン〜ダンス・ビートを創出しクラブのスタンダードにACETONERhythmAce、ROLANDTR-808、TR-909、TR-707、TB-303、etc.〜伊藤圭一氏(KIMSTUDIO)、渡部高士氏、室井誠氏(ATV社長)◎Chapter2:シンセサイザー〜MIDI・・・
Yahoo!ショッピングローチケHMV Yahoo!ショッピング店価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン...Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン...2,496
ポイント
24 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
Yahoo!ショッピングティーライト通販ページへ
ZT AMP LunchboxZT AMP Lunchbox51,667送料無料
ポイント
516 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
これまでミニアンプといえば、小さくて軽いだけが取り柄で、実際に使うとなると音量が小さすぎたり、 癖が強すぎたりすることも少なくはありませんでした。 また、最近はオールチューブの小型アンプも発売されていて、 確かにヴィンテージアンプに近い音色を備えていますが、 それらは構造上どうしても10kg近い重さになってしまい、また真空管の特性ゆえに、 音量の調整も不器用なものが多いです。 しかし、LunchBoxは鞄に入れて持ち運べるほど小型で、 重量も5kg未満に抑えられているにもかかわらず、最大200Wの出力で、大きなステージや、 野外ステージでさえも十分に使うことができます。しかもその音色は並み居る名アンプにもひけをとらない、 すばらしいヴィンテージサウンドを実現しており、それはZZ TOPのビリー・ギボンズやエコー&ザ・バニーメン、 Mogwai、Sonic Youthのサーストン・ムーア/リー・ラナルドなどの著名アーティストが 実際にレコーディングやギグで使用していることでも証明されています。
Yahoo!ショッピングギタープラネット Yahoo!ショップ通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年05月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年05月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【表紙&特別インタビュー】 坂本龍一 8年ぶりの新作へと至る道のりをNYのプライベート・スタジオで明かす 【特集】 360° VRミュージック・ビデオ制作に挑む [特別企画] 1.ヒット曲にこの技あり サンプラーで作る“即戦力”サウンド 2.アナログ&モデリング・シンセの雄 ARTURIAのすべて
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
雑誌 サウンド&レコーディング・マガジン 2016年02月号 ※表紙スレあり雑誌 サウンド&レコーディング・マガジン 2016年02月号 ※表紙スレあり899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
サウンド&レコーディング・マガジン サウンド&レコーディング・マガジン ※表紙スレあり
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
【送料無料選択可】TVサントラ/もっとあぶない刑事 オリジナル・サウンド・トラック&ミュージックファイル【送料無料選択可】TVサントラ/もっとあぶない刑事 オリジナル・サウンド・トラック&ミュージックファイル3,240( 定価 3,600 円 )10%OFF!
発売日
2014/01/22
ポイント
32 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【送料無料も選べる!】2014/01/22発売 人気刑事アクションドラマ『もっとあぶない刑事』オリジナル・サウンドトラック盤の復刻と初CD化インスト楽曲を集めたスペシャルリマスター盤!! ディスク2は「スペシャル・ディスク」として、サントラ盤収録曲 のインストゥルメンタル (カラオケ)をロサンゼルス・レコーディングのマスターテープ類の中から発見! 一部はドラマでも使われていたこれらの音源を全曲収録。 ※カラオケには「TRASH」(歌: 柴田恭兵)は含まれません。 封入ブックレットは、歌詞の他にも、書き下ろし解説、オリジナル・ジャケット (帯、歌詞カードなどを含む)も掲載。
Yahoo!ショッピングネオウィングYahoo!店価格を比較する通販ページへ
Palmer PGA-04 【 MODERING & SIMULATOR 】【 レコーディング用シミュレーションアウト装備 】Palmer PGA-04 【 MODERING & SIMULATOR 】【 レコーディング用シミュレーションアウト装備 】64,800送料無料
ポイント
648 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
送料無料 音質とレベルがバリアブルに可変。 真空管アンプを直接接続できるロードボックス機能を搭載したラックタイプ。 作業の簡便性を求めてギター・プリアンプをコンソールにダイレクト接続した"ライン録り" やアンプ・シミュレーターを使用する方法が一般的でしたが、その音はギター本来のサウンドとは程遠いものでした。Palmer社はそれらの問題を解決するために様々なデバイスを開発し、マイキング・シュミレーターのリーディング・カンパニーとしてThe Rolling StonesやVan Halenを始めとした世界のトップミュージシャンに支持されています。
Yahoo!ショッピングミュージックランドKEY通販ページへ
LINE6 (ライン6) AMPLiFi 75 【 AMP MODELING RECORDING 】【 レコーディング用シミュレーション装備 】LINE6 (ライン6) AMPLiFi 75 【 AMP MODELING RECORDING 】【 レコーディング用シミュレーション装備 】45,900送料無料
ポイント
459 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
送料無料 AMPLIFiは、これまでのどのアンプとも全く異なる製品です。 画期的なマルチスピーカー構成により、他のアンプではできないディテール豊かなサウンドを実現。 強烈な内蔵DSPが優れたクオリティのトーンとエフェクトを提供します。 Bluetooth®対応ディバイスからトラックをAMPLIFiへ、ワイヤレスで直接ストリーミング。 内蔵フルレンジ・スピーカーが驚きのサウンドとボリュームをもたらし、カスタム・ギター・スピーカーはサブウーファーとして機能します。 曲に合わせたジャム演奏、バンド・リハーサルに対応する音量も、パーティでの大音量にも対応。 ケーブルからも、面倒な作業からも解放されます。 ギタリスト向けの、究極のストリーミング音楽システムの誕生です。
Yahoo!ショッピングミュージックランドKEY通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年03月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年03月号900
ポイント
45 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【表紙巻頭インタビュー】 KREVA 心機一転のニュー・アルバム「嘘と煩悩」を携え、MPC3000、プリセットへの偏愛、ラップ・ブームまで語る! 【特集】 D.O.I.xSUIが徹底解析! 2017年の“旬”なサウンド [特別企画] 「サブベース」を制覇する!
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年01月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年01月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【総力特集】 プライベート・スタジオ2017 100P以上の大ボリュームで19組の注目クリエイターたちがプライベート・スタジオを披露! オヴァル 上地等(BEGIN) TeddyLoid ALI&(80KIDZ) 保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE) 田中隼人 ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW) Dadub Kuniyuki Takahashi/REBEL MUSICAL mergrim Yui Onodera Yuto Uchino(The fin.) 麗(the GazettE) 小林うてな KOKIA ゲントウキ 山田ノブマサ 溝口肇
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
Palmer PGA-05 【 MODERING & SIMULATOR 】【 レコーディング用シミュレーションアウト装備 】Palmer PGA-05 【 MODERING & SIMULATOR 】【 レコーディング用シミュレーションアウト装備 】103,680送料無料
ポイント
1,036 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
送料無料 マイキング・シミュレーターはギターアンプのラインアウトやプリアンプのアウトプットをスピーカーからのサウンドにシミュレートするアナログフィルターです。スピーカーだけでなくマイクの特性もシミュレートすることからマイキングシミュレターと呼ばれています。 アンプ・シミュレーターとの違いは? アンプ・シミュレーターはギターの信号をデジタル処理してアンプのサウンドをシミュレートします。様々なアンプのサウンド・キャラクターが手軽に得られる反面、デジタル特有のサウンドの遅延や信号の強弱による音質変化が難しい等といった問題があり、ピッキングニュアンスを大切にするギタリストに大きなストレスを与えます。 マイキング・シミュレーターはアナログフィルターですから、そのような問題は皆無です。
Yahoo!ショッピングミュージックランドKEY通販ページへ
electro-harmonix Headphone Ampelectro-harmonix Headphone Amp7,344
ポイント
73 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、モバイルSuica、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
エレクトロ ハーモニック エレハモ Headphone Amp Personal practice amplification 超軽量でコンパクト、Electro-Harmonixらしいミュージシャンの為のヘッドフォン・アンプです。 ペダルエフェクトや楽器のトーンを最大限に活かす設計で、ハイゲインなサウンドにも対応可能。 近所に迷惑をかけずに、思いっきりラウドでファンキーにプレイできます。 *ヘッドフォンは付属しておりません。 【スペック】 ■楽器専用設計
Yahoo!ショッピング大谷楽器通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン     2017年  7月号サウンド&レコーディングマガジン 2017年 7月号900
発売日
2017/05/25
ポイント
27 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
音楽 - ソフト情報 発売日- 月刊 15日 出版社- リットーミュージック
Yahoo!ショッピングWINDY BOOKS on line通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年04月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年04月号900
ポイント
45 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【巻頭インタビュー】 テイ・トウワx石野卓球(電気グルーヴ) 「DJ」「人生初シンセ」「YMO」「創作活動」…最高峰クリエイター2人の初対談! 【特集】 空間 質感 グルーブを自在に操る ディレイ中上級メソッド [特別企画] 1.少しの音楽理論ですぐ使える!「ジャジーな響き」導入テク 2.UAD‐2プラグイン対応オーディオI/O Aplollo Twin MK2の全容
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年02月号雑誌 Sound & Recording Magazine(サウンド&レコーディング・マガジン) 2017年02月号899
ポイント
40 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【巻頭企画】 ア・トライブ・コールド・クエスト 奇跡のニュー・アルバムを緊急リリース! ヒップホップ界が誇る“探求の民”の全容に迫る 【特集】 2017年型サンプリング・ビートの極意 [特別企画] 匠が“アナログ”にこだわる理由 森元浩二、甲斐俊郎、高山徹 [Cross Talk] 光田康典x宮野幸子 劇伴から歌モノまで活用できる 譜面ソフト最新事情2017 ☆別冊付録: 音楽制作ツール購入ガイド「サンレコ for ビギナーズ!」
Yahoo!ショッピングMusicBook ヤフー店通販ページへ
【送料無料選択可】サントラ/テレビ朝日 開局45周年記念CD「流転の王妃・最後の皇弟」サウンド&ビジュアル メモリアルアルバム【送料無料選択可】サントラ/テレビ朝日 開局45周年記念CD「流転の王妃・最後の皇弟」サウンド&ビジュアル メモリアルアルバム3,402( 定価 3,780 円 )10%OFF!
発売日
2003/11/27
ポイント
34 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
【送料無料も選べる!】2003/11/27発売 テレビ朝日開局45周年記念番組として11月末に放送予定のドラマ、「流転の王妃・最後の皇弟」のオリジナルサウンドトラック!! ドラマは、豪華キャスト陣が顔を揃え、テレビ朝日が局をあげて制作。サウンドは、葉加瀬太郎が全面プロデュース!! さらに、貴重な映像(モスクワでのレコーディング映像、葉加瀬太郎によるコメント)を収録したDVD付き!! [この商品はコピーコントロールCDです]
Yahoo!ショッピングネオウィングYahoo!店価格を比較する通販ページへ
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン...Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン...1,161
ポイント
11 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
Yahoo!ショッピングティーライト通販ページへ
TECH21 SANSAMP RK5 『 リッチー・コッツェン シグネーチャーモデル』 マルチエフェクター&プリアンプ&レコーディング・ツール (国内正規品)TECH21 SANSAMP RK5 『 リッチー・コッツェン シグネーチャーモデル』 マルチエフェクター&プリアンプ&レコーディング・ツール (国内正規品)47,276送料無料
ポイント
472 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
全国1品から送料無料 リッチーと綿密な打ち合わせを重ね、彼の意見を尊重しながら、プレイやサウンドの細部に至るまで気を配ってRK5を設計しました。
Yahoo!ショッピングマーキュリーマーケット価格を比較する通販ページへ
リットーミュージック サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号【KBD】リットーミュージック サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号【KBD】1,000
【毎月25日発売】【追悼企画】梯郁太郎氏が遺した「アートウェア」 【追悼企画】梯郁太郎氏が遺した「アートウェア」 2017年4月に、惜しまれながらもこの世を去った梯郁太郎氏。日本が世界に誇る電子楽器の技術者である。梯氏はエース電子工業の設立/経営をへて、1972年にROLANDを創業。約40年に渡り同社に在籍し、数々の電子楽器/音響機器を開発してきた。1982年には、メーカーを問わずさまざまな電子楽器を接続して使うための国際標準規格=MIDIの開発/制定を主導。2013年にはその功績が評価され、“テクニカル・グラミー・アワード”を受賞した。そして近年は、83歳にして新メーカーATVを設立し、人生の集大成とも言える電子楽器を開発。この特集では、音楽制作に従事する世界中の人々に、優れた楽器や機材を提供し続けた梯氏の偉業を振り返る。氏をリスペクトしている人はもちろん、これから音楽の世界を担っていく世代にもご一読いただきたい。
楽天市場パワーレック鍵盤堂通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号 リットーミュージック899送料無料
