商品検索&価格比較サイト

オリーブの苗木

通販 52 件 / オークション 13 件

通販の検索結果

オリーブの木 苗木 3.5号ポット(苗) 3種類 3ポットお買い得セット販売 ピンチ物(枝ぶりを良くする処理) 品種違いでのお届け 自分流のガーデニングに仕上げて下さい 植え替え・寄せかご・寄せ植えなどに 大きく育てて下さいネオリーブの木 苗木 3.5号ポット(苗) 3種類 3ポットお買い得セット販売 ピンチ物(枝ぶりを良くする処理) 品種違いでのお届け 自分流のガーデニングに仕上げて下さい 植え替え・寄せかご・寄せ植えなどに 大きく育てて下さいネ1,980レビューを見る
メーカー
癒し空間 One's Garden & Plants
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
■記念樹に
■お庭のシンボルツリーに
■人と植物は生活を共にする自然な空間作りにオススメします。
■手の込んだ剪定
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
【オリーブ苗木[T]】 シプレシーノ 3年生苗 7号鉢 【ガーデンストーリーの苗木】【オリーブ苗木[T]】 シプレシーノ 3年生苗 7号鉢 【ガーデンストーリーの苗木】4,298
メーカー
ガーデンストーリー
サイズ
7号鉢サイズ(大)
在庫・発送
通常6~10営業日以内に発送
商品説明
瀬戸内育ちのオリーブ(写真は一例です。)
実の大きさ : 中実
用途 : オリーブオイル向け
鉢底からの高さ : 約 110 ~ 130cm(苗タイプ : C1)
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
オリーブ苗木 チプレッシーノ 全長180cm前後 常緑樹オリーブ苗木 チプレッシーノ 全長180cm前後 常緑樹6,580レビューを見る
メーカー
緑花木ネット
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
※モニターの映り方や季節により、色合い葉量は変化します。
※成長過程での古傷や幹曲り、剪定跡がある場合があります。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
オリーブの木 鉢植え お洒落な高さ30-60サイズ 3.5号ポット苗オリーブの木 鉢植え お洒落な高さ30-60サイズ 3.5号ポット苗1,296
メーカー
クロスリースタイル
カラー
緑、
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
オリーブ鉢植え 3.5号ポット苗 品種:おまかせになります スッキリとした樹形が特徴のオリーブです。商品サイズ: 高さ:約30~60cm
ギリシャ産品種のオリーブは、自然にまとまる円錐形のクリスマスツリーのような樹形、葉の形は他品種と比べてシュッとした細い葉に先がやや尖った銀葉系です。
果実は、小型で使用用途が少ないです。花粉が非常に多いので、受粉樹に向いています。自家結実性はないので、収穫を目的とする場合は異品種を受粉樹として近くに植えてください。
実を楽しむには、自分の花粉では受精が困難な自家不和合性という特徴を持っていますので、異なる品種を2本以上植えることが必要です。
観賞用としても人気があり、大きめのテラコッタに植え込みベランダなどで育てることもできます。オリーブは苗木のうちは枝が大きく曲がっていることが多いので、まっすぐに伸ばしたい場合は支柱に結束して誘引してください。【ご注意ください】お届け先が同じで数量を多く購入の場合、送料が数量分追加されますが商品発送後、追加送料は返金致しますのでご安心下さい。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
オリーブ苗木 チプレッシーノ 全長140cm前後 常緑樹オリーブ苗木 チプレッシーノ 全長140cm前後 常緑樹4,980レビューを見る
メーカー
緑花木ネット
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
※モニターの映り方や季節により、色合い葉量は変化します。
※成長過程での古傷や幹曲り、剪定跡がある場合があります。
≪サイズ≫根底~全長130~150CM前後。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
オリーブ苗木 ルッカ 結実容易な品種 全長50~70CM前後オリーブ苗木 ルッカ 結実容易な品種 全長50~70CM前後2,000
メーカー
緑花木ネット
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
※モニターの映り方や季節により、色合い葉量は変化します。
※成長過程での古傷や幹曲り、剪定跡がある場合があります。
※ルッカは受粉率高く、成長早い品種です
サイズ・ 鉢底~全長50~70CM前後、3.5号POT植え。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
【オリーブ苗木[T]】 ミッション 3年生苗 7号鉢 【ガーデンストーリーの苗木】【オリーブ苗木[T]】 ミッション 3年生苗 7号鉢 【ガーデンストーリーの苗木】5,940
メーカー
ガーデンストーリー
サイズ
3年生苗 7号鉢 大苗
在庫・発送
通常6~10営業日以内に発送
商品説明
瀬戸内育ちのオリーブ(写真は一例です。)
実の大きさ : 中実
用途 : 多用途向け
鉢底からの高さ : 約 110 ~ 130cm(苗タイプ : C1)
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
ボリューム有り ローズマリー 立性 鉢植え 観葉植物 苗 苗木 ハーブ 庭木 植木 ガーデニングボリューム有り ローズマリー 立性 鉢植え 観葉植物 苗 苗木 ハーブ 庭木 植木 ガーデニング4,200レビューを見る
メーカー
観葉植物のパーフェクトグリーン
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
サイズ(鉢底から):50〜60cm前後 鉢サイズ:6号~8号 ローズマリー(立性)
商品の樹形や葉付、高さはそれぞれ違いがございます。植木鉢の色・形は入荷時期によって異なります。予めご了承下さい。
【植物の育て方】を一緒に同梱致しますので、初心者の方でも安心♪
ローズマリーの品種はご指定できません。ご注文時に1番新鮮で新しいものを発送致します。
即日~7営業日以内の出荷となります。配送日の指定は、メールもしくは電話【090-5060-1187】でご連絡ください。 Amazon社から表示されている配送スケジュールは目安となります。正確な出荷日程はご注文後に弊社からメールでご連絡致しますので、必ず御確認くださいませ。 ご不明な点、お急ぎの場合は、【090-5060-1187】までお問合せください。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
