商品検索&価格比較サイト

フォアゴットンフルーツ

通販 3 件

通販の検索結果

シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポット[下垂性デボニアナム交配種 ミツバチ誘引蘭]シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポット[下垂性デボニアナム交配種 ミツバチ誘引蘭]3,179
メーカー
園芸ネット
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
また、ミツバチを呼ぶランとして有名なデボニアナムの交配種で、日本ミツバチの誘引効果も確認されたため、養蜂家にも人気となっている品種です。 キンリョウヘンよりも若干遅咲きです。 開花は翌年または翌々年からとなります。 学名:Cym. Dorothy Stockstill 'Forgotten Fruits' タイプ:ラン科の非耐寒性多年草 開花期:3月~4月頃 栽培方法:
★2016年春に開花した実績のある株ですが、固体差・栽培環境等により、2017年春に花が咲かない場合もありますので、ご了承ください★シンビジュームは比較的寒さに強く、温室がなくても栽培できるので、初心者におすすめの洋ランです。 開花期が長く、みごとな花房を咲かせます。 フォアゴットンフルーツは花茎が自然に垂れ下がるタイプ(キャスケードタイプ)で、濃紫茶色の花色と特徴的なリップが美しい希少種です。
生育適温は25度以下で、最低気温が10度以上で、湿度は60~70%が理想的ですので、なるべくこの条件に近い場所で栽培します。 冬は室内に置きます。 レースのカーテン越しに日光が入る窓際が最適です。 暖房中の室内では乾燥しやすいので、スプレーなどでこまめに葉水を与えてください。 水やりは4~4日に1度、コップ1杯程度が目安です。 受け皿に水をためると根腐れの原因になりますので避けてください。 暖房機の風が当たる場所には絶対に置かないでください。
日中の温度が15~25度、夜間の温度が5~15度になる場所が最適です。 当年伸びたバルブに花芽がつき、開花します。 満開になったら玄関などの暗い場所においても構いません。 開花中は肥料は施しません。 花は2ヶ月くらい楽しめますが、しおれるまでおくと新芽の成長が遅れるので、早めに花茎の根元から切り取り、切花として楽しむようにします。 (一度花をつけたバルブから次の年に花が咲くことはありません) 春に最低気温が10度を超える5月ころになったら日当たりのよい戸外に出します。 新芽の成長にともない、4~5月ころから月に1回程度固形置肥を数個根元に施します。 また、液肥を規定倍率にうすめて月2~3回施してください。 梅雨のころは生育旺盛なので、肥料切れに注意します。 根元から花芽をつけるバルブ(卵型に膨らんだ芽)が立ち上がってきます。
生育期にはそこから新芽がたくさん出ますが、そのままにしておくと養分が分散され生育不良となるので、新しい芽を1~3本まで残し、他はかきとります。 一般的には春先に出る元気の良い新芽を1つのバルブに1芽だけ残すようにします。 晩春以降、新しい芽が脇から出ることがありますが、全てかきとります。 10月中旬ころに室内にとりこみ、なるべく日当たりの良い場所で管理します。 固形肥料は9月ころで終了とし、液肥は10月まで与えます。 お届けする苗は3号ポット入りです。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
山野草の苗/シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポット山野草の苗/シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポット3,089
ポイント
30 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
下垂性デボニアナム交配種 ミツバチ誘引蘭 ★2016年春に開花した実績のある株ですが、固体差・栽培環境等により、2017年春に花が咲かない場合もありますので、ご了承ください★シンビジュームは比較的寒さに強く、温室がなくても栽培できるので、初心者におすすめの洋ランです。開花期が長く、みごとな花房を咲かせます。フォアゴットンフルーツは花茎が自然に垂れ下がるタイプ(キャスケードタイプ)で、濃紫茶色の花色と特徴的なリップが美しい希少種です。また、ミツバチを呼ぶランとして有名なデボニアナムの交配種で、日本ミツバチの誘引効果も確認されたため、養蜂家にも人気となっている品種です。キンリョウヘンよりも若干遅咲きです。開花は翌年または翌々年からとなります。
Yahoo!ショッピング園芸ネット通販ページへ
山野草の苗/シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポット山野草の苗/シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポット3,179
下垂性デボニアナム交配種 ミツバチ誘引蘭 ★2016年春に開花した実績のある株ですが、固体差・栽培環境等により、2017年春に花が咲かない場合もありますので、ご了承ください★シンビジュームは比較的寒さに強く、温室がなくても栽培できるので、初心者におすすめの洋ランです。開花期が長く、みごとな花房を咲かせます。フォアゴットンフルーツは花茎が自然に垂れ下がるタイプ(キャスケードタイプ)で、濃紫茶色の花色と特徴的なリップが美しい希少種です。また、ミツバチを呼ぶランとして有名なデボニアナムの交配種で、日本ミツバチの誘引効果も確認されたため、養蜂家にも人気となっている品種です。キンリョウヘンよりも若干遅咲きです。開花は翌年または翌々年からとなります。学名:Cym. Dorothy Stockstill 'Forgotten Fruits'タイプ:ラン科の非耐寒性多年草開花期:3月〜4月頃栽培方法:生育適温は25度以下で、最低気温が10度以上で、湿度は60〜70%が理想的ですので、なるべくこの条件に近い場所で栽培します。冬は室内に置きます。レースのカーテン越しに日光が入る窓際が最適です。暖房中の室内では乾燥しやすいので、スプレーなどでこまめに葉水を与えてください。水やりは4〜4日に1度、コップ1杯程度が目安です。受け皿に水をためると根腐れの原因になりますので避けてください。暖房機の風が当たる場所には絶対に置かないでください。日中の温度が15〜25度、夜間の温度が5〜15度になる場所が最適です。当年伸びたバルブに花芽がつき、開花します。満開になったら玄関などの暗い場所においても構いません。開花中は肥料は施しません。花は2ヶ月くらい楽しめますが、しおれるまでおくと新芽の成長が遅れるので、早めに花茎の根元から切り取り、切花として楽しむようにします。(一度花をつけたバルブから次の年に花が咲くことはありません)春に最低気温が10度を超える5月ころになったら日当たりのよい戸外に出します。新芽の成長にともない、4〜5月ころから月に1回程度固形置肥を数個根元に施します。また、液肥を規定倍率にうすめて月2〜3回施してください。梅雨のころは生育旺盛なので、肥料切れに注意します。根元から花芽をつけるバルブ(卵型に膨らんだ芽)が立ち上がってきます。生育期にはそこから新芽がたくさん出ますが、そのままにしておくと養分が分散され生育不良となるので、新しい芽を1〜3本まで残し、他はかきとります。一般的には春先に出る元気の良い新芽を1つのバルブに1芽だけ残すようにします。晩春以降、新しい芽が脇から出ることがありますが、全てかきとります。10月中旬ころに室内にとりこみ、なるべく日当たりの良い場所で管理します。固形肥料は9月ころで終了とし、液肥は10月まで与えます。お届けする苗は3号ポット入りです。シンビジューム:フォアゴットンフルーツ3号ポットの栽培ガイド日陰の庭に、おすすめの植物シンビジュームの育て方苗類のお届け形態についてシンビジュームの育て方シンビジュームの管理方法
楽天市場園芸ネット プラス通販ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトやオークションサイトから、お探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探すことができる商品検索&価格比較サイトです。

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターAmazon.co.jpポンパレモールWEBサービスWEB SERVICE BY DMM.com
ページトップへ