巻頭インタビュー:水曜日のカンパネラ リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号【雑誌】進化し続けるミュージック・アイコン! その曲作り/レコーディング/ミックスに迫る■巻頭インタビュー水曜日のカンパネラ規格外のパフォーマーであるコムアイを中心に、トラック・メイカーのケンモチヒデフミ、ディレクターのDir.Fという布陣で、型にハマることの無い活動を続けている水曜日のカンパネラ。不思議な魅力を持ったコムアイのラップもさることながら、ヒップホップからハウスやフューチャー・ベースや民謡まで、とにかくさまざまな要素をマッシュ・アップした極上トラックを量産するケンモチを本誌も継続的に追い掛けてきた。そんな彼らが先ごろ、7曲入りEP『UMA』で堂々のメジャー・デビュー。ケンモチの3曲に加えて、海外の気鋭クリエイターたちによるトラック4曲を織り交ぜ、メジャー進出に対する気負いなど全く無い斬新なサウンドを聴かせてくれる。エキセントリックな部分に質問が集まりやすい彼らだが、弊誌はもちろん本作のレコーディング面をクローズ・アップ。メンバー3人に制作を振り返ってもらうとともに、ケンモチのトラック制作インタビュー、そして録音/ミックスを手掛けた松橋秀幸氏の談話を一気にお送りする。■特集プロが公開! ライブ用エレクトロニクス構築法 SEKAI NO OWARI/DJ KRUSH/AA=/Neutral/LM.CDAWシステムなどのエレクトロニクスは、人力だけで賄い切れないサウンドを実現する手段としてライブの現場でも重宝されている。しかしながら、シーケンスが絡むということは事前の仕込みが必須であり、さらには融通の利きにくさというウィーク・ポイントも付き物だ。そこで本企画では、一線で活躍するアーティスト5組がどのようにライブ用エレクトロニクスを構築/運用しているのか取材。トラック・メイカーからロック・バンド、スタジアム・クラスのポップ・スターまでさまざまなケースを取り上げたので、自らのライブに生かしてもらえると幸いだ。■特別企画1ROLI Seaboardが描く未来の音楽制作シーン2009年にローランド・ラム氏によって設立された英国の楽器メーカーROLI。そのROLIから発売された、キーボードとも異なる革新的なコントローラーSeaboardは、デザインから演奏性、そしてサウンドまで、すべてにおいて新時代の訪れをイメージさせられるものだ。本特集では、多くのクリエイターが注目する本機について、開発の経緯から実際の活用法、ミュージシャン(小山田圭吾、H ZETT M、砂原良徳)のインプレッションまで多角的に迫っていく。そしてこのSeaboardが、今後の音楽シーンにどんな影響を与えていくのか、その目撃者になっていただきたい。■特別企画2WaveLab Pro 9で本格セルフ・マスタリング!老舗マスタリング・ソフトのSTEINBERG WaveLabがユーザー・インターフェースも新たにPro 9 へとバージョン・アップを遂げた。M/S 処理やCubaseとの連携など、モダンな制作環境を見据えたパワーアップがなされ、個人レベルでさらに細やかなマスタリング作業が行えるようになったのが最大の注目ポイント。今回は、自身で作品を最後まで仕上げる注目のクリエイターゆよゆっぺ(自身の制作におけるWaveLab Pro 9の活用法について語るスペシャル・ムービーも公開!)とマスタリング・エンジニアの木村健太郎氏にWaveLab Pro 9を試してもらい、その使用感や音質をクリエイター/エンジニアの両目線から検証する。WaveLab Pro 9を活用した“セルフ・マスタリング”で、自身の楽曲の音質クオリティを1ランク上げていただきたい。■コンサート見聞録氷室京介@東京ドーム1980年代に活動を開始した伝説的ロック・バンド、BOOWYのボーカリストとして名をはせ、多くの熱狂的ファンを抱える氷室京介。これまでに精力的にツアーを行ってきた氷室ではあるが、ライブ活動の無期限休止を宣言し、去る4月の京セラドーム大阪での公演を皮切りに、ナゴヤドーム/ヤフオクドーム/東京ドーム、という日本の4大ドームを舞台としたファイナル・ツアー“LAST GIGS”を敢行。本稿では5月21 23日に東京ドームで行われた公演の内、2日目の模様をPA面に焦点を当ててレポートしていきたい。FOHエンジニアを担当したのは、エアロスミスやマイケル・ジャクソンなどの大物アーティストのライブを支えてきたケビン・エルソン氏。当日のPAシステムの選定方法や、ミックスの音作りの秘策を氏に聞けたので、ミュージシャンの使用エフェクト・ペダルなど、豊富な機材写真とともにお届けしていこう。■Special Interviewブンブンサテライツ中野雅之と川島道行から成るブンブンサテライツ。先日、中野が自身のブログで発表したように、川島が脳腫瘍による麻痺などの後遺症のため音楽活動を継続することが不可能となり、6月22日にリリースした10枚目のアルバム『LAY YOUR HANDS ON ME』をもってバンドの歴史に幕を下ろすこととなった。川島の体力的な限界が迫る中、これが最後の作品になると自覚して制作を開始し、見事にそれを完遂した2人。それがどれほど困難なものであったのかは想像を絶するが、届けられた作品はフィナーレにふさわしい高揚と静謐とが同居した素晴らしい音楽であった。1997年にベルギーのR&Sレコーズからデビューして以来、唯一無二なサウンドを作り続けてきたブンブンサテライツ。本誌はそんな彼らをずっと追い続けてきたが、残念ながら今回の中野へのインタビューがその最後となる。■Production Reportルーカス・グラハム『ルーカス・グラハム』今まで、ポップ・ミュージックの世界でデンマークが注目を浴びることは長らくなかった。だが、コペンハーゲン出身の4人組バンド、ルーカス・グラハムによってこの長き沈黙は破られることとなった。彼らのバラード曲『セブン・イヤーズ』は世界中でメガヒットをたたき出したのだ。共同作曲家/プロデューサーであるモーテン“パイロ”パイルガードと、エンジニアのデルバート・ボワーズがこのプロダクションの手法で大きな役割を果たした。ロサンゼルスから2人に、Skypeを通じて本作のメイキング・ストーリーを語ってもらおう。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち堤博明映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは堤博明氏。幼少期にピアノを習うも、中学生時代からギターに没頭し、高校2年のとき、弊社『ギター・マガジン』の誌上コンテストでグランプリを獲得した。その後、国立音楽大学へ進学。卒業後はギタリストとしてユニット・デビューするなど、ミュージシャンの道を着実に歩んでいた氏だが、あるきっかけから映像音楽の作曲者へと転向する。現在はアニメ、映画、ドラマなど、多くの作品に携わるようになっている。これまでの経緯を自身のプライベート・スタジオにて聞いていこう。■PEOPLEガービッジラン・フォー・ヴィクトリーRyu☆浜崎容子underslowjams■Beat Makers Laboratory:カーク・ナイト■REPORT音響設備ファイル TOKYO SOUND STUDIO製品開発ストーリー SOFTUBE Console 1&ModularNATIVE SESSIONS@YouTube Space Tokyo 鈴木光人が語るゲーム音楽制作の心得ライブ・スペース訪問 新宿Zirco Tokyo■NEW PRODUCTS◎DAVE SMITH INSTRUMENTS OB-6◎APPLIED ACOUSTICS SYSTEMS Chromaphone 2◎OUTPUT Movement◎EVENTIDE Tverb◎SLATE DIGITAL Virtual Preamp Collection◎ZOOM U-44◎CME Xkey Air 37◎PIONEER DJ XPRS 12 & XPRS 215S◎JBL PROFESSIONAL SRX835P Powered & SRX828SP Powered◎CLASSIC PRO MoniOne◎YAMAHA PX5◎MOGEES Mogees■LIBRARY◎SPITFIRE AUDIO JOEY SANTIAGO◎BINGOSHAKERZ TECH HOUSE GROOVES BY GIANNI FIRMAIO■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 小田桐ゆうき◎IMAGE-LINE FL Studio 12 DJ Myosuke◎ABLETON Live 9 Linn Mori◎APPLE Logic Pro X 上野耕路◎AVID Pro Tools 中村文俊◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウ◎PRESONUS Studio One 加納洋一郎■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 國本 怜◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 岡崎体育のSTEINBERG Cubase Pro 8■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/264ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2016年8月号/(株)リットーミュージック【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2016年8月号/(株)リットーミュージック【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2016年8月号 進化し続けるミュージック・アイコン! その曲作り/レコーディング/ミックスに迫る■巻頭インタビュー水曜日のカンパネラ規格外のパフォーマーであるコムアイを中心に、トラック・メイカーのケンモチヒデフミ、ディレクターのDir.Fという布陣で、型にハマることの無い活動を続けている水曜日のカンパネラ。不思議な魅力を持ったコムアイのラップもさることながら、ヒップホップからハウスやフューチャー・ベースや民謡まで、とにかくさまざまな要素をマッシュ・アップした極上トラックを量産するケンモチを本誌も継続的に追い掛けてきた。そんな彼らが先ごろ、7曲入りEP『UMA』で堂々のメジャー・デビュー。ケンモチの3曲に加えて、海外の気鋭クリエイターたちによるトラック4曲を織り交ぜ、メジャー進出に対する気負いなど全く無い斬新なサウンドを聴かせてくれる。エキセントリックな部分に質問が集まりやすい彼らだが、弊誌はもちろん本作のレコーディング面をクローズ・アップ。メンバー3人に制作を振り返ってもらうとともに、ケンモチのトラック制作インタビュー、そして録音/ミックスを手掛けた松橋秀幸氏の談話を一気にお送りする。■特集プロが公開! ライブ用エレクトロニクス構築法〜SEKAI NO OWARI/DJ KRUSH/AA=/Neutral/LM.CDAWシステムなどのエレクトロニクスは、人力だけで賄い切れないサウンドを実現する手段としてライブの現場でも重宝されている。しかしながら、シーケンスが絡むということは事前の仕込みが必須であり、さらには融通の利きにくさというウィーク・ポイントも付き物だ。そこで本企画では、一線で活躍するアーティスト5組がどのようにライブ用エレクトロニクスを構築/運用しているのか取材。トラック・メイカーからロック・バンド、スタジアム・クラスのポップ・スターまでさまざまなケースを取り上げたので、自らのライブに生かしてもらえると幸いだ。■特別企画1ROLI Seaboardが描く未来の音楽制作シーン2009年にローランド・ラム氏によって設立された英国の楽器メーカーROLI。そのROLIから発売された、キーボードとも異なる革新的なコントローラーSeaboardは、デザインから演奏性、そしてサウンドまで、すべてにおいて新時代の訪れをイメージさせられるものだ。本特集では、多くのクリエイターが注目する本機について、開発の経緯から実際の活用法、ミュージシャン(小山田圭吾、H ZETT M、砂原良徳)のインプレッションまで多角的に迫っていく。そしてこのSeaboardが、今後の音楽シーンにどんな影響を与えていくのか、その目撃者になっていただきたい。■特別企画2WaveLab Pro 9で本格セルフ・マスタリング!老舗マスタリング・ソフトのSTEINBERG WaveLabがユーザー・インターフェースも新たにPro 9 へとバージョン・アップを遂げた。M/S 処理やCubaseとの連携など、モダンな制作環境を見据えたパワーアップがなされ、個人レベルでさらに細やかなマスタリング作業が行えるようになったのが最大の注目ポイント。今回は、自身で作品を最後まで仕上げる注目のクリエイターゆよゆっぺ(自身の制作におけるWaveLab Pro 9の活用法について語るスペシャル・ムービーも公開!)とマスタリング・エンジニアの木村健太郎氏にWaveLab Pro 9を試してもらい、その使用感や音質をクリエイター/エンジニアの両目線から検証する。WaveLab Pro 9を活用した“セルフ・マスタリング”で、自身の楽曲の音質クオリティを1ランク上げていただきたい。■コンサート見聞録氷室京介@東京ドーム1980年代に活動を開始した伝説的ロック・バンド、BOOWYのボーカリストとして名をはせ、多くの熱狂的ファンを抱える氷室京介。これまでに精力的にツアーを行ってきた氷室ではあるが、ライブ活動の無期限休止を宣言し、去る4月の京セラドーム大阪での公演を皮切りに、ナゴヤドーム/ヤフオクドーム/東京ドーム、という日本の4大ドームを舞台としたファイナル・ツアー“LAST GIGS”を敢行。本稿では5月21〜23日に東京ドームで行われた公演の内、2日目の模様をPA面に焦点を当ててレポートしていきたい。FOHエンジニアを担当したのは、エアロスミスやマイケル・ジャクソンなどの大物アーティストのライブを支えてきたケビン・エルソン氏。当日のPAシステムの選定方法や、ミックスの音作りの秘策を氏に聞けたので、ミュージシャンの使用エフェクト・ペダルなど、豊富な機材写真とともにお届けしていこう。■Special Interviewブンブンサテライツ中野雅之と川島道行から成るブンブンサテライツ。先日、中野が自身のブログで発表したように、川島が脳腫瘍による麻痺などの後遺症のため音楽活動を継続することが不可能となり、6月22日にリリースした10枚目のアルバム『LAY YOUR HANDS ON ME』をもってバンドの歴史に幕を下ろすこととなった。川島の体力的な限界が迫る中、これが最後の作品になると自覚して制作を開始し、見事にそれを完遂した2人。それがどれほど困難なものであったのかは想像を絶するが、届けられた作品はフィナーレにふさわしい高揚と静謐とが同居した素晴らしい音楽であった。1997年にベルギーのR&Sレコーズからデビューして以来、唯一無二なサウンドを作り続けてきたブンブンサテライツ。本誌はそんな彼らをずっと追い続けてきたが、残念ながら今回の中野へのインタビューがその最後となる。■Production Reportルーカス・グラハム『ルーカス・グラハム』今まで、ポップ・ミュージックの世界でデンマークが注目を浴びることは長らくなかった。だが、コペンハーゲン出身の4人組バンド、ルーカス・グラハムによってこの長き沈黙は破られることとなった。彼らのバラード曲『セブン・イヤーズ』は世界中でメガヒットをたたき出したのだ。共同作曲家/プロデューサーであるモーテン“パイロ”パイルガードと、エンジニアのデルバート・ボワーズがこのプロダクションの手法で大きな役割を果たした。ロサンゼルスから2人に、Skypeを通じて本作のメイキング・ストーリーを語ってもらおう。■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち堤博明映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは堤博明氏。幼少期にピアノを習うも、中学生時代からギターに没頭し、高校2年のとき、弊社『ギター・マガジン』の誌上コンテストでグランプリを獲得した。その後、国立音楽大学へ進学。卒業後はギタリストとしてユニット・デビューするなど、ミュージシャンの道を着実に歩んでいた氏だが、あるきっかけから映像音楽の作曲者へと転向する。現在はアニメ、映画、ドラマなど、多くの作品に携わるようになっている。これまでの経緯を自身のプライベート・スタジオにて聞いていこう。■PEOPLEガービッジラン・フォー・ヴィクトリーRyu☆浜崎容子underslowjams■Beat Makers Laboratory:カーク・ナイト■REPORT音響設備ファイル TOKYO SOUND STUDIO製品開発ストーリー SOFTUBE Console 1&ModularNATIVE SESSIONS@YouTube Space Tokyo〜鈴木光人が語るゲーム音楽制作の心得ライブ・スペース訪問 新宿Zirco Tokyo■NEW PRODUCTS◎DAVE SMITH INSTRUMENTS OB-6◎APPLIED ACOUSTICS SYSTEMS Chromaphone 2◎OUTPUT Movement◎EVENTIDE Tverb◎SLATE DIGITAL Virtual Preamp Collection◎ZOOM U-44◎CME Xkey Air 37◎PIONEER DJ XPRS 12 & XPRS 215S◎JBL PROFESSIONAL SRX835P Powered & SRX828SP Powered◎CLASSIC PRO MoniOne◎YAMAHA PX5◎MOGEES Mogees■LIBRARY◎SPITFIRE AUDIO JOEY SANTIAGO◎BINGOSHAKERZ TECH HOUSE GROOVES BY GIANNI FIRMAIO■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 小田桐ゆうき◎IMAGE-LINE FL Studio 12 DJ Myosuke◎ABLETON Live 9 Linn Mori◎APPLE Logic Pro X 上野耕路◎AVID Pro Tools 中村文俊◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウ◎PRESONUS Studio One 加納洋一郎■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 國本 怜◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜岡崎体育のSTEINBERG Cubase Pro 8■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:264JANコード:4910040190868出版年月日:2016/08/01JANコード:4910040190868【島村管理コード:15120160624】 お取り寄せ品 1週間以内 に発送予定 詳しい納期はご注文確定後に別途ご連絡いたします。
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ1【電子書籍】[ 松武秀樹 ]松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ1【電子書籍】[ 松武秀樹 ]1,080送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 1971年に冨田勲のマネージメント会社に入ってシンセサイザーを学び、独立後の1970年代後半からはYMOのレコーディングやライブで重要な役割を果たし、“4人目のYMO”と呼ばれた松武秀樹。日本をいや世界を代表するシンセサイザー・プログラマーとして、特にMOOGやE-MUのモジュラー・システムを使った音作りについては右に出る者がいない。そんな彼がサウンド&レコーディング・マガジンの1995年6月号から1999年6月号まで4年にわたって連載していたセミナーを電子書籍化したのが本書。シンセサイザーの基礎から、Eurorackのオリジネイターとして大人気のDOEPFERモジュラー・シンセを使ったサウンド制作までを懇切丁寧に解説している。連載時から20年経過した今も、そのノウハウは決して古びることなく、現代の音楽制作環境においても活用可能。シンセサイザーを使って個性ある音作りをする上で、全クリエイター必携の書である。※この電子書籍に対応した音源をYouTubeで聴くことができます(URLは本編の11章に明記しています)。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号【雑誌】【2500円以上送料無料】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号【雑誌】【2500円以上送料無料】899