[送料無料] 自信の自家生産 四季咲 ギンモクセイ スイートオリーブ 120-150cm シンボルツリー 生垣 目隠し にオススメです! 植木 庭木 苗木[送料無料] 自信の自家生産 四季咲 ギンモクセイ スイートオリーブ 120-150cm シンボルツリー 生垣 目隠し にオススメです! 植木 庭木 苗木7,720
メーカー
鎌田園芸
サイズ
120-150cm
在庫・発送
通常2~3営業日以内に発送
商品説明
ギンモクセイは金木犀と違い、花も少なく香りも弱いのであまり取り扱われませんでした。
しかしこの「スウィートオリーブ」という花付きのよい矮性品種が登場し、人気を集めています。
この品種は、小苗のうちからよく花を咲かせ、しかも四季咲き性なので、真夏と真冬以外、長期間花が楽しめます。
花も金木犀と違い、白い清楚な花を咲かせます。
矮性種なので手入れの手間も少なくてすみます。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
オリーブ苗木 マンザニロ 早生品種 全長50~70CM前後オリーブ苗木 マンザニロ 早生品種 全長50~70CM前後2,000
メーカー
緑花木ネット
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
商品説明
※モニターの映り方や季節により、色合い葉量は変化します。
※成長過程での古傷や幹曲り、剪定跡がある場合があります。
※マンザニロは小葉で実付き良い品種です。
≪サイズ≫ 鉢底~全長50~70CM前後でお買得です。
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
オリーブの木・7号鉢100〜110cm(ミッション・レッチーノ・ネバディロブランコ・マンザにロ)庭木・植木・シンボルツリー・1mオリーブの木・7号鉢100〜110cm(ミッション・レッチーノ・ネバディロブランコ・マンザにロ)庭木・植木・シンボルツリー・1m6,500
ポイント
65 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
■注意 ※梱包の際、多少枝先を曲げ梱包する場合ございます。 ※贈り物でラッピングが必要な場合は別途400円が必要です。 7号鉢(H=23cm ・直径22cm)鉢底から高さ100〜120cm *説明 ○オリーブは『室外』で育てる木です。 十分に日光と夜露が当たる場所で育てます。 ○このままの鉢では小さいので オリーブは時期を見て少し大きな鉢または土地へ植替えが必要です。 ○品種説明 ■1,2枚目写真 シプレシーノ(原産イタリア、シチリア島) (良好なオイルが豊富) 受粉木(ペンドリノ・モライオロ・フラントイオ・レッチーノ・マウリーノ)など ■3枚目写真 ルッカ(イタリア原産) 果実は中型で油分が多くオイル用 種が大きく塩蔵に不向き ■ネバディロブランコ(原産スペイン) 果実(中型)用途(オイル・テーブル用) ■レッチーノ(イタリア原産) 果実は中型・楕円形 果物の風味で美味、 ■マンザニロ(スペイン原産) 果実・楕円、用途・塩蔵 葉は小葉で、裏が白く植木用に姿が綺麗。 ■ミッション(アメリカ原産) 枝が植えに伸び、花が良く咲き実付きが良い。 ネバディロブランコと愛称が良いと言われています。
Yahoo!ショッピングお花屋さん 明花園通販ページへ
オリーブの木 苗 ミッション ベルダル 2本セット 約1.5m2本 大型苗木 観葉植物にもオリーブの木 苗 ミッション ベルダル 2本セット 約1.5m2本 大型苗木 観葉植物にも16,800送料無料
ポイント
168 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、ペイジー、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
売り切れ御免!人気のオリーブご注文はお早めに☆ 【送料無料でのお届けとなりますので大変お買い得となっております♪】 オリーブは自家結実性がありませんので、果実を収穫したい場合には近くに別の品種を植える交配させる必要がります。 『ミッション』と『ベルダル』の2品種の2本セットですので、同時に近くに植える事で早期に果実の収穫を期待できます♪ 定番の2品種ですので初心者にもお勧めです☆ ミッション 全長 約1.5メートル 樹高 約1.2メートル ベルダル 全長 約1.5メートル 樹高 約1.2メートル 上記の規格のサイズの2品種でのおまかせ株での発送となります 女性でも簡単に植え付けが出来るサイズですよ♪ 離島・別荘地・北海道への発送は別途+2000円の送料が掛ります
Yahoo!ショッピング大福樹苗園通販ページへ
オリーブ  【8本セット】  樹高1.2m前後  18cmポット  【送料無料】  /  /オリーブ 【8本セット】 樹高1.2m前後 18cmポット 【送料無料】 / /14,600送料無料
ポイント
146 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、モバイルSuica、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
お気軽にお問い合わせください! TEL 0943-72-8181 【送料無料】
Yahoo!ショッピング花と緑 谷川緑販通販ページへ
オリーブ苗 ネバディロブランコオリーブ苗 ネバディロブランコ698
ポイント
6 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
他品種の受粉樹にも適す [モバイル用商品情報] 出荷寸法:鉢上高さ40cm〜 鉢サイズ10.5cmポット 梱包サイズ:梱包120サイズ(9個梱包可能) 商品情報:常緑樹 日向 中性〜弱アルカリ性土壌が適す オイル用品種 他品種の受粉樹にも適す 他品種と混植で結実良好になります
Yahoo!ショッピングタカハシ グリーンショップ通販ページへ
【選べる品種】希少品種 大実オリーブ 株立ち大苗 4年生 7号スリット鉢植え(全3品種)【選べる品種】希少品種 大実オリーブ 株立ち大苗 4年生 7号スリット鉢植え(全3品種)8,000送料無料
ポイント
80 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
「ワンセブンセブン、アザパ、バロウ二」大実の珍しい品種です♪ オリーブは、樹形や風に揺れる葉が美しく、人気が高い常緑樹です。オリーブオイルやピクルス(塩づけ)のイメージがありますが、玄関のシンボルツリーなど観賞用としても人気です。 種類は、世界中に1200以上も品種があると言われ、樹形や果実の形から、オリーブオイルの味まで多種多様です。 土っ子倶楽部では大実の希少人気品種の株立ち大苗を厳選いたしました。高さのある大きな苗木ですので、シンボルツリー用にもオススメです。(苗木の生産で有名な田主丸町のオリーブです) ※配送の都合上、高さ110cm程に剪定してお届けすることがあります。 ※果実を楽しむには2品種以上を植えましょう。
Yahoo!ショッピング花と緑の専門店 土っ子倶楽部通販ページへ
【選べる品種】全12品種! オリーブ (2年生) 4号ポット苗【選べる品種】全12品種! オリーブ (2年生) 4号ポット苗2,580送料無料