出版社リットーミュージック発行年月日2017年05月25日雑誌JANコード4910040190776雑誌版型B54910040190776内容紹介【追悼企画】●梯郁太郎氏が遺した「アートウェア」 —2017年4月に、惜しまれながらもこの世を去った梯郁太郎氏。 日本が世界に誇る電子楽器の技術者である。 梯氏はエース電子工業の設立・経営をへて、 1972年にROLANDを創業。 約40年に渡り同社に在籍し、数々の電子楽器・音響機器を 開発してきた。 1982年には、メーカーを問わずさまざまな電子楽器を 接続して使うための国際標準規格=MIDIの開発・制定を主導。 2013年にはその功績が評価され、 “テクニカル・グラミー・アワード”を受賞した。 そして近年は、83歳にして新メーカーATVを設立し、 人生の集大成とも言える電子楽器を開発。 この特集では、音楽制作に従事する世界中の人々に、 優れた楽器や機材を提供し続けた梯氏の偉業を振り返る。 ◇梯郁太郎氏の歩み ◇リズム・マシン 〜ダンス・ビートを創出しクラブのスタンダードに ◇シンセサイザー 〜MIDIの制定によって“いち楽器”の枠を超越した ◇レコーディング&MIDIツールス 〜“卓上スタジオ”を実現し音楽制作のプロセスを変革 ◇3Dサウンド&ビジュアル 〜音楽を立脚点として近隣分野の表現ツールも開発 ◇梯氏のマインドを受け継ぐ者たち●トム・コイン 〜偉大なるマスタリング・エンジニアの功績をD.O.I.が振り返る[SPECIAL INTERVIEW]◆ザ・ウィークエンド[コンサート見聞録]◆KREVA@神奈川県民ホール[映像を音で彩る作曲家たち]◆三宅一徳[PEOPLE]◎tofubeats◎DUB SQUAD◎KASHIF[Beat Makers Laboratory]◆ニック・ホップナー《新連載》◆気鋭クリエイターが語る! とっておきのプラグイン・テクニック…ほか※本データはこの商品が発売された時点の情報です。
楽天市場オンライン書店boox通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【追悼企画】梯郁太郎氏が遺した「アートウェア」2017年4月に、惜しまれながらもこの世を去った梯郁太郎氏。日本が世界に誇る電子楽器の技術者である。梯氏はエース電子工業の設立/経営をへて、1972年にROLANDを創業。約40年に渡り同社に在籍し、数々の電子楽器/音響機器を開発してきた。1982年には、メーカーを問わずさまざまな電子楽器を接続して使うための国際標準規格=MIDIの開発/制定を主導。2013年にはその功績が評価され、“テクニカル・グラミー・アワード”を受賞した。そして近年は、83歳にして新メーカーATVを設立し、人生の集大成とも言える電子楽器を開発。この特集では、音楽制作に従事する世界中の人々に、優れた楽器や機材を提供し続けた梯氏の偉業を振り返る。◎Introduction:梯郁太郎氏の歩み◎Chapter 1:リズム・マシン〜ダンス・ビートを創出しクラブのスタンダードにACETONE Rhythm Ace、ROLAND TR-808、TR-909、TR-707、TB-303、etc.◎Chapter 2:シンセサイザー〜MIDIの制定によって“いち楽器”の枠を超越したROLAND System-700、System-100M、Jupiter-8、VP-330、D-50、GR-500、MC-8、etc.◎Chapter 3:レコーディング&MIDIツールス〜“卓上スタジオ”を実現し音楽制作のプロセスを変革ROLAND VS-880、VS-1680、VS-1824CD、RE-201、SDE-3000、SRV-2000、etc.◎Chapter 4:3Dサウンド&ビジュアル〜音楽を立脚点として近隣分野の表現ツールも開発ROLAND RSSシリーズ、V-5、V-4、DV-7、etc.◎Special Interview:梯氏のマインドを受け継ぐ者たち■追悼企画 トム・コイン偉大なるマスタリング・エンジニアの功績をD.O.I.が振り返る■SPECIAL INTERVIEWザ・ウィークエンド■コンサート見聞録KREVA@神奈川県民ホール■behind the scene三宅一徳■PEOPLE◎tofubeats◎DUB SQUAD◎KASHIF■Beat Makers Laboratoryニック・ホップナー■REPORT◎NYジャズ・レコーディング記 by Akihiro Nishimura(後編)◎【新連載】気鋭クリエイターが語る! とっておきのプラグイン・テクニック◎音響設備ファイル ナガシマスパーランド/大阪音楽大学◎Superbooth 17◎6月10日開催決定! “SPITFIRE AUDIO 10th Anniversary”◎日本大学藝術学部 音楽学科〜活躍するクリエイター/在校生が語る魅力◎UADプラグインが変える音楽制作の現場 渡辺省二郎◎さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓 YAMAHA TFシリーズ◎現場で真価を発揮するBOSE F1 System 東京音響通信研究所◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 奥田泰次◎ライブ・スペース訪問 KIYAMACHI Indigo■NEW PRODUCTS◎PREVIEW ◎BEHRINGER DeepMind 12 ◎ARTURIA MatrixBrute ◎TRACKTION Waveform ◎PIONEER DJ Toraiz AS-1 ◎MAAG AUDIO Magnum-K ◎RUPERT NEVE DESINGS R10 ◎ADAM S2V/S3V ◎EVENTIDE Fission ◎SPITFIRE AUDIO London Contemporary Orchestra Strings ◎DOUBLE ZERO Double Zero 001■LIBRARY■DAW AVENUE■COLUMN■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号 リットーミュージック900送料無料
巻頭企画:ア・トライブ・コールド・クエスト リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【音楽書】奇跡のニュー・アルバムを緊急リリース! ヒップホップ界が誇る“探求の民”の全容に迫る■巻頭企画:ア・トライブ・コールド・クエストQ・ティップ(rap、prog)を中心にアリ・シャヒード(prog、scratch)、ファイフ・ドーグ(rap)、ジェロビ・ホワイト(ap)から成るニューヨークのヒップホップ・アクト=ア・トライブ・コールド・クエスト。1990 年にデビューした彼らは洗練されたプロダクションと理性的なライムでシーンに大きなインパクトを与え、“ニュースクール”ムーブメントを主導。その後もアルバムをリリースするたびに自らのサウンドを更新し、J・ディラという新たな才能を発掘しつつ、ファレル・ウィリアムス、カニエ・ウェスト、ザ・ルーツなど第一線で活躍するヒップホップ・アーティストに多大な影響を与えてきた。そんな彼らが、2016 年10 月に突如18 年ぶりの新作をリリースするとアナウンス。デジタルで先行発売された『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』はビルボード全米チャートで初登場1位を獲得し、あらためてシーンの注目度の高さを証明してみせた。本稿ではエンジニアのブレア・ウェルズやキーボーディストのBIGYUKIなど関係者の証言からこの“奇跡の新作”を解析するとともに、デビュー作からのディスコグラフィを併載。初期のサウンドに大きな貢献を果たしたボブ・パワー、TOWA TEIらのインタビューも交えつつ、デビューから25 年が経った現在も輝きを失わない“探求の民”の全容に迫る。■特集:2017年型サンプリング・ビートの極意ア・トライブ・コールド・クエストの新作『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』のリリースにより、あらためて注目を集めているサンプルを使った・ビート。もともとは1980 年代にニューヨークのヒップホップDJ がターンテーブルとレコードを使って発見した“ブレイクビーツ”の概念が元となって生まれたフレーズ・サンプリングですが、DAW やソフト音源の進化によってその手法は日々更新されており、今や他人のレコードを使わなくとも質感豊かなビートを作れるようになりました。サンプリングが依然として現代的なポップスの制作手法として有効なことは、ジ・インターネットやアンダーソン・パークなどが台頭しているシーンの現状からも明らかでしょう。今回はヒップホップを出自としつつ、バンドもののポップスなど幅広い音楽を手掛けるプロデューサー/ドラマーのmabanuaを講師に迎え、最新のビート・メイクの手法を伝授していただきます。■特別企画匠が“アナログ”にこだわる理由 森元浩二.、甲斐俊郎、高山徹“太い”“温かい”“丸い““にじむ”……アナログの音を形容する言葉は多数あるだろうが、本当にそれがすべてを言い表しているのだろうか? そんな疑問を抱いた編集部では、このDAW全盛時代においてミックスでアナログ機材を多用するエンジニア3氏に取材。DAW内部でのデジタル処理と対比しながら、仕事を通じた各氏の“アナログへのこだわり”を語っていただくことで、アナログ/デジタルそれぞれの利点をあらためて考えながら、アナログ・アウトボードやコンソールの真価へ迫ってみることにしたい。■コンサート見聞録布袋寅泰@NHKホールアーティスト活動35周年を迎えた布袋寅泰のアニバーサリー・プロジェクト“8BEATのシルエット”。そのプロジェクト第7弾となる全国ホール・ツアー“Maximum Emotion Tour The Best for the Future ”が12月1日にファイナルを迎え、多くのファンが会場となったNHKホールへ訪れた。本稿では、気になる布袋のギターやサウンド・システム、ライブのPA機材など、多くの機材写真とともにPA面からライブ・レポートをお届けする。■ミックス解剖学トゥエンティ・ワン・パイロッツ「ヒーサンズ」 by アダム・ホーキンス海外のトップ・エンジニアに自身の手掛けたヒット曲のミックス手法を直接解説してもらう本連載。今回登場していただくのはアダム・ホーキンス。ノースカロライナに生まれのホーキンスは、1996年にグリーンズボローにある小さいスタジオで働き始めた。その後ニューヨークへ渡り、ユニーク、ソニー、ヒット・ファクトリーなどのスタジオに勤める。25歳でLAに移ると、トップ・プロデューサーのマイク・エリゾンドと出会い、トゥエンティ・ワン・パイロッツの仕事をすることになり「ストレスド・アウト」「ライド」と、大ヒット曲を生み出した。それに続く「ヒーサンズ」は、映画『スーサイド・スクワット』のサウンドトラックのリード曲で、2016年で最も成功した作品の一つだ。同曲のミックスについて、ホーキンスが自身のスタジオ、アカシア・サウンドで語ってくれた。■CrossTalk 光田康典×宮野幸子劇伴から歌モノまで活用できる譜面ソフト最新事情2017音楽制作において譜面は、レコーディングやリハーサル時などに、各ミュージシャンの共通言語として使用されている。特にオーケストラを扱う劇伴では必須であり、作曲家はその譜面を完成させるまでが作業の一環となっている。一方、ポップス系の歌モノやバンド・アンサンブルにも、マスター譜からピアノ譜など、譜面は幅広く活用されている。現在の譜面作成はソフトウェアが主流だが、古参のMAKEMUSIC Finale、AVID Sibeliusのほか、PRESONUS Notion、STEINBERG Doricoといったタイトルが出そろってきた。今回はこれら4製品について、劇伴を中心にバンド、歌モノとさまざまな場面で譜面ソフトを活用している作曲家、光田康典と、光田のオーケストレーターのほか、さまざまな楽曲やコンサートのアレンジを手掛けてきた宮野幸子の両名に、その使用方法や特長といった“譜面ソフトの最新事情”を語ってもらった。◎登場製品AVID SibeliusMAKEMUSIC FinalePRESONUS NotionSTEINBERG Dorico■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち平沢敦士映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは平沢敦士氏。中学のときにゲーム音楽に興味を持ち、高校になるとエレキギターを始め、卒業後はバンドでのデビューを目指し上京する。数年間のバンド活動の後、氏はCM音楽と出会い、作曲家としての道を歩むことになる。CM作家の活動を中心に行う中、劇伴作品も手掛けるようになり、TVドラマ『山田太郎ものがたり』『最後から二番目の恋』『三匹のおっさん』のほか、映画、アニメ作品も担当してきた。ここでは、氏のプライベート・スタジオで、これまでの音楽歴を語ってもらおう。■不定期新連載 oscillator lovers by yukihiro【第4回】牛尾憲輔(agraph)本稿はyukihiro(L'Arc-en-Ciel/acid android/geek sleep sheep)が毎回さまざまなゲストとともに、あるテーマを設けて語り合うという不定期連載。今月のゲストは、電子音楽家として多岐にわたる活動を展開し、映画『聲の形』の音楽を手掛けたことも記憶に新しい牛尾憲輔(agraph)。シンセ好きという共通項でyukihiroとも親交があり、L'Arc-en-Cielの最新シングル収録曲「Cradle -L'Acoustic version-」の共同プロデューサーにも抜てきされた。前半はそんな同曲の制作過程をテーマに、後半は二人のシンセ事情についてざっくばらんに語り合ってもらった。■PEOPLEKan Sano冨田ラボyahyel池田亮司minus( )■Beat Makers Laboratory:TBアーサー■REPORT◎ミックス・コンテスト結果発表◎音響設備ファイル ガジェット通信フロア◎Inter BEE 2016レポート◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 松浦晃久◎ライブ・スペース訪問 表参道WALL&WALL■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎STEINBERG Cubase Pro 9◎APOGEE Element 88◎ELEKTRON Analog Heat◎ARTURIA DrumBrute◎IK MULTIMEDIA Modo Bass◎SLATE DIGITAL VerbSuite Classics◎AUDIONAMIX SVC◎SE ELECTRONICS V7◎ZOOM Q2N◎ULTRASONE Edition 8 EX◎MACKIE. Axis◎YAMAHA TF-Rack◎JBL PROFESSIONAL Eon One■LIBRARY◎IRRUPT『ANALOG ATTRIBUTIONS』◎SOUNDIRON『SICK 6』■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 9 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 Noah◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One Linia■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 由雄正恒◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 toku(GARNiDELiA)のSSL X-Desk■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS■付録小冊子音楽制作ツール購入ガイド『サンレコ for ビギナーズ2017』仕様:B5変形判/248ページ/小冊子付き
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年3月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年3月号 リットーミュージック900送料無料
巻頭インタビュー KREVA リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年3月号 【音楽書】心機一転のニュー・アルバム『嘘と煩悩』を携え、MPC3000、プリセットへの偏愛、ラップ・ブームまで語る!■巻頭インタビューKREVA2004年のソロ・デビュー以降、ヒップホップとJポップの架け橋となり、日本の音楽シーンにおいて異例のポジションを築き上げたKREVA。この度レーベルを移籍して、心機一転となる4年ぶりの新作を2月1日にリリースする。KREVA節とも言える流麗なラップはもとより、グルーブの微細な揺れまでこだわったトラックにもクリエイター・KREVAの飽くなきこだわりが満載。ダンス・ミュージックの強力なボトムと普遍的なポップスとしてのコード・ワークを両立し、本作も多くの人の耳を魅力することだろう。そんなKREVAの機材愛について、サンレコ目線からたっぷりと聞いてみたいと思う。彼のプライベート・スタジオ“monday night studio駒場”の貴重なショットや、エンジニアリングを務めたG.M-KAZ氏のインタビューも掲載。■特集D.O.I.×SUIが徹底解析!2017年の“旬な”サウンド2016 年もアメリカ/ヨーロッパ/日本では数多くの音楽作品がリリースされ、チャートをにぎわせました。今やWebでのリリースは当たり前となり、ついにはストリーミングのみで全米チャート入りするアルバムが出て来たり、YouTubeでのMV 視聴回数がチャートに影響するようになったりと、音楽的流行やシーンの全体像を把握するのはますます難しくなってきています。そこで昨年に引き続き、毎月本誌にて“新しいサウンド”への鋭いアンテナを披露しているエンジニアのD.O.I. 氏とSUI 氏を迎え、2016 年でプロダクションが印象に残ったアーティストやエンジニアの選出を依頼。音楽的な傾向や制作機材への解析を重ねることで、サンレコ的な目線でサウンドのトレンドを浮き彫りにします。本稿で“旬な”サウンドの傾向を把握し、2017 年も音楽制作に励みましょう。■特別企画「サブベース」を制覇する!ベースよりも低い周波数帯域を鳴らす“サブベース”。トラップやEDM、テクノといったクラブ・ミュージックに無くてはならないものですが、昨今はR&Bやロックなどのジャンルでも使われるようになりました。本誌読者の中にも“自分の曲でかっこよくサブベースを鳴らしてみたい”と思っている人が多いのでは……? この企画では、モニタリングしづらく操りにくいサブベースをうまく鳴らす方法について、敏腕ビート・メイカーのRLPがガッツリ解説。“サブベースを鳴らしているんだけど、どうも抜けてこない”“キックとの住み分けは……?”などと悩んでいる人、必読です!■コンサート見聞録BUCK-TICK@日本武道館2016年12月29日、BUCK-TICKのツアー“TOUR アトム 未来派 No.9”のファイナルが日本武道館で行われた。彼らが12月29日に日本武道館でライブを行うのはなんと17年連続。楽曲/歌詞/演出で魅せるBUCK-TICK独自の世界感は多くのファンを生み出し続け、今年でデビュー30周年を迎えることとなった。本稿では、30年近く彼らのメイン・ミキシングを担当しているエンジニアが語る音作り、ライブの機材写真とともにPA面からライブをレポートしていく。■PRODUCTION REPORTボン・イヴェール「10 d E A T h b R E a s T 」米ウィスコンシン州出身のシンガー・ソング・ライター、ジャスティン・ヴァーノンのソロ・プロジェクト=ボン・イヴェール。2011年に発表したセカンド・アルバム『ボン・イヴェール』ではグラミーを受賞し、2016年には5年ぶりとなる新作『22、ア・ミリオン』を発売した。本作は激しく処理されたボーカルやサックス、ピアノをはじめとした大量のサンプルや楽器のサウンドによる底知れず不気味な世界観を持ち、“無限をつかんだ驚異的なレコード”“永遠のスケールを持つ宇宙的なフォーク”とまで称されている。このアルバムの制作過程を、ヴァーノンとヴァーノンのスタジオであるエイプリル・ベースのマネージャーのクリス・メッシーナ、ミックス・エンジニアのザック・ヘンソンの証言から振り返っていこう。■CLASSIC TRACKSパブリック・イメージ・リミテッド「ライズ」1986年にジョン・ライドンは、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったプロデューサーのビル・ラズウェルとニューヨークのスタジオ=ザ・パワー・ステーションに入り、ジンジャー・ベイカー、スティーヴ・ヴァイ、トニー・ウィリアムスら名だたるセッション・ミュージシャンたちとともに『album』を制作した。後にパブリック・イメージ・リミテッド(PiL)の代表曲となる「ライズ」は、このアルバムに収録され、シングル・カットされた曲である。同盤の発売30周年を記念して制作された『album(スーパー・デラックス・エディション)』のリリースを機に、ライドンとラズウェルの2人が「ライズ」の制作過程を振り返る。SR201703_IN05.pngSR201703_IN06.png■CrossTalk Mine-Chang×Nagie人工知能プラグインは人間のミックスを超えられるか?〜IZOTOPE Neutron昨年末にリリースされるやいなや、たちまち話題となったチャンネル・ストリップ・プラグイン、IZOTOPE Neutron。トラックの音声を分析してその種別や特性を把握し、その音声に対して適切な処理を施すという、いわば人工知能のような画期的な機能を備えた複合エフェクトだ。今回は、自身でトラック制作も手掛けるエンジニア、Mine-ChangとNagieの両氏にこのNeutronを試していただき、新世代プラグインよる自動処理がミックスに何をもたらすのかを語ってもらうことにした。■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち梁邦彦映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは梁邦彦氏。幼少期からピアノを習い、中学でバンドを開始した後、医大へ進学。在学中にプロ活動も始める。卒業後は麻酔科医として働くが1年で辞め、音楽家として本格的に活動を開始した。そして浜田省吾など多くのツアーや作品に参加。さらにはソロ・デビューとドラマやアニメ、ドキュメンタリーなどの映像音楽の世界にも進出するなど、その活動は実に多岐に渡る。そんな氏の音楽歴を振り返ってもらうため、軽井沢に構えるプライベート・スタジオで話を聞いた。■PEOPLESUGIZOジョセフ・ライムバーグSuchmosぼくのりりっくのぼうよみコアラモード.坂田学■Beat Makers Laboratory:マスター・エース■REPORT音響設備ファイル Studio On-paGENELECの革新的なモニタリング技術 SAMシステムの有用性音響の現場で信頼を集めるデジタル卓 YAMAHA TFシリーズMACKIE. Axisの現場 日本電子音楽協会 第20回記念演奏会音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 田中知之(FPM)ライブ・スペース訪問 青山RizM■NEW PRODUCTSPREVIEWSLATE DIGITAL Virtual Microphone SystemWALDORF KB37PRESONUS StudioLive AR8 USB/AR12 USBMACKIE. XR624TASCAM TM-280WAVES Abbey Road VinylCINEMATIC STRINGS Cinematic Studio StringsKORG MonologueTURBOSOUND IP2000PIONEER DJ WeDJ■LIBRARYZENHISER『LINNDRUM - THE DRUM MACHINE』SAMPLEPHONICS『ATMOSPHERIC GARAGE』■DAW AVENUESTEINBERG Cubase Pro 9 SUIIMAGE-LINE FL Studio 12 NoahABLETON Live 9 GuruConnectAPPLE Logic Pro X TSUTCHIEAVID Pro Tools 田中潤(ゲントウキ)PRESONUS Studio One Linia■COLUMNMaxで作る自分専用パッチ leicoflumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUITHE CHOICE IS YOURS 原雅明素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦Berlin Calling 浅沼優子音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎H2のエレクトロニクス回想記祐天寺浩美のお部屋一刀両断私の手放せない一品〜磯貝サイモンのNEVE 1064■SOUND & RECORDING REVIEWNEW DISCENGINEERS’ RECOMMENDBOOKSNEWS仕様 B5変形判/248ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年6月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年6月号【電子書籍】1,000送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【85ページ総力特集】TM NETWORK「Get Wild」の記憶と記録TM NETWORKのシングル『Get Wild』のリリース30周年を記念して、オリジナルからライブ・テイク、リミックス、カバーまで36バージョンをCD×4枚組に収めた『Get Wild Song Mafia』がこの4月にリリースされた。1曲のバージョン違いをこれだけのボリュームで収めたコンピレーションは前代未聞と言えるだろう。もともとの人気曲であったことはもちろんだが、1994年のTM“終了”まで、そして1999年の再始動後もステージで演奏され続け、ライブでアップデートされたアレンジを元に新しいバージョンが次々と生まれ続けている。この特集では1987年のオリジナル「Get Wild」や特に人気の高い1989年のリミックス「Get Wild '89」、ライブでのアレンジや最新リミックスなど、さまざまなバージョンの背景を関係者の証言によって解剖。「Get Wild」が支持され続けてきた理由や、1980年代から現在に至る音楽制作現場の変遷、現在のJポップに今なお与えている影響などについて、多角的に検証していきたい。■Special Interview坂本龍一『async』コンプリート・インタビュー[後編]3月29日に坂本龍一が『out of noise』以来8年ぶりに発表した新作=『async』は、ファンから“最高傑作”との声も上がるほど、既に各方面から高い評価が寄せられている。編集部では去る2月にニューヨークにある坂本のプライベート・スタジオを訪ね、この新作について2日間にわたるインタビューを敢行。制作にまつわる話をたっぷりとしていただいたが、“発売日前に内容の分かることは明かせない”とのことで、前号では寸止めのような内容となってしまった。本号ではいよいよその全貌を明らかにしよう。全16ページ。■PRODUCTION REPORT映画『ラ・ラ・ランド』〜音楽監督に聞く■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち関美奈子■PEOPLELEGO BIG MORLbanvox■Beat Makers Laboratory:イマン・オマリ■REPORT◎NYジャズ・レコーディング記 by Akihiro Nishimura(前編)◎音響設備ファイル Forcewick◎松武秀樹と開発陣がその魅力を語る PIONEER DJ Toraiz AS-1◎さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓 YAMAHA TFシリーズ◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 湯山玲子◎製品開発ストーリー SONARWORKS Reference 3◎ライブ・スペース訪問 二子玉川 KIWA ■NEW PRODUCTS ◎PREVIEW◎FOSTEX NF01R◎UNIVERSAL AUDIO Apollo Twin MKII◎DYNAMOUNT X1-R◎PRESONUS FaderPort 8◎SONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen◎OUTPUT Analog Strings◎REON Driftbox W / Driftbox C◎MXL DX-2◎ULTRASONE SignatureStudio◎JBLPROFESSIONAL Eon208P◎YAMAHA VXS1ML / VXS3S■LIBRARY■DAW AVENUE■COLUMN■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2017年4月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2017年4月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2017年4月号 内 容「DJ」「人生初シンセ」「YMO」「創作活動」・・・・・・最高峰クリエイター2人の初対談!■巻頭対談テイ・トウワ×石野卓球【電気グルーヴ】ディー・ライトとしてNYでメジャー・デビューを果たし、1990年代初頭のハウス・シーン興隆をけん引。日本に戻ってからも意欲的にソロ活動やプロデュースを行い、高橋幸宏率いるMETAFIVEの一員としても辣腕(らつわん)を振るうテイ・トウワ。一方、ピエール瀧らとともに電気グルーヴで1991年にメジャー・デビューし、常識にとらわれないテクノ・バンドとしてJポップ・シーンで独自の地位を確立。エレクトロニック・ミュージックの可能性を追求したソロ作品も発表し続けている石野卓球。ともに、30年近くにわたって音楽/アートの最前線に立ち、そんな彼らを本誌も常に追いかけてきた。今月の巻頭企画はサンレコの歴史を作ってきたと言っても過言ではない、このレジェンド2人の対談をセッティング。2人の出会いはもちろんクリエイター/DJとして大成するまでの道のり、そして現在の音楽活動における本音へと迫っていく。SR201704_IN01.jpgSR201704_IN02.jpg■特集空間/質感/グルーブを自在に操るディレイ中上級メソッドどんなDAWにも必ず標準プラグインとして存在している定番エフェクト、ディレイ。一方で、プラグインがDAWのテンポに同期してくれる昨今では、“ディレイ・タイム=音符にシンク”以外の使い方ができていないという初級者も多いようです。この特集では、ミックスで効果的に使えるディレイのワザをエンジニアが紹介。“音を繰り返す”だけのシンプルなエフェクトで、空間や音の質感、グルーブまでを操る技術を体得してください。SR201704_IN07.jpgSR201704_IN08.jpg■特別企画1少しの音楽理論ですぐ使える!「ジャジーな響き」導入テク楽曲制作の際に、“いつも同じコードを使ってしまう”“ジャジーなコードを使いたいけど分からない”といった悩みを持っている人もいるでしょう。その解決策の一つに、いわゆるテンションを使う方法があります。しかし、それには音楽理論を知っていなくてはいけない=難しいというイメージを持っている人も多いはず。ここでは、そんな悩めるクリエイターに向け、少しの音楽理論を活用するだけで、手軽かつ効率的にジャジーな要素を取り入れる方法を指南します。講師には、ジャズを基調に活躍するキーボーディスト/トラックメイカーのKan Sanoを迎え、自身の経験からより実践的な導入テクニックを提示してもらいました。各項目には、Kan自身によるデモ演奏音源も用意したので、それらを参考にしながら、楽曲に“ジャジーな響き”を導入してみてください。SR201704_IN03.jpgSR201704_IN04.jpg●特別企画2さらなる進化を遂げたUAD-2プラグイン対応オーディオI/OApollo Twin MKIIの全容UAD-2システムとオーディオ・インターフェースを統合し、精度の高いプラグインのかけ録りまで実現した小型オーディオ・インターフェースUNIVERSAL AUDIO Apollo Twin。2014年の発表以来、クリエイターを中心に人気を博してきた同機だが、去る1月の“The NAMM Show 2017”にて、次世代モデルとなるApollo Twin MKIIが発表された。本稿ではアップデートのポイントや開発者インタビューとともに、TeddyLoid/麗(the GazettE)/ゴンドウトモヒコによるインプレッションを紹介していこう。■PRODUCTION REPORTザ・チェインスモーカーズ「クローサー」ドリュー・タガートとアレックス・ポールから成るDJ兼プロデューサー・デュオ=ザ・チェインスモーカーズ。彼らが昨年リリースしたシングル曲「クローサー」は、アメリカで12週連続、イギリスで4週連続シングル・ヒット・チャートの1位を獲得し、ほかの20数カ国でもチャートのトップを射止めてきた。彼らの一連の作品を支えて来た人物の中で、恐らく最も重要なのがジョーダン・ヤング。DJスウィベル(Swivel)として知られる人物だ。素晴らしいボーカリストでもある彼は、ザ・チェインスモーカーズのほぼすべての楽曲のミックスにかかわっており、彼らの作品に深みと面白さを付け加えることに大きく貢献している。ここではDJスウィベルが「クローサー」における制作およびミックス方法を詳しく語ってくれた。SR201704_IN09.jpgSR201704_IN10.jpg■コンサート見聞録大橋トリオ@Bunkamura オーチャードホールオーガニックなサウンドが魅力的なシンガー・ソングライター、大橋トリオ。彼が管楽器を加えたohashiTrio & THE PRETAPORTERSとして、自身の楽曲をビッグバンドで演奏するという特別なライブを行った。普段とは違った編成となるこの公演で、音響チームはどのようなサウンドを目指したのだろうか? 本稿では去る1月25日にBunkamura オーチャードホールにて行われたライブの様子を、機材写真とともにPAシステム面からレポートしていく。■CrossTalk 寺田康彦 × 佐藤純之介ヘッドフォン・モニターを一変させる“オープン型モデル”という選択肢アーティスト/エンジニアを問わず、オープン型ヘッドフォンには熱烈なファン層が存在する。そして彼らが本誌のインタビューなどで語る魅力として、“スピーカーのような聴こえ方”や“疲れにくさ”などが共通しているのだが、モデルごとにはどのような特徴があるのだろう? 今回は、手に取りやすくプロユースにも向く3〜10万円の音楽制作用オープン型ヘッドフォンを対象に、エンジニア&クリエイターによる対談を実施。プライベート・スタジオで制作に励んでいる向きには、ぜひとも目を通してほしい。◎AKG K712 Pro◎AKG Q701◎AUDIO-TECHNICA ATH-R70X◎BEYERDYNAMIC DT 1990 Pro◎FOSTEX TH500RP◎SHURE SRH1840◎SHURE SRH1440◎SENNHEISER HD599◎SENNHEISER HD650◎ULTRASONE Pro2900I■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たちTOMISIRO映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは掛川陽介氏(写真左)と本澤尚之氏(同右)の2人から成る音楽制作ユニットTOMISIRO。それぞれが音楽家として活動しながら結成されたユニットで、当初はJポップアーティストの楽曲やCM音楽を多く手掛けていた。その後、『ケロロ軍曹』の音楽を担当したことで、徐々に映像音楽への参加が増え、これまでに、『マクロス』『輪廻のラグランジェ』『鬼灯の冷徹』などを担当。ここでは、ユニットならではの音楽制作に迫るため、本澤氏のプライベート・スタジオにて話を聞いた。■PEOPLE電気グルーヴやくしまるえつこジェフ・ミルズブンブンサテライツTHE BAWDIES原摩利彦Hello Sleepwalkersネオン・バニーSR201704_IN05.jpgSR201704_IN06.jpg■Beat Makers Laboratory:グッドナイト・コディー■REPORT◎The 2017 NAMM show◎音響設備ファイル P’s STUDIO azabudai A/R THREE◎音響設備ファイル ザ・シンフォニーホール◎GENELECの革新的なモニタリング技術 SAMシステムの有用性◎さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓 YAMAHA TFシリーズ◎MACKIE. Axisの現場 ANNA☆S◎現場で真価を発揮するBOSE F1 System 映像センター◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 山田ノブマサ◎ライブ・スペース訪問 池袋CANOPUS■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎RME ADI-2 Pro◎QSC TouchMix-30 Pro◎ICON Platform M◎SPITFIRE AUDIO Albion V Tundra◎GRACE DESIGN M108◎KLARK TEKNIK 1176-KT◎GROVE HILL AUDIO Liverpool◎HEDD Type 05/Type 07◎TAGO STUDIO T3-01◎AKG C7■LIBRARY◎BIG FISH AUDIO『LATIN JAZZ 2』◎IMPACT SOUNDWORKS『VENTUS ETHNIC WINDS - TIN WHISTLE』■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 9 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 Noah◎ABLETON Live 9 杉本亘(yahyel)◎APPLE Logic Pro X TSUTCHIE◎AVID Pro Tools 田中潤(ゲントウキ)◎PRESONUS Studio One Linia■COLUMN◎【新連載】私が使うSOFTUBEプラグイン 杉山勇司◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:252JANコード:4910040190479出版年月日:2017/04/01JANコード:4910040190479【島村管理コード:15120170303】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年5月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年5月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。