ポイント
25 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
品種いろいろ!平和のシンボル「オリーブ」を育てよう! オリーブは、樹形や風に揺れる葉が美しく、人気が高い常緑樹です。オリーブオイルやピクルス(塩づけ)のイメージがありますが、玄関のシンボルツリーなど観賞用としても人気です。 種類は、世界中に1200以上も品種があると言われ、樹形や果実の形から、オリーブオイルの味まで多種多様です。 土っ子倶楽部では、2年生のオリーブ12品種を厳選しました。(苗木の生産で有名な田主丸町のオリーブです)
Yahoo!ショッピング花と緑の専門店 土っ子倶楽部通販ページへ
花木 庭木の苗/ミニモクセイ:スイートオリーブ3.5号ポット花木 庭木の苗/ミニモクセイ:スイートオリーブ3.5号ポット667
ポイント
6 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
ギンモクセイ・銀木犀 四季咲きで香りのよい常緑低木 モクセイ属のオスマンツス・フラグラントの変種で、ほんの小さな苗木のころから素晴らしく甘い香りの花をつけます。しかも四季咲き性の小型種で、小鉢から6号鉢まで栽培が可能です。庭植えにも適します。
Yahoo!ショッピング園芸ネット通販ページへ
オリーブ苗木(オリーブの木) カヨンヌ8号鉢オリーブ苗木(オリーブの木) カヨンヌ8号鉢12,800
ポイント
128 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
果樹として利用 シンボルツリーとして品種ごとの特徴を楽しむ 17/12/30up 画像左からまたは上から1番一つ置いて2番、3番・・。お好きな番号をご要望欄にご記載ください。 17/1/25 画像更新 5番は高さ鉢込みで約90cmで低いです。丈夫な支柱を立てて結び、少しずつ真っ直ぐにします。 18/2/20 画像更新 ※この商品1つで1送料かかります。複数の商品をご注文になられた時は1送料追加いたします。 高さ鉢込みで約100〜110cm。 小倉園さんのオリーブカヨンヌです。フランス原産の品種です。 大きな実が楽しみですね。 小葉が涼しげな印象を与えます。 ☆育て方のマニュアルをお付けいたします。
Yahoo!ショッピング森農園ネットショップ通販ページへ
オリーブの木(オリーブ苗木) アザパ8号鉢オリーブの木(オリーブ苗木) アザパ8号鉢12,800
ポイント
128 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
果樹として利用 シンボルツリーとして品種ごとの違いを楽しむ 17/12/30up 画像左から間は上から1番、一つ置いて2番、3番・・・、お好きな番号をご要望欄にご記載ください。 18/2/20 画像更新 ※この商品は1つで1送料かかります。複数のご注文を頂いた場合は1送料追加いたします。 高さ鉢込みで110〜130cm。チリ原産。耐寒性は意外とあり普通。 この商品は小倉園の商品です。 実の大きさ特大(4〜12g)、テーブルオリーブ専用。 とても力強い樹形です。間違えのない品種です。お勧めです。 この品種は大きく育てることで、しっかりした力強い樹形に育ちます。 力強く育てることで、大きな実と収量を期待します。 このパワフルな品種をぜひお育てください。 ★育て方のマニュアルをお付けいたします。
Yahoo!ショッピング森農園ネットショップ通販ページへ
オリーブの木(オリーブ苗木) ホジブランコ6号鉢オリーブの木(オリーブ苗木) ホジブランコ6号鉢2,980
ポイント
29 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
果樹として楽しむ 品種ごとの樹姿と実をシンボルツリーで楽しむ 高さ鉢込みで60cm〜100cm、葉の表裏が銀葉で、美しいです。耐寒性強い。 実は中〜大で、ピクルスなどの漬物にします。オイル・テーブル兼用。 本場では、黒く熟した物を用いて漬けられます。 とても味が良いとの評判です。新漬けを頂いたのですが、コクが抜群にあります。是非ご家庭でお作りください。 ★育て方のマニュアルをお付けいたします。
Yahoo!ショッピング森農園ネットショップ通販ページへ
オリーブ(チプレッシーノ)苗 2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な常緑樹 [現品発送]オリーブ(チプレッシーノ)苗 2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な常緑樹 [現品発送]15,800
ポイント
158 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
銀色に輝く葉と美しい樹姿が魅力 平和の象徴「オリーブの木」は銀色に輝く葉(シルバーリーフ)と自然樹形でも美しい樹姿が魅力な常緑樹です。 熟した果実はオリーブオイルを抽出することも出来ますし、ジャムやピクルスの原料にもなります。
Yahoo!ショッピング植木・庭木販売GG通販ページへ
【選べる品種】2個セット 全12品種! オリーブ (2年生) 4号ポット苗【選べる品種】2個セット 全12品種! オリーブ (2年生) 4号ポット苗3,980送料無料
ポイント
39 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
品種いろいろ!平和のシンボル「オリーブ」を育てよう! オリーブは、樹形や風に揺れる葉が美しく、人気が高い常緑樹です。オリーブオイルやピクルス(塩づけ)のイメージがありますが、玄関のシンボルツリーなど観賞用としても人気です。 種類は、世界中に1200以上も品種があると言われ、樹形や果実の形から、オリーブオイルの味まで多種多様です。 土っ子倶楽部では、2年生のオリーブ12品種を厳選しました。(苗木の生産で有名な田主丸町のオリーブです)
Yahoo!ショッピング花と緑の専門店 土っ子倶楽部通販ページへ
【お試しサイズ】 スラリと伸びた オリーブ苗 3.5号サイズ 鉢カバーセット オリーブ【お試しサイズ】 スラリと伸びた オリーブ苗 3.5号サイズ 鉢カバーセット オリーブ760
ポイント
7 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
元気いっぱいのオリーブの苗木です! 種類 オリーブ鉢 3.5号ポット苗(鉢カバー付)………………………………………………………………※鉢カバーの色・形状はイメージです。写真と異なる場合があります▼size 高さ:約55cm 幅:約15〜20cm(葉の広がりを含むおよその寸法)▼置き場所 場所:室内・室外OK 日光:日向〜日陰 温度:0℃以上明るい場所〜半日陰で育てます。窓から少し離れた、部屋の中程でも管理できます。▼水やり 回数:1週間に1〜2回程度 分量:500mlのペットボトル4分の1程度※乾燥に強い植物です。………………………………………………………………■ 付属品 土の表面を覆い隠す化粧材(ヤシ繊維) プラスチック製鉢カバー
Yahoo!ショッピングランドプランツ通販ページへ