■Special Interview[前編]坂本龍一坂本龍一が『out of noise』以来8年ぶりとなる新作『async』を3月29日に発表する。周知のように坂本は2014年7月に中咽頭がんであることを公表、予定されていた活動の一切を停止して治療に専念した。そのかいあって病は癒え、2016年に公開された山田洋次監督作品『母と暮せば』のサントラで活動再開。続いてアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品『レヴェナント:蘇りし者』のサントラも手掛け、世界中に“坂本健在”を印象づけた。今回、まさに満を持してのソロ・アルバム発表であり、編集部も勇んでニューヨークにある坂本のプライベート・スタジオを訪ねインタビューを行った……のだが、本作のプロモーション戦略は発売前にだれにも聴かせない、先入観を与えるような情報を出さないというもの。従って、3月25日発売の5月号では新作に至る経緯とプライベート・スタジオの解説、アルバムについての詳細は4月25日発売の6月号という分載にしたことをお許し願いたい。それでも本号で驚愕の事実が明かされているので必読!■特集360°VRミュージック・ビデオ制作に挑む2016年は“VR元年”と呼ばれていた。さまざまなヘッド・マウント・ディスプレイ・システムがリリースされるとともに、ネット・サービスの360°動画対応も行われ、ユーザーの視聴環境も整ってきた年だったと言えるだろう。今回は自分でVRムービー&サウンドを作る方法を、実際の360° MV制作過程をつぶさに追いながら紹介していきたい。■特別企画1ヒット曲にこの技ありサンプラーで作る“即戦力”サウンド ■特別企画2アナログ&モデリング・シンセの雄ARTURIAのすべて■PRODUCTION REPORTメタリカ「モス・イントゥ・フレーム」■コンサート見聞録山崎まさよし@横須賀芸術劇場■behind the scene林祐介■PEOPLEテイ・トウワGoh Hotoda小室哲哉岸田教団&THE明星ロケッツ大滝詠一シナリオアート■Beat Makers Laboratory:リトル・シャリマー■REPORT◎『バイオハザード7 レジデント イービル』〜“聴き取る恐怖”を生み出すサウンド・メイキング◎音響設備ファイル Zepp大阪ベイサイド◎新たなる真空管“Nutube”を備えるAPI 500モジュール CONISIS 5601&5602◎ECLIPSE TDシリーズ◎さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓 YAMAHA TFシリーズ◎BOSE F1 System グランドプリンスホテル新高輪Lounge Momiji◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル◎ライブ・スペース訪問 Asakusa Gold Sounds■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎WAVES NX Head Tracker◎STEINBERG Halion 6◎TELEFUNKEN TD-2/TDA-2◎NEKTAR Impact LX88+◎HEAVYOCITY Punish◎CHANDLER LIMITED Redd Microphone◎KLARK TEKNIK EQP-KT◎HEDD Type 30◎BLUE MICROPHONES Baby Bottle SL/Bluebird SL/Spark SL◎AKG MicroLite Series■LIBRARY■DAW AVENUE■COLUMN■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号 リットーミュージック900送料無料
総力特集:プライベート・スタジオ2017 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号【音楽書】100P以上の大ボリュームで、19組の注目クリエイターたちがプライベート・スタジオを披露!■総力特集プライベート・スタジオ2017アーティスト/クリエイター/エンジニアの制作場所を紹介する、本誌恒例の「プライベート・スタジオ特集」。多様化する音楽制作に対応するため、プライベート・スタジオもそれぞれの個性が色濃く出てきている現在、今回もさまざまな分野で活躍する19組が登場してくれた。こだわりの空間、機材、作編曲方法、エンジニアリングなど、彼らのスタジオからどのように音楽が生み出されているのか語ってもらっているので、豊富な写真と共にじっくりと読み進めてほしい。◎オヴァル◎上地等(BEGIN) ◎TeddyLoid◎ALI&(80KIDZ)◎保本真吾(CHRYSANTHEMUM BRIDGE)◎田中隼人◎ジェイク・ヴィエイター(STONES THROW)◎Dadub◎Kuniyuki Takahashi◎REBEL MUSICAL◎mergrim◎Yui Onodera◎Yuto Uchino(The fin.)◎麗(the GazettE)◎小林うてな◎KOKIA◎ゲントウキ◎山田ノブマサ◎溝口肇■REPORT◎No Maps◎音響設備ファイル festhalle◎音響設備ファイル スタジオ ユニ◎メディア・アーティスト後藤英の最新作品「Body in zero G」が世界初公演!◎武部聡志が語るワークショップ「音楽家の話が聴きたい」◎統括プロデューサー伊藤圭一が語る「東京コミック・コンベンション2016」の魅力◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 トゥ・ミックス/山口情報芸術センター[YCAM]◎YAMAHA PX Series導入レポート 前橋 DYVER◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 木村健太郎◎AUDIO-TECHNICA ATM350A × 東京スカパラダイスオーケストラ/チャラン・ポ・ランタン◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル 鈴木智雄◎製品開発ストーリー APOGEE Elementシリーズ◎製品開発ストーリー DBTECHNOLOGIESライブ・スペース訪問 渋谷クラブクアトロ■NEW PRODUCTS◎SLATE MEDIA TECHNOLOGY Raven MTI2◎IZOTOPE Neutron◎VIENNA SYMPHONIC LIBRARY Vienna Ensemble Pro 6◎LEWITT LCT640 TS◎RUPERT NEVE DESIGNS Shelford Channel◎ZOOM F4◎YAMAHA HPH-MT8/HPH-MT5◎BEYERDINAMIC DT 1990 Pro◎SOUNDCRAFT UI16■LIBRARY◎IMPACT SOUNDWORKS VENTUS ETHNIC WINDS - SHAKUHACHI◎SAMPLE MAGIC UNDERGROUND BASS HOUSE■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 SUI◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ 及川潤耶◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 益子樹のROLAND SH-101■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/280ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。■巻頭企画ア・トライブ・コールド・クエストQ・ティップを中心にアリ・シャヒード、ファイフ・ドーグ、ジェロビ・ホワイトから成るニューヨークのヒップホップ・アクト=ア・トライブ・コールド・クエスト。1990 年にデビューした彼らは洗練されたプロダクションと理性的なライムで“ニュースクール”ムーブメントを主導。彼らの18 年ぶりの新作『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア... サンキュー・フォー・ユア・サービス』はビルボード全米チャートで初登場1位を獲得し、あらためてシーンの注目度の高さを証明してみせた。本稿ではエンジニアのブレア・ウェルズやキーボーディストのBIGYUKIなどの証言からこの“奇跡の新作”を解析。ボブ・パワー、TOWA TEIらのインタビューも交え、現在も輝きを失わない“探求の民”の全容に迫る。■特集2017年型サンプリング・ビートの極意1980 年代にニューヨークのヒップホップDJ がターンテーブルとレコードを使って発見した“ブレイクビーツ”の概念が元となって生まれたフレーズ・サンプリング。今回はヒップホップを出自としつつ、バンドもののポップスなど幅広い音楽を手掛けるプロデューサー/ドラマーのmabanuaに、最新のビート・メイクの手法を伝授していただきます。■特別企画匠が“アナログ”にこだわる理由〜森元浩二.、甲斐俊郎、高山徹■コンサート見聞録布袋寅泰@NHKホール■ミックス解剖学トゥエンティ・ワン・パイロッツ「ヒーサンズ」 by アダム・ホーキンス■CrossTalk 光田康典×宮野幸子劇伴から歌モノまで活用できる譜面ソフト最新事情2017■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち平沢敦士■不定期連載 oscillator lovers by yukihiro【第4回】牛尾憲輔(agraph)■PEOPLEKan Sano冨田ラボyahyel池田亮司minus(ー)■Beat Makers Laboratory:TBアーサー■REPORT◎ミックス・コンテスト結果発表◎音響設備ファイル ガジェット通信フロア◎Inter BEE 2016◎現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル◎ライブ・スペース訪問 表参道WALL&WALL■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎STEINBERG Cubase Pro 9◎APOGEE Element 88◎ELEKTRON Analog Heat◎ARTURIA DrumBrute◎IK MULTIMEDIA Modo Bass◎SLATE DIGITAL VerbSuite Classics◎AUDIONAMIX SVC◎SE ELECTRONICS V7◎ZOOM Q2N◎ULTRASONE Edition 8 EX◎MACKIE. Axis◎YAMAHA TF-Rack◎JBL PROFESSIONAL Eon One■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ◎プライベート・スタジオ充実計画◎サンプル大学グルー部ビートメイ科◎THE CHOICE IS YOURS◎素晴らしきビンテージの世界◎Berlin Calling◎音楽と録音の歴史ものがたり◎H2のエレクトロニクス回想記◎お部屋一刀両断◎toku(GARNiDELiA)のSSL X-Desk■LIBRARY■DAW AVENUE■REVIEW■付録『サンレコ for ビギナーズ2017』画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年4月号【電子書籍】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年4月号【電子書籍】900送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 *この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「DJ」「人生初シンセ」「YMO」「創作活動」……最高峰クリエイター2人の初対談!■巻頭対談テイ・トウワ×石野卓球【電気グルーヴ】ディー・ライトとしてNYでメジャー・デビューを果たし、1990年代初頭のハウス・シーン興隆をけん引。日本に戻ってからも意欲的にソロ活動やプロデュースを行い、高橋幸宏率いるMETAFIVEの一員としても辣腕(らつわん)を振るうテイ・トウワ。一方、ピエール瀧らとともに電気グルーヴで1991年にメジャー・デビューし、常識にとらわれないテクノ・バンドとしてJポップ・シーンで独自の地位を確立。エレクトロニック・ミュージックの可能性を追求したソロ作品も発表し続けている石野卓球。今月の巻頭企画はサンレコの歴史を作ってきたと言っても過言ではない、このレジェンド2人の対談をセッティング。■特集空間/質感/グルーブを自在に操るディレイ中上級メソッドプラグインがDAWのテンポに同期してくれる昨今では、“ディレイ・タイム=音符にシンク”以外の使い方ができていないという初級者も多いようです。この特集では、ミックスで効果的に使えるディレイのワザをエンジニアが紹介。■特別企画1少しの音楽理論ですぐ使える!「ジャジーな響き」導入テク■特別企画2さらなる進化を遂げたUAD-2プラグイン対応オーディオI/OApollo Twin MKIIの全容■PRODUCTION REPORTザ・チェインスモーカーズ「クローサー」■コンサート見聞録大橋トリオ@Bunkamura オーチャードホール■CrossTalkヘッドフォン・モニターを一変させる“オープン型モデル”という選択肢以下登場ヘッドフォン◎AKG K712 Pro◎AKG Q701◎AUDIO-TECHNICA ATH-R70X◎BEYERDYNAMIC DT 1990 Pro◎FOSTEX TH500RP◎SHURE SRH1840◎SHURE SRH1440◎SENNHEISER HD599◎SENNHEISER HD650◎ULTRASONE Pro2900I■behind the sceneTOMISIRO■PEOPLE電気グルーヴ/やくしまるえつこ/ジェフ・ミルズ/ブンブンサテライツ/THE BAWDIES/原摩利彦/Hello Sleepwalkers/ネオン・バニー■Beat Makers Laboratory:グッドナイト・コディー■REPORT◎The 2017 NAMM show◎音響設備ファイル P's STUDIO azabudai A/R THREE◎音響設備ファイル ザ・シンフォニーホール◎GENELECの革新的なモニタリング技術 SAMシステムの有用性◎さまざまな現場で信頼を集めるデジタル卓 YAMAHA TFシリーズ◎MACKIE. Axisの現場 ANNA☆S◎現場で真価を発揮するBOSE F1 System 映像センター◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル◎ライブ・スペース訪問 池袋CANOPUS■COLUMN◎【新連載】私が使うSOFTUBEプラグインほか■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎RME ADI-2 Pro◎QSC TouchMix-30 Pro◎ICON Platform M◎SPITFIRE AUDIO Albion V Tundra◎GRACE DESIGN M108◎KLARK TEKNIK 1176-KT◎GROVE HILL AUDIO Liverpool◎HEDD Type 05/Type 07◎TAGO STUDIO T3-01◎AKG C7■LIBRARY■DAW AVENUE■REVIEW画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
[楽譜] サウンド&レコーディングマガジン 2017年4月号【DM便送料別】(サウンドアンドレコーディングマガジン2017ネン4ガツゴウ)[楽譜] サウンド&レコーディングマガジン 2017年4月号【DM便送料別】(サウンドアンドレコーディングマガジン2017ネン4ガツゴウ)899
雑誌 ジャンル:雑誌出版社:リットーミュージック弊社に在庫がない場合の取り寄せ発送目安:1日〜2日解説:■表紙:Dragon Ash新作『インデペンディエンテ』が生まれたKjの新プライベート・スタジオを初公開!全曲の作詞/作曲を手掛けるKjを中心に、ドラムンベース、ヒップホップ、エレクトロニカなどさまざまなスタイルをかみ砕きながら、“コンテンポラリーなロック・バンド”のあり方を提示し続けてきたDragon Ash。結成10周年を迎えてリリースされる7作目『インディペンディエンテ』は、ラテン・ミュージックを昇華したオーガニックなグルーブとシンガー/メロディ・メイカーとしてのKjの才能を再確認できる快作となっている。今回はKjに加え、デビュー以来一貫してサウンド面をサポートするエンジニアの飛澤正人氏を迎え、移転後初公開となるプライベート・スタジオ=Chambersにて話をうかがい、制作の秘密に迫っていく。Kj&スタジオの撮り下ろし写真も多数!■CD連動特集ドラム・マイキング縦横無尽〜2本からマルチまでマイク本数別の13セッティング楽器が複数のパーツで構成されるため、難易度が高いドラム録音。それを攻略すべく、このCD連動特集ではエンジニア橋本まさし氏がマイク2本から始められる即戦力セッティングを紹介! さらに個性的なドラマーと人気エンジニア3組によるセッションも特別収録! ドラマーのたたき出す音のすべてをとらえるテクニックをご覧あれ![contents]◎2本編・定位感がバッチリ出るステレオ録音・キックを重視してあえてモノラルに・全体+1本でキックとスネアを強調・アンビエンスで迫力あるサウンドを演出◎4本編:ステレオ感とキック&スネアを両立!◎6本編:オンマイクで繊細なプレイをとらえる◎15本編:ドラムのすべてをとらえるマイキング[Column]◎マイク位置で変わるスネアの音◎逆相に気を付けよう![SPECIAL SESSIONS]◎坂田学×ZAK◎松下敦×向井秀徳(ZAZEN BOYS)◎平井直樹×Engineer:松本靖雄■CD連動特別企画2ミックスの仕上がりに驚くほど差が出る トータルEQ&コンプ活用術ミックス・エンジニアの作業で、DAWのマスター・フェーダーにコンプやEQが挿さっているケースは決して珍しくない。ミックス自体で各楽器のバランスを取り、良い2ミックスを作るのは大前提。ではなぜ、マスター・フェーダーにこれらのエフェクターをアサインして“全体”を調整する必要があるのか? そこにはミックスで作られた曲フォルムを崩すことなく、全体のEQや音圧を調整して曲が持つ世界観をより明確に2ミックスに落とし込むための技が隠されている。今回は半野喜弘やJazztronikを手掛ける実力派エンジニア=早乙女正雄氏が、ブラインド・ループ・マスターとmondialito提供の素材を元に、トータルEQ&コンプによる出音の変化をCD連動で指南。また、トータル・コンプ&EQを積極的に活用しているエンジニアへのアンケートや、マスタリング・エンジニア滝瀬真代氏(M’s disk)の談話も併載。この奥深い操作術を習得/実践して、ネクスト・レベルの2ミックス作りを目指そう![contents]トータルEQ&コンプの基礎知識◎PART01:トータル・コンプによる聴こえのニュアンスの違い◎RART02:トータル・コンプの前段/後段にEQを挿した場合の出音の違い◎PART03:ボーカルを上げるのはフェーダーで? トータルEQで?◎PART04:トータルEQの設定による聴こえのニュアンスの違い◎TOPICS:楽器をグループでまとめてトータル・コンプをかける◎TOPICS:アナログEQのサウンドを知る■CLASSIC T・R・A・C・K・Sザ・ジャム1970年代末から1980年代初頭にかけてモッズ・リバイバルをけん引したバンド、ザ・ジャム。フロントマンでギタリストのポール・ウェラーを中心に、ベーシストのブルース・フォクストンとドラマーのリック・バックラーらが脇を固めたザ・ジャムの音楽が、次世代のブリティッシュ・ロッカーたちはもちろん、グリーン・デイなどアメリカのバンドにも多大なる影響を与えたことに間違いはない。ヒットチャートに波乱を巻き起こし続けた彼らの歴史は、1979年11月に全英シングル・チャート3位まで上昇したシングル「イートン・ライフルズ」で幕を開けた。4thアルバム『セッティング・サンズ』に収録された本作は、それまでの楽曲に比べてギターをダブリングするなどの複雑なアレンジが施されている。それは1982年にリリースされた最終作『ザ・ギフト』を除き、アルバムすべてのプロデュースとエンジニアリングにかかわったヴィック・カッパースミスヘヴンの貢献が大きいという。ここでは、彼の言葉を手がかりに当時の制作風景を追っていくことにしよう。■ミックス解剖学:トニー・マセラッティジョン・レジェンド「Save Room」・・・・・・サンプルと生演奏を違和感無く融合させるミックス術海外のトップ・エンジニアによるミックスの秘密を、自身のが手掛けたヒット作を例に直接解説してもらう本連載。第3回となる今回は、ニューヨークを拠点に4半世紀以上にわたって、ヒップホップ/R&Bサウンドの最先端で活躍してきたトニー・マセラッティにご登場いただく。2004年に行われた第46回グラミー賞でビヨンセとジェイ・Zが最優秀ラップ・コラボレーション賞を受賞した「Crazy In Love」のミックスを手掛けたほか、近年ではウィル・スミス、パフ・ダディ、メアリー・J.ブライジなど多数の作品に携わっている。今号では男性R&Bシンガー、ジョン・レジェンド(上写真)の2ndアルバム収録曲に焦点を当て、そのミックス手法の秘密を探っていく。■別冊付録KORG MR-1/MR-1000が挑む! 1ビット・レコーディングさまざまな新しいフォーマットが生まれ、さらなる高音質を求めてハイビット/ハイサンプリング化が進む昨今、“1ビット・オーディオ”という、これまでのスタンダードな概念とは全く違った記録方法を採用するKORG MRシリーズが発表された。MP3プレイヤー並みのコンパクトなボディながらDSDフォーマットでの録音に対応するMR-1、XLR入力端子を装備し1ビット/5.6448MHzの高音質録音を実現したMR-1000、この2機種の登場により、かねてより早稲田大学山崎教授が提唱してきた1ビット・レコーディングの手法が、ついに広く手の届くところとなったのである。今回は1ビットをいち早く自らの作品に取り入れたエンジニア下川晴彦氏に、MR-1/MR-1000の両機をさまざまな条件下で使用していただくことで、その幅広い活用法を紹介。コルグが挑む1ビット・レコーディングの本質に迫りたい。◎PART01:MR-1でフィールド・レコーディングを楽しむ◎RART02:MR-1でアコギの弾き語りを録る◎PART03:MR-1でピアノを録ろう◎PART04:MR-1でバンド・リハーサルを一発録り◎PART05:MR-1000で実践! ライブ・レコーディング◎PART06:MR-1000をマスター・レコーダーに■people◎エール◎ハイ・ラマズ◎ステフ・ポケッツ◎dj ケンタロウ◎アズーロ◎sleepy.ab◎ポール■US Beat Makers Lab.ラージ・プロフェッサー■Mr. Bonzai’s Talkingゲイリー・ガーリタン■コンサート見聞録カヒミ・カリィ■ライブ・スペース訪問町田 clove■new procucts◎FOSTEX MR16HD/CD◎ROLAND MV-8800◎ROYER R-122V◎FAIRMAN TMEQ...通常は送料無料(メール便)です。
楽天市場ロケットミュージック 楽譜EXPRESS通販ページへ
サウンド&レコーディング マガジン 2016年6月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【ムック/雑誌】サウンド&レコーディング マガジン 2016年6月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【ムック/雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディング マガジン 2016年6月号 内 容UKテクノの重鎮が打ち鳴らす“耽美的ダンス・ミュージック”の作り方■巻頭インタビューアンダーワールドテクノ/ハウスにロックの要素を織り交ぜ、「ボーン・スリッピー」をはじめとする数々の曲を世に送り出してきたアンダーワールド。1980年代に活動していた前身バンドを経て、メンバー脱退などがありつつも、カール・ハイド(vo、g/写真左)とリック・スミス(prog/右)を軸に約25年間歩み続けてきた。6年ぶりの7thアルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』 は、カラフルなサウンドだった前作の反動か、無骨なビートと美しいパッドでジワジワと攻める耽美的テクノに回帰。一般メディアではフロントマンであるカールをフィーチャーすることが多いが、あえて本誌はトラック制作を担うリックにインタビューを行い、彼らのサウンドが作られるまでの過程をじっくり聞くことにした。機材愛あふれるリックの言葉をかみしめていただきたい。■特集4つ打ち研究会!4/4拍の楽曲で、拍のアタマにキック・ドラムを配した“4つ打ち”。もはや説明不要のこのリズムは、古くはディスコ・ミュージックなどで使われ、消費されることなく今も多くのアーティスト&リスナーの心をつかみ続けている。しかしなぜ、これほどまでに求心力があるのだろう・・・・・・? その答えを探るべく、編集部は一念発起。4つ打ちを“研究”する特集を企画した。4つ打ち音楽の歴史を紹介する記事、グルーブをひも解くためのテクニック解説、著名アーティストへのインタビュー&アンケート、名機のサウンド分析などを通して多角的に迫ってみたので、ぜひいろいろな人に読んでいただきたい。そしてここに込められたエッセンスの数々を、自らの音楽制作に生かしてもらえると幸いだ。◎4つ打ちの過去&現在 by 今本修◎4つ打ちグルーブ制作テク伝授 by MK◎ジェフ・ミルズが語る4つ打ちの美学◎アーティスト・アンケート◎TR-808/909の音色&グルーブ解析 by 中村公輔◎4つ打ちサミット〜福富幸宏、☆Taku Takahashi(m-flo、block.fm)、渡部高士、ALI&(80KIDZ)がバトル・トーク!!■特別企画ネット時代のマスタリングを考える2014 年に音楽配信の総売り上げはCD のそれを上回った。SoundCloud やbandcamp はクリエイター必携のツールとなり、DAW で作った楽曲をそれらのサービスにアップするのは、もはや当たり前の行為とすら言える。実際、インターネット上にはかつてない数の楽曲があふれているが、その一方で“音が悪くて聴けない”作品も増えているようだ。昨今は“マスタリング”という工程を経ないままアップされる楽曲も多いようだが、果たしてそれは本当に“人に聴かせる”ことを意識したものになっているだろうか? 本稿では海外のトップ・マスタリング・エンジニアや、自宅に近いプライベートな環境で優れた音質のマスタリング作品を送り出しているエンジニアの談話を通して、インターネット時代のマスタリングが持つ意義をあらためて考察する。さらに、音楽タイプ別にDAW環境でマスタリングする際のポイントをプロのエンジニアが伝授。一般的なプラグインの合わせ技で2ミックスを磨くノウハウをお伝えする。本特集を参考に、“長く聴ける”楽曲を世に送り出していただきたい。◎Part 1 トップ・エンジニアが語る“マスタリングの現在”〜スチュワート・ホークス◎Part 2 プライベート・マスタリングの達人に聞く〜高橋健太郎/熊野功雄◎Part 3 実践! プラグインを使った2ミックスの磨き方(エレクトロニカ/ロック/ベース・ミュージック)〜三好敏彦■Production Reportパニック!アット・ザ・ディスコ『ある独身男の死』2004年にカルテットとしてスタートしたパニック!アット・ザ・ディスコ。以降メンバーの数を減らし、ドラマーのスペンサー・スミスが2015年の4月にバンドを去ったとき、ブレンドン・ユーリー一人となった。彼は頭の中にあった“新しい作品をどうやって形にするのか”という問題に直面する。そして“シナトラとクイーンの融合”というテーマを掲げて彼が選んだのは、若きミュージシャンでありプロデューサーでもあるジェイク・シンクレアという人物だった。シンクレアはウィーザー、フォール・アウト・ボーイ、テイラー・スウィフトらといったポップ、ロックの分野で活躍している人物だが、エンジニア/ミキサーとしても知られている。パニック!アット・ザ・ディスコの過去の作品でも曲を提供していたこともあり、彼に白羽の矢が立つ運びとなった。ここではシンクレアが最新作『ある孤独男の死』の曲作りとレコーディング・セッションについて、またミックスを手掛けたクラディウス・ミッテンドルファーがその手法を語ってくれた。■Special ReportMILLIAN@シンガポール〜日本資本による本格ライブ・ハウスがオープン1965年にマレーシアから独立し、いまや世界有数の観光大国として知られるシンガポール共和国(以下、シンガポール)。巨大なショッピング街、充実したマリン・スポーツ施設、そしてご当地グルメなど魅力満載のこの国に、アミューズ関連会社によるライブ・ハウスMILLIANがオープンした。ナイト・クラビングの文化はあるシンガポールだが、収容人数1,000人規模の“本格的”なライブ・ハウスとしてはほぼ初というMILLIAN。その出店意図を探るべく、現地に赴いた。■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち牧戸太郎映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは牧戸太郎氏。幼少期から音楽に触れピアノを習うなどして過ごし、中学では吹奏楽部、高校では合唱部に所属。そして大学は東京音楽大学へ進学した。卒業後に一度は就職をするが、その後独立。CMやTV ドラマ、映画、そして歌モノのアーティストへの楽曲編曲など、映像音楽を中心としながら、さまざまなジャンルの音楽制作に携わっている。今後ますますの活躍が期待される牧戸氏のプライベート・スタジオを訪れ、これまでの音楽活動を振り返ってもらった。■コンサート見聞録ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモニー交響楽団@Bunkamura オーチャードホールクラブ・ミュージックとクラシックの融合を図るDJ=ジェフ・ミルズ。そんな彼が、日本では初となるオーケストラとのコラボレーション公演を、去る2016年3月21日にBunkamura オーチャードホールで開催した。本稿では当日の様子をPA面に焦点を当ててレポートしたい。さらにジェフ本人へのインタビューもできたので、本番に使用した機材とその演奏方法についても写真入りの詳しい解説でお届けしよう。■Event Report“HIGH RESOLUTION FESTIVAL” at SPIRAL〜蓮沼執太/TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのハイレゾ・ライブ・レコーディングに迫る去る3月11日から3月13日までの3日間、東京・青山の複合文化施設SPIRALにて“HIGH RESOLUTION FESTIVAL” at SPIRALが開催された。これはハイレゾ・オーディオの良さをさまざまな形で体験してもらうというイベントで、OTOTOY、SPIRAL、本誌サウンド&レコーディング・マガジンの共催により実現した企画。3階のスパイラルホールでは公開ライブ・レコーディング、9階のスパイラルルームではトーク・ショウや試聴会、そしてスパイラルホール入口のホワイエでは出展企業によるハイレゾ製品の展示/即売が行われ、さまざまなハイレゾの魅力を体感することができた。ここでは企業出展ブースの模様の一部と蓮沼執太、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのライブ・レコーディング・イベントのレポートをお届けする。■PEOPLEHIROSHI WATANABE■Beat Makers Laboratory:ドット■REPORT『DISSIDIA FINAL FANTASY』〜アビイ・ロードでのレコーディング・レポートkyokaが伝える4DSOUND〜実空間に音をドラッグ&ドロップMILLIAN@シンガポール〜日本資本による本格ライブ・ハウスがオープン音響設備ファイル 関西大学 ソシオ音響スタジオ製品開発ストーリー SHURE KSM8第一線で活躍するエンジニアがSHURE KSM8の実力をテストテン年代☆インディー白書 Noahライブ・スペース訪問 大岡山Goodstock Tokyo■NEW PRODUCTS◎UVI Falcon◎OUTPUT Exhale◎MANLEY Force◎BLACK LION AUDIO Auteur MKII◎PELUSO P-87◎AUDIO-TECHNICA AE2300/ATM230◎JBL PROFESSIONAL LSR708I/LSR705I◎MUTABLE INSTRUMENTS Rings/Shades/Warps/Branches◎ACME AUDIO Motown D.I. WB-3◎IK MULTIMEDIA Lurssen Mastering Console■LIBRARY◎BIG FISH AUDIO BIG BAD HORNS 2◎SAMPLE DIGGERS OMAR VOCALS■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5◎MOTU DP9◎IMAGE-LINE FL Studio 12◎ABLETON Live 9◎APPLE Logic Pro X◎AVID Pro Tools◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum◎PRESONUS Studio One■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ Satoru Higa◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜STUTSのAKAI PROFESSIONAL MPC1000■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:264JANコード:4910040190660出版年月日:2016/06/01JANコード:4910040190660【島村管理コード:15120161129】 お取り寄せ品 1週間以内 に発送予定 詳しい納期はご注文確定後に別途ご連絡いたします。
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号 リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号 リットーミュージック900送料無料