オリーブ ホワイトセラアート鉢 送料無料 オリーブの木 観葉植物オリーブ ホワイトセラアート鉢 送料無料 オリーブの木 観葉植物8,800送料無料
ポイント
88 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
インテリアのシンボルに☆育てやすくて大人気 送料無料 高さ(鉢底から):約100〜120cm前後 鉢サイズ:8号 (品種例:チプレッシーノ・ピクアル・ルッカ等) ■商品の樹形や葉付、高さはそれぞれ違いがございます。予めご了承下さい。 ■14時までの注文→即日(土日祝を除く)〜7営業日以内の出荷 ※配送日時の希望は買い物かごに入れた後の要望欄へご入力下さい。 ■各種ギフト(お祝い・お礼など)の立札・メッセージカードも承ります。ご不明点は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。 ご注文者様とお届け先の住所・氏名が違う場合は、ギフトとみなし、配送業者の送り主はご注文者様の氏名・住所にてお送りします。万が一、ご希望の氏名・住所がある場合はお知らせくださいませ。 -- オリーブ オリーブの木 鉢植え 苗 苗木 シルバーリーフ 観葉植物 観葉植物通販 通販 販売 鉢植え 新築祝い 開店祝い 開業祝い お祝い お礼 ギフト 引っ越し祝い 誕生日 プレゼント 内祝い 結婚祝い 敬老の日 シンプルモダン シック 和モダン ナチュラル アジアン おしゃれ 人気 加湿 空気清浄 マイナスイオン 鉢植え 本物
Yahoo!ショッピング観葉植物のパーフェクトグリーン通販ページへ
オリーブの木(オリーブ苗木) シプレッシーノ7号鉢オリーブの木(オリーブ苗木) シプレッシーノ7号鉢4,980
ポイント
49 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
実を収穫 シンボルツリー 17/7/18up 画像向かって左から(1)番(2)番(3)番…です。お好きな物をお選びください。・・早い番号連絡順です。ご要望の欄にお好きな番号をご記入ください。 高さ鉢込みで約160〜180cm、シチリア原産です。 とても良い株です。 レッチーノと近い品種ですので、同じような実が付くと思います。 果実の大きさは中、オイル用ですが、テーブルオリーブとしても利用できます。イタリアでは、防風林として利用されています。 樹形は庭園樹としてはすばらしい樹形になります。 オリーブ品種の中で樹形の美しさは、レッチーノかシプレッシーノかと言われるくらいです。 針葉樹の様な樹形に実が付くととても素敵です。 ☆育て方のマニュアルをお付けいたします。
Yahoo!ショッピング森農園ネットショップ通販ページへ
オリーブの木(オリーブ苗木) シプレッシーノ4号ポットオリーブの木(オリーブ苗木) シプレッシーノ4号ポット1,190
ポイント
11 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
実を楽しむ シンボルツリー 11/1up 17/10/13 10/16から発送いたします。 高さ鉢込みで、60〜80cm、2年生苗です。シチリア原産です。 レッチーノと近い品種ですので、同じような実が付くと思います。 果実の大きさは中、オイル用ですが、テーブルオリーブとしても利用できます。イタリアでは、防風林として利用されています。 樹形は庭園樹としてはすばらしい樹形になります。 オリーブ品種の中で樹形の美しさは、レッチーノかシプレッシーノかと言われるくらいです。 ★育て方のマニュアルをお付けいたします。 “用土ベース(オリーブ)2リットル”をサービスでお付けいたします。出来上がり5リットルになります。(肥料込) “サービス植え替え(オリーブ)ロングスリット6号鉢”を利用できます。 入金確認後、商品現状画像(ショップどの商品でも)をメールで送ります。 注文前でもご希望で現状商品画像を送ります。
Yahoo!ショッピング森農園ネットショップ通販ページへ
観葉植物 オリーブ オリーブの木 白丸型陶器鉢 卓上 室内用 結婚式 プレゼント 記念品 親贈呈 ギフト 両親贈呈品観葉植物 オリーブ オリーブの木 白丸型陶器鉢 卓上 室内用 結婚式 プレゼント 記念品 親贈呈 ギフト 両親贈呈品2,980
ポイント
29 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
コンパクトサイズの珍しい卓上オリーブです。 ウエルカムツリー 種類 オリーブ 鉢の素材 白色陶器 受皿付(つや有)▼size幅:約20cm 高さ:約30cm(葉の広がりを含むおよその寸法)▼置き場所室内の日光が当たる、日当たりの良い場所。風通しの良い場所が望ましい。※窓から少し離れた、部屋の中程でも管理できますが、週に2回程度、日光浴をさせてください。▼水やり (週1〜2回程度)土が乾いてからたっぷり与える。秋から徐々に水やり回数を減らして、冬は乾かし気味に。※年間を通して霧吹きで葉水を与えると良いです。※比較的乾燥に強い植物です。★★★ おすすめポイント ★★★・丈夫で簡単、初心者の方でもオススメです。・シンプルな鉢とのセットで置き場所を選びません。・プレゼントにも最適!お喜びを頂けること間違いなし!・新築祝い等に最適です。■ 付属品土の表面を覆い隠す化粧石 イエロー色(天然石)植木鉢同色の陶器製 受け皿育て方のマニュアルカード【プレゼント包装可能です】※無料 可愛くラッピングいたします。
Yahoo!ショッピングランドプランツ通販ページへ
【選べる品種】全9品種! 株立ち 大苗オリーブ (4年生) 7号ポット苗【選べる品種】全9品種! 株立ち 大苗オリーブ (4年生) 7号ポット苗5,800送料無料
ポイント
58 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
品種いろいろ!平和のシンボル「オリーブ」株立ちの大きな苗木! オリーブは、樹形や風に揺れる葉が美しく、人気が高い常緑樹です。オリーブオイルやピクルス(塩づけ)のイメージがありますが、玄関のシンボルツリーなど観賞用としても人気です。 種類は、世界中に1200以上も品種があると言われ、樹形や果実の形から、オリーブオイルの味まで多種多様です。 土っ子倶楽部では、4年生の7号(21cm)ポットの株立ち大苗オリーブ9品種を厳選しました。高さのある大きな苗木ですので、シンボルツリー用にもオススメです。(苗木の生産で有名な田主丸町のオリーブです) ※配送の都合上、高さ110cm程に剪定してお届けすることがあります。 ※果実を楽しむには2品種以上を植えましょう。
Yahoo!ショッピング花と緑の専門店 土っ子倶楽部通販ページへ
NEW!! オリーブ 10号サイズ 黒セラーアート鉢に植えた オリーブの木 鉢植えオリーブ 結婚式で両親へのプレゼント 結婚式の記念品 親贈呈ギフト 両親贈呈品NEW!! オリーブ 10号サイズ 黒セラーアート鉢に植えた オリーブの木 鉢植えオリーブ 結婚式で両親へのプレゼント 結婚式の記念品 親贈呈ギフト 両親贈呈品19,800
ポイント
198 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
ベランダやお庭に素敵なワンポイントを!
Yahoo!ショッピングランドプランツ通販ページへ
オリーブの木(オリーブ苗木) ジャンボカラマタ8号鉢オリーブの木(オリーブ苗木) ジャンボカラマタ8号鉢29,800
ポイント
298 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
果樹として利用 品種ごとの違いをシンボルツリーとして楽しむ 18/1/20up 左からまたは上から1番、2番・・お好きな番号を選んでご要望欄にご記載ください。 1番と4番は鉢込みで高さ約130cm、2番は約120cm、3番と5番は約110cmです。 ※この商品は1つで1送料かかります。他の商品を合わせてご注文いただいた場合は1送料追加いたします。 サイズが170になった場合は、ヤマトは運輸は使えません。 小倉園さんの自慢の商品です。 世界一の果実の大きさを誇ります。 誰でも大きな実を付ける事が出来ます。 ここまで育てる事が難しい品種です。 この商品は剪定済みです。 春から新梢が新葉を伴いながら伸びてきます。 1クラス上の商品なので、8号鉢企画ですが実際は10号鉢の規格になります。 この時期しかない商品になります。 限定5鉢、少なくなれば5鉢を補充します。合計10鉢限定になります。 次の仕入れは夏以降になります。
Yahoo!ショッピング森農園ネットショップ通販ページへ
【送料無料】オリーブの木 1.3m 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》【送料無料】オリーブの木 1.3m 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》6,264送料無料
人気のオリーブ! ※写真は見本品です。 ※品種は不明です。 写真は17年10月21日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【送料無料】【現品】オリーブの木 コレッジョラ 1.8m 21686 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【送料無料】【現品】オリーブの木 コレッジョラ 1.8m 21686 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r27,864送料無料
イタリア原産の人気品種 ※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
選べるオリーブの木 4号苗 Hタイプ 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r (g4)選べるオリーブの木 4号苗 Hタイプ 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r (g4)1,382
シプレシーノ・ネバディロブロンコ・アルベキナ・ルッカ・コロネイキ・フラントイオ・ワッガベルダル ※写真は見本品です。 写真は18年2月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【送料無料】【現品】オリーブの木 コレッジョラ 1.9m 21681 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【送料無料】【現品】オリーブの木 コレッジョラ 1.9m 21681 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r28,944送料無料
イタリア原産の人気品種 ※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
オリーブの木 6号 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 rオリーブの木 6号 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r2,160
人気のオリーブ! ※写真は見本品です。 写真は17年11月07日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711a-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ■用途 :地植え、鉢植え(苗木)
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品6種】オリーブの木 ネバディロブロンコ スタンダードタイプ 1.3m《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【現品6種】オリーブの木 ネバディロブロンコ スタンダードタイプ 1.3m《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r15,984
人気のオリーブ ※番号の商品を御送りします。 写真は18年2月9日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ネバディロブロンコNevadillo Blanco 明治41年ミッションとともにアメリカから導入され 自家不結実性が強いのですが花粉が非常に多いので、受粉樹としての価値があります。 葉枝は茂りやすいので剪定で好みの樹形に仕立てやすいです。 葉はやや薄めのグリーンで美しく、観賞用にお勧めです。 原産地はスペインで、 オリーブの中ではポピュラーな品種で、成長が早く樹形はやや開張性。側枝が出やすくよく茂りますから剪定や枝抜きで仕立て易い品種です。 葉は固めのグリーンのやや大きめで裏は灰緑色です。 果実は丸みのある楕円形で食用(ピクアル)、オイルように利用されます。 実もなりやすいのですが、花粉が多いので他の品種の受粉樹賭しても利用されます。 下の写真はネバディブロンコの実です。木が大きくなると実も大きくなるようです。2010/10/15日撮影
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品】オリーブの木 モライオロ 1.4m 112852《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》【現品】オリーブの木 モライオロ 1.4m 112852《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》8,424
人気のオリーブ! ※写真の商品を御送りします。 写真は17年11月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品】オリーブの木 フラントイオ 2.0m 110365《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》【現品】オリーブの木 フラントイオ 2.0m 110365《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》15,984
人気のイタリア原産オリーブ ※写真の商品をお送りします。 3・4枚目の写真からわかりますように、細い枝を主軸として支柱で立てています。 写真は17年11月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711a-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ■用途 :地植え、鉢植え(苗木) フラントイオ 原産地はイタリア。 生育は旺盛。花付き実付きが良く果実は小ぶりな卵型。 栽培地の適応性が良く世界各地で栽培されている。
楽天市場千草園芸通販ページへ
オリーブの木 ネバディロブロンコ 3号苗《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》(g4)オリーブの木 ネバディロブロンコ 3号苗《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》(g4)1,242