特集:曲のカラーを自在に操る!実戦型ミックステクニック リットーミュージックサウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号【音楽書】孤高のクリエイターが見据える“その先”■巻頭インタビュー中田ヤスタカご存じPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅ、三戸なつめといったアーティストをプロデュースしながら、自身のユニット=CAPSULEでの活動も行い、定期的にDJイベントにも出演するなど多忙を極めるトップ・クリエイター、中田ヤスタカ。そんな状況でも仕事に忙殺されずに、彼の目線は常に新たな場所へ向けられている。クリエイターとしての誇りを持って音楽を創造し続ける中田は、今後どのような高みを目指していくのだろうか? 約1年ぶりの本誌登場ということで、この間の活動を振り返ってもらいながら、彼に訪れた心境の変化や制作環境の刷新など、中田ヤスタカの“今”を浮き彫りにする。これからの彼の動きを予見させる貴重なインタビュー、ぜひこのタイミングでご一読いただきたい。■特集曲のカラーを自在に操る! 実戦型ミックス・テクニック 読者ミックス・コンテストも開催楽曲の世界観や完成度を左右する工程=ミックス。どのようなサウンドにしたいかというイメージ、ツールやその使い方によっても仕上がりは千差万別のため、まさに可能性に満ちあふれたプロセスと言えます。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コースとの連携プロジェクトであるこの特集では、レコーディング・エンジニアの中村公輔氏が1つのマルチトラック素材から“ロック”と“エレクトロニック・ポップ”というキャラクターの全く違う2種類のミックスを作成。双方で実践したテクニックの数々を解説しつつ、ミックスに秘められたクリエイティビティを提示します。素材は、中村氏が同校のMagi Sound Studioにて屋敷豪太や高野寛、佐藤元彦といったミュージシャンらの演奏を収めたもの。読者ミックス・コンテストも開催!■特別企画API 500互換モジュール導入のススメアウトボードからマイクプリ、コンプ、EQなどの機能を抜き出し、縦型のコンパクトな筐体に収めたAPI 500互換モジュール。高品位なメーカーでも手が出しやすい価格設定と可搬性の高さ、コレクションの楽しみなどからエンジニアを主体に人気を集めてきました。その熱はクリエイターにも飛び火し始めており、ボーカルのレコーディングやラップトップを使ったライブのアウト用ライン・アンプとして導入する例も増えてきています。そこで今回はAPI 500互換モジュールを特集。実際にモジュールを愛用している6名のエンジニア/クリエイターインタビューに加え、解説付きのメーカー・カタログも掲載! この夏、お気に入りのモジュールを自宅システムに組み込んでみてはどうでしょう。■CrossTalk 井筒昭雄×山田ノブマサ劇伴制作に活用できるストリングス音源を探せ!昨今は高品位/高音質のソフトウェア音源が多数存在しており、その中でもストリングス音源は録音スタジオや録音方法、参加ミュージシャン、演奏スタイルなど、多様な手法で、常に新しいタイトルが登場している。自ら大掛かりなレコーディングをすること無く、手軽にハイクオリティなサウンドが手に入るため、ジャンルを問わず多用されているストリングス音源だが、聞くところによると劇伴の世界でも重宝されている模様。弦を生でレコーディングできる機会も多いという劇伴の現場で、どのように音源が活用されているのだろうか? 今回は劇伴の第一線で活躍する作曲家、井筒昭雄とエンジニアの山田ノブマサ氏を迎え、8種類のストリングス音源をチェックしてもらった。本企画で、劇伴におけるそれら音源の活用方法を見ていこう。◎登場製品AUDIOBRO LA Scoring Strings 2.5EASTWEST Hollywood StringsEMBERTONE Intimate Strings Solo BundleIK MULTIMEDIA Miroslav Philharmonik 2NATIVE INSTRUMENTS String EnsemblePROJECT SAM Synphobia 2SPITFIRE AUDIO Spitfire Chamber StringsVIENNA SYNPHONIC LIBLRARY Vienna Dimension Strings■EVENT REPORT“Low End Theory Festival 2016”2006年からロサンゼルスのリンカーン・パークにあるAirlinerという小さなクラブで毎週水曜日に開催されている“Low End Theory”。フライング・ロータス、サンダーキャット、デイデラス、ノサッジ・シングなどの世界的なアーティストを輩出し、重低音と実験的ヒップホップを融合させた“LAビート”と呼ばれるビート・ミュージックのメッカとして知られる。そんなLow EndTheoryが、3回目となる大型フェスをさる7月23日に開催。ゴーストフェイス・キラー&レイクォン、インヴィジブル・スクラッチ・ピクルズなど豪華ゲストを含めた20組以上のアーティストが出演して、イベントの10周年を祝った。今回はその模様を、主催者のダディ・ケヴの談話や登場アーティストのライブ・セットの機材写真を交えつつ徹底レポートする。■コンサート見聞録相対性理論@日本武道館やくしまるえつこ率いる5人組バンド=相対性理論が、“八角形”をタイトルに冠して、去る7月22日に日本武道館という大舞台でライブを敢行! 最新アルバム『天声ジングル』を提げた過去最大規模となる自主企画公演を、本稿ではPAにフォーカスして機材写真とともにレポートしていきたい。FOHのオペレートを担当したエンジニアのzAk氏にメンバーの使用楽器に向けたマイキングとその音作りについて聞けたので、彼らのライブ・サウンドについて深く迫っていこう。■Production Reportルーファス・ウェインライト『Take All My Loves』ブロードウェイ・ミュージカルやビッグバンド・ジャズ、ティンパンアレイ、そしてポップやロックといった幅広い世界に身を投じてきたルーファス・ウェインライト。幅広いジャンルへのアプローチから、クラシック音楽方面に向かうことは全く不思議ではなく、2009年にベルリンで『シェイクスピア・ソネッツ』という劇場公演を開催し、2015年には、クラシックの超名門レーベルであるドイチェ・グラモフォンから、よりクラシックなオペラ・スタイルに寄った『Prima-Donna』発表。さらに半年後にはプロデューサーのマリウス・デ・ヴリーズの元、『Take All My Loves』がリリースされた。ここでは、デ・ヴリーズとエンジニアを務めたニコライ・バクスターの証言から、最新作の制作過程を振り返っていく。■音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! by 中脇雅裕【ゲスト】三戸なつめ モデルからアーティストへ転身した才女のゴール設定好評連載の特別編・第二弾として、中田ヤスタカがプロデュースを手掛ける三戸なつめが登場。彼女のアーティスト・デビュー時からギターを教えるなど交流を持つ筆者(中脇)が、「ライブで緊張しない方法」「アーティストとしての“看板”の重要性」「インプットの大切さ」などを対談を通してレクチャーしていく。■behind the scene 映像を音で彩る作曲家たち渡辺俊幸映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは渡辺俊幸氏。作曲家、渡辺宙明氏を父に持つ渡辺俊幸氏は、1973年、大学生のときにフォーク・グループ赤い鳥へドラマーとして加入しプロ活動を開始。そして、さだまさし氏のプロデューサー兼編曲家として多くのヒット作を手掛けた後、映像音楽の作曲家へと転身する。以降はアニメ『銀河漂流バイファム』『宇宙兄弟』、ドラマ『利家とまつ』『おひさま』、映画『モスラ』『解夏』など多くの映像作品に携わっている。プライベート・スタジオで自身の音楽人生を振り返ってもらった。■PEOPLE寺岡呼人w-inds.Felix K & ENA■Beat Makers Laboratory:ロキシーモア■REPORT◎松武秀樹の「スイッチト・オン・シンセサイザー」が電子書籍化◎音響設備ファイル 国立音楽院KMA Recording Studio◎“ニーヴ”の音をあなたのラックに! RUPERT NEVE DESIGNS 500シリーズ◎製品開発ストーリー FOCAL Trio6 BE◎イギリス発の新鋭マイク・メーカーASTON MICROPHONES◎オーストラリアのスタイリッシュな新世代インイア・モニターAUDIOFLY◎NATIVE INSTRUMENTS 過去最強のバンドルKomplete 11◎ZOOM ARQ Aero RhythmTrak AR-96 発表会◎“録れコン”グランプリ受賞曲のリプロダクションに迫る◎ライブ・スペース訪問 柏04■NEW PRODUCTS◎DIGIGRID Desktop Series◎BEHRINGER X-Touch◎SOFTUBE Modular◎ARTURIA V Collection 5◎HEAVYOCITY Gravity Pack 03 - Scoring Guitars◎PLUGIN ALLIANCE Falut◎RUPERT NEVE DESIGNS RNHP◎DYNAUDIO PRO LYD 5/7/8◎ZOOM H4N Pro◎TASCAM DR-100MKIII◎MACKIE. ProDX8◎ELECTRO-VOICE ND96◎WHIRLWIND PC USB■LIBRARY◎BIG FISH AUDIO GYPSY FIESTA◎SAMPLE MAGIC MIAMI SESSIONS■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 浜崎容子◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 Linn Mori◎APPLE Logic Pro X 上野耕路◎AVID Pro Tools 中村文俊◎TASCAM PROFESSIONAL SOFTWARE Sonar Platinum ヤマモトショウ◎PRESONUS Studio One 加納洋一郎■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ RAKASU PROJECT(落 晃子)◎PAが分かる!入門ガイド 遠藤幸仁◎AZUMA HITOMIのつまみをめぐる大冒険◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品 Lida(Psycho le Cemu)のFULLTONE OCD■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS' RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS仕様:B5変型判/256ページ
楽天市場chuya-online通販ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2016年12月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】サウンド&レコーディングマガジン 2016年12月号 / リットーミュージック 【メール便なら送料無料】 【雑誌】900
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]サウンド&レコーディングマガジン 2016年12月号 内 容百戦錬磨のクリエイター集団、早くもミニ・アルバム! 6人の閃きを一つにするコラボレーション法に迫る■巻頭インタビューMETAFIVE高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井という、第一線のクリエイターたちから成るバンド、METAFIVE。今年1月に1stアルバム『META』を発表し、夏フェスなどへの出演で興奮冷めやらぬ中、早くも彼らが11月9日に5曲入りミニ・アルバム『METAHALF』をリリース。今回も“音階”と“音響”のバランスがどの曲も見事で、素人には決してマネのできない圧巻のサウンド・ストラクチャー。作品のコンセプトの話などは他媒体に譲るとして、サンレコでは彼らが一体どのような共同作業を経て音を紡ぎ出しているのか、どんなツールを愛用しているかについて聞く。さらにサンレコだけの企画として、『METAHALF』収録の「Musical Chairs」を砂原良徳が特別にリミックスした2MIXデータのダウンロード・パスコード付き!!※ダウンロード期間は2016年11月24日で終了となりますので、ご購入の際はご注意ください■特集浦本雅史がサカナクションの楽曲で指南!“輪郭”と“音圧”を両立させるミックス術プロの楽曲は、トータルの音量が大きく聴こえるようミックスされています。しかしそれでいて、一つ一つの音がなまっておらず明りょうに聴こえるのもポイント。マキシマイザーなどで無理につぶした感じはせず、音が生き生きとしています。こういった“音圧”と“音の輪郭”を両立させたミックスは、どのようにして生み出されるのでしょう? 本企画では、輪郭を保ちながらミックスを大きく聴かせるテクニックについて、レコーディング・エンジニアの浦本雅史氏が指南。解説は、氏が長年手掛けているサカナクションの楽曲を事例として、進めていただきます。■特別企画1私の作曲法2016〜田中公平、本間昭光、葉山拓亮、牛尾憲輔、松隈ケンタ過去2回(2007年8月号、2011年8月号)に渡り特集を組んできた“私の作曲法”。さまざま分野で活躍するクリエイターが、自身の作曲法を語ってくれたが、今回もアイドル・ソングからポップ、ロック、エレクトロ、劇伴まで、幅広いジャンルで活躍する5名に登場していただいた。テクノロジーの発展の恩恵から、手軽に曲作りができる手法も生み出されている昨今。しかし、そういった機材に頼ったテクニックや、理論だけに頼るのではなく、独自の理論で緻密(ちみつ)に考えられた作曲法を、それぞれのクリエイターが持っている。ここでは、5名がどのように作曲に目覚め、現在どのように音楽を作っているのかを詳細に語ってくれた。これから曲作りをする上で、自分にも当てはまるヒントがあるはずなので、じっくり読み進めてほしい。■特別企画2「音の良いレコード」を作る!全世界的にCDの売れ行きが振るわない中、アナログ・レコードがその存在感を増している。2015年のアメリカでの売上は前年比32%増で1988年の水準にまで回復し、日本でも生産枚数比で65%増という好調ぶりだ。レコード・ストア・デイは毎年盛り上がり、11月3日には日本唯一のプレス工場=東洋化成が主催する「レコードの日」の2回目も開催される。その一方で、グッズとしての価値のみを見いだし音質は二の次という盤が多くなっているのも残念ながら事実だ。本特別企画は、そんな風潮にあらがい「音の良いレコード」を作るため日々チャレンジしている制作者たちを紹介するものである。◎case 1 ピチカート・ファイヴ『カップルズ』〜ソニーのアナログ専門レーベルGREAT TRACKSの挑戦──滝瀬茂(Sony Music Direct)◎case 2 スピッツ『醒めない』〜全アルバムをアナログ化してきたバンドだから見えること──竹内修(wilsonic)◎case 3 坂本龍一『The Best of ’Playing the Orchestra 2014’』〜カッティングの現場にDSDマスター音源を持ち込む理由──オノ セイゲン(Saidera Paradiso)■コンサート見聞録“いとうせいこうフェス”@東京体育館デビュー・アルバム『建設的』のリリースから30周年を迎えるいとうせいこうが、ゆかりのあるアーティストたちを招き敢行した“いとうせいこうフェス”。9月30日と10月1日の2日に渡り会場の東京体育館には多くの観客が訪れたが、本誌としてはDanteネットワークや新世代のスピーカー・システムEAW Anya/Ottoを取り入れたPAにも注目したいところ。サウンド・エンジニアのコメントを交えつつ、その全貌を明らかにしていこう。■Production Reportビヨンセ「ソーリー」ビヨンセの最新のアルバム『レモネード』は自身の名を関した前作と同じく、計1時間、11チャプターからなる映像作品とセットでリリースされた。この作品を作るために、約20名ものプロデューサーと、その倍の数の共同作曲者の力を必要とした。加えてビヨンセは、一人のエンジニア兼共同プロデューサーのサポートを常に受けていたという。この人物こそがステュアート・ホワイトだ。ここでは、ホワイトに本作の制作過程を振り返ってもらった。■behind the scene〜映像を音で彩る作曲家たち加藤達也映画やドラマ、CM、アニメなど、映像作品を音で彩る作曲家の音楽人生に迫る本連載。今回登場いただくのは加藤達也氏。レコード会社勤務の父親の影響で、音楽が身近にある環境で育った氏は、数幼少期から電子オルガンを習い、大学は、東京音楽大学へ進学。そしてさまざまな人との出会いの中で、劇伴作家への道へ進むこととなる。そして現在までに、『ハイ☆スピード!』『Free!』『Fate』『ラブライブ!サンシャイン!!』など、アニメを中心に数々の作品を手掛けてきた。今回、新たに制作環境を変えたという氏のプライベート・スタジオを訪れ、これまでの音楽人生を振り返ってもらった。■PEOPLESEKAI NO OWARI青葉市子百々和宏デイ・ワン■Beat Makers Laboratory:GB■REPORT◎音響設備ファイル ソニー・ミュージックスタジオ Studio 5◎音響設備ファイル SPACE ODD/Sankeys TYO◎冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』公演迫る!◎YAMAHA RIVAGE PM10導入事例 エス・シー・アライアンス/サンフォニックス◎YAMAHA PX Series導入レポート サウンドプロジェクト◎プロが認める現場仕様のデジタル・ワイアレス・システムLINE 6 XD-V Series◎DSD対応オーディオ・インターフェース KORG DS-DAC-10Rを使う理由 溝口肇◎現場が今注目するスタジオ・ヘッドフォン PIONEER DJ HRM-5/6/7◎音楽制作のための“原音忠実”を貫くACOUSTIC REVIVEケーブル◎ATV aD5〜リアルなドラム・サウンドの秘密◎ライブ・スペース訪問 横浜LOOP■NEW PRODUCTS◎PREVIEW◎ROLAND TR-09/TB-03/VP-03◎NATIVE INSTRUMENTS Maschine Jam◎PIONEER DJ Toraiz SP-16◎NEKTAR Panorama P6◎IK MULTIMEDIA ILoud Micro Monitor◎CLASSIC PRO Retro-I◎SPECTRASONICS Keyscape◎EMBERTONE Intimate Strings Solo Bundle◎ZYNAPTIQ Adaptiverb◎Q2 AUDIO F765◎SOUNDCRAFT Signature 12 MTK■LIBRARY◎IRRUPT LATE NIGHT LONDON◎SOUNDIRON VOICES OF RAGE■DAW AVENUE◎STEINBERG Cubase Pro 8.5 浜崎容子◎IMAGE-LINE FL Studio 12 JapaRoLL◎ABLETON Live 9 GuruConnect◎APPLE Logic Pro X 井筒昭雄◎AVID Pro Tools Fumitake Tamura(Bun)◎PRESONUS Studio One 砂原良徳■COLUMN◎Maxで作る自分専用パッチ ペルティエ・ジャン=マルク◎flumpool阪井一生のプライベート・スタジオ充実計画◎音楽クリエイターのためのイメージ・トレーニング! 中脇雅裕◎サンプル大学グルー部ビートメイ科 SUI◎THE CHOICE IS YOURS 原雅明◎素晴らしきビンテージの世界 三好敏彦◎Berlin Calling 浅沼優子◎音楽と録音の歴史ものがたり 高橋健太郎◎H2のエレクトロニクス回想記◎祐天寺浩美のお部屋一刀両断◎私の手放せない一品〜YagiのBOSS SP-303■SOUND & RECORDING REVIEW◎NEW DISC◎ENGINEERS’ RECOMMEND◎BOOKS◎NEWS版型:B5変総ページ数:248JANコード:4910040191261出版年月日:2016/10/25JANコード:4910040191261【島村管理コード:15120161024】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ2【電子書籍】[ 中村公輔 ]カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ2【電子書籍】[ 中村公輔 ]1,080送料無料
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】 サウンド・デザイナーとしてKangaroo Paw、Bootles、繭、Neina等の名義で活躍。ミキサー、アレンジャー、エンジニアとしては入江陽、宇宙ネコ子、TAMTAMほか、数多くのアーティストを手がけているカンガルー・ポーこと中村公輔。京都精華大学で教鞭を執るなど、後進の指導にも力を入れており、熱心な指導とわかりやすい講義内容が好評で、ギター・マガジンでもたびたび執筆を担当。本書はそんな中村がサウンド&レコーディング・マガジンにて2011年1月号〜2012年2月号まで連載していた講座を電子化したものです。DAWの進化が著しい昨今、録った後の安易な編集に頼るのではなく、“マイクを立てて録音する”というアナログな部分にあえて注目。録り音を良質なものにするという根本に立ち返り、ギター、ドラム、管楽器、ボーカルなどの録音における、マイクの選び方から対象との距離や角度、ときには演奏者の心構えに至るまで、さまざまな角度から丁寧にレコーディング・ノウハウを紹介します。サンレコ・ファンはもちろん、すべてのサウンドメイカー/クリエイターにお届けしたい1冊です。*この電子書籍に対応した音源は、リットーミュージックの雑誌Webページで試聴可能です。画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。