人気のオリーブ! ※写真は見本品です。 写真は17年10月24日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ネバディロブロンコNevadillo Blanco 明治41年ミッションとともにアメリカから導入され 自家不結実性が強いのですが花粉が非常に多いので、受粉樹としての価値があります。 葉枝は茂りやすいので剪定で好みの樹形に仕立てやすいです。 葉はやや薄めのグリーンで美しく、観賞用にお勧めです。 原産地はスペインで、 オリーブの中ではポピュラーな品種で、成長が早く樹形はやや開張性。側枝が出やすくよく茂りますから剪定や枝抜きで仕立て易い品種です。 葉は固めのグリーンのやや大きめで裏は灰緑色です。 果実は丸みのある楕円形で食用(ピクアル)、オイルように利用されます。 実もなりやすいのですが、花粉が多いので他の品種の受粉樹賭しても利用されます。 下の写真はネバディブロンコの実です。木が大きくなると実も大きくなるようです。2010/10/15日撮影
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品3種】オリーブの木 ネバディロブロンコ 1.4m〜 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》【現品3種】オリーブの木 ネバディロブロンコ 1.4m〜 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》3,240
人気のオリーブ ※番号の商品を御送りします。 写真は17年11月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ネバディロブロンコNevadillo Blanco 明治41年ミッションとともにアメリカから導入され 自家不結実性が強いのですが花粉が非常に多いので、受粉樹としての価値があります。 葉枝は茂りやすいので剪定で好みの樹形に仕立てやすいです。 葉はやや薄めのグリーンで美しく、観賞用にお勧めです。 原産地はスペインで、 オリーブの中ではポピュラーな品種で、成長が早く樹形はやや開張性。側枝が出やすくよく茂りますから剪定や枝抜きで仕立て易い品種です。 葉は固めのグリーンのやや大きめで裏は灰緑色です。 果実は丸みのある楕円形で食用(ピクアル)、オイルように利用されます。 実もなりやすいのですが、花粉が多いので他の品種の受粉樹賭しても利用されます。 下の写真はネバディブロンコの実です。木が大きくなると実も大きくなるようです。2010/10/15日撮影
楽天市場千草園芸通販ページへ
【送料無料】【現品】オリーブの木 コレッジョラ 1.8m 21682 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【送料無料】【現品】オリーブの木 コレッジョラ 1.8m 21682 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r28,944送料無料
イタリア原産の人気品種 ※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品5種】オリーブの木 シプレシーノ 8号苗《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》(g4)【現品5種】オリーブの木 シプレシーノ 8号苗《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》(g4)6,264
中粒で病気に強く育てやすい品種。観賞用でもオススメ! ※番号の商品をお送りします。 写真は18年1月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 シプレッシーノCipressino 原産地はイタリアの、シチリア島で高級オイル専用の品種です。 樹形は立ち性でまとまりやすく、葉はよく茂り、やや大きめの銀葉系で先が尖っています。果実は丸みのある楕円形です。 チプレシーノの実
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品4種】オリーブの木 ネバディロブロンコ スタンダードタイプ 1.0m《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【現品4種】オリーブの木 ネバディロブロンコ スタンダードタイプ 1.0m《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r9,504
人気のオリーブ ※番号の商品を御送りします。 写真は18年2月9日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ネバディロブロンコNevadillo Blanco 明治41年ミッションとともにアメリカから導入され 自家不結実性が強いのですが花粉が非常に多いので、受粉樹としての価値があります。 葉枝は茂りやすいので剪定で好みの樹形に仕立てやすいです。 葉はやや薄めのグリーンで美しく、観賞用にお勧めです。 原産地はスペインで、 オリーブの中ではポピュラーな品種で、成長が早く樹形はやや開張性。側枝が出やすくよく茂りますから剪定や枝抜きで仕立て易い品種です。 葉は固めのグリーンのやや大きめで裏は灰緑色です。 果実は丸みのある楕円形で食用(ピクアル)、オイルように利用されます。 実もなりやすいのですが、花粉が多いので他の品種の受粉樹賭しても利用されます。 下の写真はネバディブロンコの実です。木が大きくなると実も大きくなるようです。2010/10/15日撮影
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品】オリーブの木「ルッカ」スタンダード玉仕立て【樹高1.2m・葉張り60cm・幹の太さ4cm】 101051《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》r【現品】オリーブの木「ルッカ」スタンダード玉仕立て【樹高1.2m・葉張り60cm・幹の太さ4cm】 101051《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》r32,184
果実は小ぶりな豊産性タイプ ※写真の商品を御送りします。 写真は17年10月10日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ・ルッカ     原産地 イタリア     樹勢が旺盛でオリーブらしい美しい樹冠を形成します。     長年放任すると横に開いたような伸び方をしますので     2年に1度は剪定をし樹形を整える方がよいでしょう。     果実は小ぶりな豊産性タイプ。     葉は卵型に近い巾広の可愛い葉型です。 品種についての説明はこちらです。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品】オリーブの木 ネバディロブロンコ 1.4m 112854《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》r【現品】オリーブの木 ネバディロブロンコ 1.4m 112854《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》r6,264
人気のオリーブ ※写真の商品を御送りします。 写真は17年11月28日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【送料無料】【現品】オリーブの木 シプレシーノ 2.0m 120852《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【送料無料】【現品】オリーブの木 シプレシーノ 2.0m 120852《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r18,144送料無料