楽天市場楽天Kobo電子書籍ストア通販ページへ
【中古】 サウンド&レコーディング・マガジン 2008年 4月号 (CD、CD-ROM、小冊子付き) / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】【中古】 サウンド&レコーディング・マガジン 2008年 4月号 (CD、CD-ROM、小冊子付き) / リットーミュージック [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】258
【メール便送料無料、通常24時間以内発送、午後1時までは当日発送】 出版社:リットーミュージックJANコード:4910040190486■通常24時間以内に発送可能です。午後1時までのご注文は通常当日出荷。■メール便は、1冊から送料無料です。※宅急便の場合、2,500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅急便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅急便をご選択下さい。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き、楽天バンクがご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■クリーニング済み。■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い: 使用されてはいますが、 非常にきれいな状態です。 書き込みや線引きはありません。・良い: 比較的綺麗な状態の商品です。 ページやカバーに欠品はありません。 文章を読むのに支障はありません。・可: 文章が問題なく読める状態の商品です。 マーカーやペンで書込があることがあります。 商品の痛みがある場合があります。
楽天市場もったいない本舗 楽天市場店通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年9月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年9月号972
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年8月号972
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年7月号972
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年6月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年6月号972
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年5月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年5月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年4月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年4月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年3月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年3月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年2月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2017年1月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年12月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年12月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年11月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年11月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号【期間限定価格】サウンド&レコーディング・マガジン 2016年10月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号サウンド&レコーディング・マガジン 2017年7月号900
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年6月号サウンド&レコーディング・マガジン 2017年6月号1,000
著者名:サウンド&レコーディング・マガジン編集部
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ2カンガルー・ポーのマイク1年生 サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ21,080
著者名:中村公輔
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン  (定期購読)サウンド&レコーディング・マガジン (定期購読)900
音楽制作に携わる人々に送る専門誌
セブンネットショッピング通販ページへ
松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ1松武秀樹スイッチト・オン・シンセサイザー サウンド&レコーディング・マガジン・アーカイブ・シリーズ11,080
著者名:松武秀樹
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ
Bruce Springsteen/ワーキング・オン・ア・ドリーム [SICP-2136]Bruce Springsteen/ワーキング・オン・ア・ドリーム [SICP-2136]2,592
なんと07年の『MAGIC』以来わずか一年にして新作発表!ボス通算24作目は『MAGIC』レコーディング時に更なる創作意欲が沸きもう1枚分の曲を作りあげてしまったという1枚!プロデュース&ミックスはブレンダン・オブライエン(4作目のコラボ)。アトランタのサザン・トラックス(スタジオ)でレコーディング&ミックスされNYとLAとニュージャージーで追加のレコーディングがなされた。 ボス曰く、「Magic」のレコーディング終盤、ポップなサウンドに回帰していく自分に興奮し、その後も曲を書き続け、翌年Eストリート・バンドと共にツアーの合間をぬってレコーディングし続けたとのこと。
TOWER RECORDS ONLINE価格を比較する通販ページへ
Bruce Springsteen/Working On A Dream (US)  [Limited] [CD+DVD] [88697439312]Bruce Springsteen/Working On A Dream (US) [Limited] [CD+DVD] [88697439312]2,937
なんと07年の『MAGIC』以来わずか一年にして新作発表!ボス通算24作目は『MAGIC』レコーディング時に更なる創作意欲が沸きもう1枚分の曲を作りあげてしまったという1枚!プロデュース&ミックスはブレンダン・オブライエン(4作目のコラボ)。アトランタのサザン・トラックス(スタジオ)でレコーディング&ミックスされNYとLAとニュージャージーで追加のレコーディングがなされた。 ボス曰く、「Magic」のレコーディング終盤、ポップなサウンドに回帰していく自分に興奮し、その後も曲を書き続け、翌年Eストリート・バンドと共にツアーの合間をぬってレコーディングし続けたとのこと。
TOWER RECORDS ONLINE通販ページへ

オークションの検索結果

サウンド&レコーディング2006.11コーネリアス大沢伸一スティングサウンド&レコーディング2006.11コーネリアス大沢伸一スティング現在価格 : 500即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/04 22:35 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!xmhqs107入札ページへ
サンレコ 2016 3月号・星野源◇サウンド&レコーディング・マガジン/Sound & Recording Magazineサンレコ 2016 3月号・星野源◇サウンド&レコーディング・マガジン/Sound & Recording Magazine現在価格 : 1,800即決価格 : 2,000入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/05 00:00 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!yamazenhason入札ページへ
坂本慎太郎■非売品CD【幽霊の気分で(CORNELIUS MIX)】サウンド&レコーディング・マガジン特典/コーネリアス坂本慎太郎■非売品CD【幽霊の気分で(CORNELIUS MIX)】サウンド&レコーディング・マガジン特典/コーネリアス現在価格 : 1,000即決価格 : 1,000入札件数 : 0入札期間 : 残り 4( 06/03 23:34 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!mikkabitown入札ページへ
サウンド・デザイナー サウンド&レコーディング 16冊 バラ売可サウンド・デザイナー サウンド&レコーディング 16冊 バラ売可現在価格 : 1,500即決価格 : 1,500入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 06/05 20:05 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!wmxbj132入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 初音ミク ボカロ入門 2015.9 送料164円サウンド&レコーディングマガジン 初音ミク ボカロ入門 2015.9 送料164円現在価格 : 450即決価格 : 500入札件数 : 0入札期間 : 残り 3( 06/02 20:54 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!haniwasunday入札ページへ
Sound & Recording Magazine 1992年 サウンド&レコーディングマガジン YMO イエローマジックオーケストラ 坂本龍一 細野晴臣 高橋幸宏Sound & Recording Magazine 1992年 サウンド&レコーディングマガジン YMO イエローマジックオーケストラ 坂本龍一 細野晴臣 高橋幸宏現在価格 : 1,800即決価格 : 1,800入札件数 : 0入札期間 : 残り 4( 06/03 21:07 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!niconico857入札ページへ
サウンド&レコーディング・マガジン 創刊号 :表紙・坂本龍一サウンド&レコーディング・マガジン 創刊号 :表紙・坂本龍一現在価格 : 3,000即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 4( 06/03 22:57 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!emir196951入札ページへ
sound&recording サウンド&レコーディング 2007音楽制作sound&recording サウンド&レコーディング 2007音楽制作現在価格 : 185即決価格 : 360入札件数 : 0入札期間 : 残り 18 時間 52( 05/30 21:37 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!ino714927入札ページへ
■サウンド&レコーディング2010-12■大貫妙子&坂本龍一■■サウンド&レコーディング2010-12■大貫妙子&坂本龍一■現在価格 : 440即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 25 時間 22( 05/31 04:07 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!qxygb747入札ページへ
サウンド&レコーディング マガジン 1997年 8月号サウンド&レコーディング マガジン 1997年 8月号現在価格 : 100即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 30 時間 0( 05/31 08:45 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!eiki_japan入札ページへ
●■プロが答えるサウンド&レコーディングQ&A百問百答+20●サウ●■プロが答えるサウンド&レコーディングQ&A百問百答+20●サウ現在価格 : 590即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 3( 06/02 23:54 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!mobili05入札ページへ
Sound & Recording Magazine 2002■スピッツ/草野マサムネ が語る 三日月ロック ■サウンド&レコーディングマガジン aoaoyaSound & Recording Magazine 2002■スピッツ/草野マサムネ が語る 三日月ロック ■サウンド&レコーディングマガジン aoaoya現在価格 : 1,600即決価格 : 1,600入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/05 00:08 まで )
送料無料 / 最低落札価格なし
ヤフオク!aoaoya入札ページへ
■サウンド&レコーディング 2001 3 ブンブンサテライツBOOM BOOM SATELLITES くるり■サウンド&レコーディング 2001 3 ブンブンサテライツBOOM BOOM SATELLITES くるり現在価格 : 590即決価格 : 590入札件数 : 0入札期間 : 残り 6( 06/05 21:18 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!minatomirai5000入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン 2008年7月号 Tenori-On コールドプレイ 坂本龍一サウンド&レコーディングマガジン 2008年7月号 Tenori-On コールドプレイ 坂本龍一現在価格 : 110即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 19 時間 20( 05/30 22:05 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!aenimalateralus10000days入札ページへ
GROOVE/サウンド&レコーディング1996年4月号CD付 電気グルーヴGROOVE/サウンド&レコーディング1996年4月号CD付 電気グルーヴ現在価格 : 2,980即決価格 : 2,980入札件数 : 0入札期間 : 残り 19 時間 28( 05/30 22:13 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!orangebook2006入札ページへ
サウンド&レコーディング2002年10月号 スピッツ 草野マサムネサウンド&レコーディング2002年10月号 スピッツ 草野マサムネ現在価格 : 1,500即決価格 : 1,500入札件数 : 0入札期間 : 残り 40 時間 48( 05/31 19:33 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!ayan1881入札ページへ
サウンド&レコーディング 1984.12●渡辺香津美 冨田勲サウンド&レコーディング 1984.12●渡辺香津美 冨田勲現在価格 : 500即決価格 : 750入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/04 22:21 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!tronikabooks入札ページへ
サウンド&レコーディングマガジン1987.8●坂本龍一/イコライザーサウンド&レコーディングマガジン1987.8●坂本龍一/イコライザー現在価格 : 500即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/04 22:34 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!tronikabooks入札ページへ
サウンド&レコーディング 2005.4●藤原ヒロシ NIGO トミーゲレロサウンド&レコーディング 2005.4●藤原ヒロシ NIGO トミーゲレロ現在価格 : 500即決価格 : 650入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/04 22:37 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!xmhqs107入札ページへ
サウンド&レコーディング 1987.10●トッド・ラングレン 斎藤誠サウンド&レコーディング 1987.10●トッド・ラングレン 斎藤誠現在価格 : 500即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 06/04 22:39 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!xmhqs107入札ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトやオークションサイトから、お探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探すことができる商品検索&価格比較サイトです。

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターAmazon.co.jpWEB SERVICE BY DMM.com
ページトップへ