人気のオリーブ ※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712a-u ※北海道や沖縄、船賃の要る離島は 別途送料が必要です。■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 シプレッシーノCipressino 原産地はイタリアの、シチリア島で高級オイル専用の品種です。 樹形は立ち性でまとまりやすく、葉はよく茂り、やや大きめの銀葉系で先が尖っています。果実は丸みのある楕円形です。 チプレシーノの実
楽天市場千草園芸通販ページへ
【※新品種】オリーブの木 ひなかぜ 6号セラアート植え 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r【※新品種】オリーブの木 ひなかぜ 6号セラアート植え 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》 r3,402
一般的な品種よりも生長が早い新品種 ※写真は見本品です。 ※セラアートの色をお選びください。 写真は17年10月21日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 ■用途 :地植え、鉢植え(苗木) ひなかぜ HINAKAZE 耐暑耐寒性に優れ日本の気候でも栽培可能です。 一般的な品種よりも生長が早く、15cmの幼木が半年で1mほどに生長します。 葉の裏表で異なるグリーンのコントラストが美しく、 萌芽力に優れているので観賞用や庭木のシンボルツリーとしてお勧めの品種です。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品】オリーブの木 8号セラアート植え 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》【現品】オリーブの木 8号セラアート植え 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》4,104
シンボルツリーにオススメ! ※番号の商品を御送りします。 写真は17年12月19日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。
楽天市場千草園芸通販ページへ
【現品】オリーブの木 シプレシーノ 1.9m 111351 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》r【現品】オリーブの木 シプレシーノ 1.9m 111351 《シンボルツリーに最適なオリーブの苗木、庭木や鉢植えとして人気》r7,344
中粒で病気に強く育てやすい品種。観賞用でもオススメ! ※写真の商品をお送りします。 写真は17年11月11日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711b-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)■分類 モクセイ科オレア属の常緑高木 ■学名 Olea europaea L ■原産 シリア、トルコ南部、または北アフリカとも言われます。 「栽培」 乾燥した温和な気候を好む常緑高木ですが、寒さにも強く-8度くらいまで耐えます。 他家受粉の性質が強いので実を付けるためには2品種植えることが必要です。 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は「有機石灰」の使用をお勧めします。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのには「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 オリーブの栽培方法 ■土壌 一般にオリーブは温暖で雨の少ない乾燥した土地を好むとされていますが、 水分は十分あったほうがよく育ち、特に開花結実期は水分を必要とします。 ただ、根は湿害に弱く、過湿になると障害を受けるので水捌けのよい用土で育てるようにします。 オリーブは浅根性の性質から風に弱く、強風で倒れやすいので十分な防風の備えが必要です。 強風で倒れた場合も、またおこして植え付けると元通り生育するなど適応性のあるところもあります。 多くは鉢植えで販売されていますが、鉢植えでの栽培はあまり良い結果が得られません。 出来るだけ露地植えで栽培されることをお勧めいたします。 どうしても鉢植え栽培にされる場合は、すぐに「オリーブの土」で植え替え、 古い用土はできるだけ取り除くようにして植えてください。 大変水はけのよい用土ですから、水は切らさないように与え、 しばらくは強い直射や強風を避けた場所で 管理してください。 葉が多い場合は、剪定をして水分の蒸散を抑えてやることも大切です。 露地への植え付けは根の張りをよくするために排水のよい用土に深く耕して植えつけます。 腐葉土やパーライトなどを加えるとよいでしょう。 また、酸性土壌を嫌うので必ず石灰分を補給する事が大切で植え付け時にも与えるようにします。 すぐに植え付けする場合は有機石灰の使用をお勧めします。 植えた後は風などで動かないように支柱をしっかり立てて個立することも大切です。 ■気候 地中海地方の温暖な気候の地方を原産とする植物ですが耐寒性も強く、-8度程度の温度まで耐えます。 ただ、土壌が乾燥したり、強風の吹きつけるところではそれ以上の温度でも害を受ける事があります。 一般に関東地方以南での路地植え栽培は問題なくできます。 日光は大変好みますからできるだけ日照時間の長い場所で育てるようにします。 日照時間の短い場所では成長が遅く、ひ弱な成長をするようになります。 左の写真は当店の栽培所の冬の状態です。 気温は氷点下になりますが元気に冬越しします。 新芽は冬でも展開しています。 正月前の意外な積雪に急いで雪対策を行いました。 枝が折れないような雪害対策は必要です。 ■剪定 剪定は樹形を整えたり、風対策のために行いますが、 元気に生育している場合はどこからでも不定芽が出やすいので徒長枝や密生枝を間引くように行います。 毎年春の生育前の2月に弱剪定を行います。 オリーブの木全体に日が当たるように込み合った枝や、下向きの枝を間引いて樹形を整えます。 また、根元を覆う下枝もなくして、根元に目が行き届くようにします。 大きくなった木は3年に一度くらい強剪定を行います。同じく2月に樹形の整理と、 木の若返りのために、太い枝を切ります。結果的に木が若返り、以後の実付きもよくなります。 ■病害虫 害虫は少ないのですがオリーブアナアキゾウムシを始めとするテッポウ虫の害があります。 根元から出る木屑に注意し、見つけたら表皮をはいで孔を見つけてスミチオンなどの薬剤を注入して殺すか、 ノズルのついた殺虫剤を噴露して、殺します。 穴はツギロウなど「癒合剤」を入れて雨水の浸入を防ぐ等ししましょう。 オリーブは古くから日本に導入されていたにもかかわらず、 一般に普及しなかったのにはこの「オリーブアナアキゾウムシ」が原因です。 小さい虫ですが根元に多くの虫が産卵し、樹皮の内側を食い荒らした後、 軸に大きい穴を開けて食い進み樹木を枯らせてしまうのです。 これを防ぐためには予防が最も効果的です。 オリーブを植栽された場合は、必ずキマモールを高さ1m位までの幹に塗っておくことをお勧めいたします。 病害にはまれに「炭阻病」「斑点病」などがあります。 実に斑点ができて腐っていきます。 特効薬は無く、枯れ枝や弱った枝を取り除き、全体を風通しよくして置くようにします。 また、窒素肥料を控えて栽培することも大切です。 よく日に当てて、風通しよく剪定する。 酸性土壌を改良し、水はけのよい肥沃な土壌にして元気にすることで回復を図ります。 シプレッシーノCipressino 原産地はイタリアの、シチリア島で高級オイル専用の品種です。 樹形は立ち性でまとまりやすく、葉はよく茂り、やや大きめの銀葉系で先が尖っています。果実は丸みのある楕円形です。 チプレシーノの実
楽天市場千草園芸通販ページへ
【ふるさと納税】オリーブの苗木 マンザニロ(1本 50cm〜60cm高)【ふるさと納税】オリーブの苗木 マンザニロ(1本 50cm〜60cm高)13,000送料無料
オリーブの島で育ったオリーブの苗木。マンザニロは実が大きく果実加工用として栽培される品種です。生育はゆっくりですが栽培は比較的容易で別品種の花粉によって実がなりやすいタイプの品種です。*苗木の大きさには個体差があります ※写真はイメージです 名称 苗木 産地 小豆島 内容量 1本 50cm〜60cm高 発送時期 平成30年6月中旬から順次発送予定 製造者 東洋オリーブ株式会社 提供元 小豆島とのしょう観光協会 ・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。オリーブの苗木 マンザニロ(1本 50cm〜60cm高)
楽天市場香川県土庄町通販ページへ
オリーブオリーブ1,026
苗木の選び方や実をつけさせるコツ、繁りすぎた枝の切り方など、12か月の栽培管理のノウハウを、オリーブの伝道師を自認する著者がやさしく解説。
セブンネットショッピング通販ページへ
オリーブandベリーファンブックオリーブandベリーファンブック1,728
著者名:小暮 剛 監修,関塚 直子 監修 内容説明:庭がなくても、植木鉢があれば大丈夫。ガーデニング初心者におすすすめのオリーブとベリーの育て方を紹介。収穫後の楽しみ方、小豆島オリーブ紀行、苗木取扱いネットショップなども掲載。【「TRC MARC」の商品解説】
書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】※旧オンライン書店bk1通販ページへ

オークションの検索結果

◇◆オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木◆◇◇◆オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木◆◇現在価格 : 1,080即決価格 : 3,240入札件数 : 0入札期間 : 残り 4 時間 15( 02/24 10:20 まで )
新品 / 最低落札価格なし
ヤフオク!stm_retard入札ページへ
◇オリーブ苗木≪サウス・オーストラリア・ベルダム40≫銀葉系の大葉品種です!(品番40)◇オリーブ苗木≪サウス・オーストラリア・ベルダム40≫銀葉系の大葉品種です!(品番40)現在価格 : 980即決価格 : 1,030入札件数 : 0入札期間 : 残り 40 時間 41( 02/25 22:46 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!toaki0409入札ページへ
◆オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木◆◆オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木◆現在価格 : 1,080即決価格 : 3,240入札件数 : 0入札期間 : 残り 2( 02/26 21:39 まで )
新品 / 最低落札価格なし
ヤフオク!stm_retard入札ページへ
葉の綺麗なオリーブ(地中海原産)苗木葉の綺麗なオリーブ(地中海原産)苗木現在価格 : 1,080即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 17 時間 12( 02/24 23:17 まで )
新品 / 最低落札価格なし
ヤフオク!stm_retard入札ページへ
◆オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木◆◆オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木◆現在価格 : 1,080即決価格 : 3,240入札件数 : 0入札期間 : 残り 17 時間 36( 02/24 23:41 まで )
新品 / 最低落札価格なし
ヤフオク!stm_retard入札ページへ
◇オリーブ苗木≪バーデル(ベルダル)・40≫大葉の銀葉系品種です!(品番Verdale40)◇オリーブ苗木≪バーデル(ベルダル)・40≫大葉の銀葉系品種です!(品番Verdale40)現在価格 : 960即決価格 : 1,000入札件数 : 0入札期間 : 残り 40 時間 41( 02/25 22:46 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!toaki0409入札ページへ
オリーブの苗木鉢 円錐形の樹形になるエルグレコ3,5号ポット苗オリーブの苗木鉢 円錐形の樹形になるエルグレコ3,5号ポット苗現在価格 : 680即決価格 : 680入札件数 : 0入札期間 : 残り 9 時間 39( 02/24 15:44 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!month_6155入札ページへ
オリーブの苗木鉢 円錐形の樹形になるエルグレコ3,5号ポット苗オリーブの苗木鉢 円錐形の樹形になるエルグレコ3,5号ポット苗現在価格 : 680即決価格 : 680入札件数 : 0入札期間 : 残り 27 時間 45( 02/25 09:50 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!month_6155入札ページへ
オリーブの苗木鉢 元気なミッション4号ポット 数量限定オリーブの苗木鉢 元気なミッション4号ポット 数量限定現在価格 : 980即決価格 : 980入札件数 : 0入札期間 : 残り 27 時間 49( 02/25 09:54 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!month_6155入札ページへ
オリーブの苗木鉢 元気なミッション4号ポット 数量限定オリーブの苗木鉢 元気なミッション4号ポット 数量限定現在価格 : 980即決価格 : 980入札件数 : 0入札期間 : 残り 35 時間 2( 02/25 17:07 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!month_6155入札ページへ
オリーブの苗木鉢 円錐形の樹形になるエルグレコ3,5号ポット苗オリーブの苗木鉢 円錐形の樹形になるエルグレコ3,5号ポット苗現在価格 : 680即決価格 : 680入札件数 : 0入札期間 : 残り 2( 02/26 22:51 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!month_6155入札ページへ
オリーブの苗木鉢 形のきれいなネバディロ・ブランコ5号鉢H92オリーブの苗木鉢 形のきれいなネバディロ・ブランコ5号鉢H92現在価格 : 3,281即決価格 : 3,281入札件数 : 0入札期間 : 残り 3( 02/27 09:06 まで )
最低落札価格なし
ヤフオク!month_6155入札ページへ
オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木オリーブの木(イタリアンオリーブ)苗木現在価格 : 4,980即決価格 : -入札件数 : 0入札期間 : 残り 5( 03/01 14:17 まで )
新品 / 最低落札価格なし
ヤフオク!stm_retard入札ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトやオークションサイトから、お探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探すことができる商品検索&価格比較サイトです。

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターAmazon.co.jpWEB SERVICE BY DMM.com
ページトップへ