商品検索&価格比較サイト

音楽の友10月号

通販 47 件

通販の検索結果

音楽の友 2017年10月号音楽の友 2017年10月号82レビューを見る
発売日
2017/09/16
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2014年10月号音楽の友 2014年10月号111
発売日
2014/09/18
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2011年 10月号 [雑誌]音楽の友 2011年 10月号 [雑誌]8,845
発売日
2011/09/17
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2016年10月号音楽の友 2016年10月号1
発売日
2016/09/17
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友2015年10月号音楽の友2015年10月号1
発売日
2015/09/18
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
在庫あり。
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2013年 10月号 [雑誌]音楽の友 2013年 10月号 [雑誌]150
発売日
2013/09/18
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2012年 10月号 [雑誌]音楽の友 2012年 10月号 [雑誌]1
発売日
2012/09/18
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2010年 10月号 [雑誌]音楽の友 2010年 10月号 [雑誌]720
発売日
2010/09/18
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2007年 10月号 [雑誌]音楽の友 2007年 10月号 [雑誌]191
発売日
2007/09/18
メーカー
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス通販ページへ
音楽の友 2001年10月号 (①心に語るチェロの響き②ヨーロッパ夏の音楽祭)音楽の友 2001年10月号 (①心に語るチェロの響き②ヨーロッパ夏の音楽祭)2,500
メーカー
音楽之友社
著者
音楽之友社
在庫・発送
通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jpマーケットプレイス価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2016年10月号音楽の友 2016年10月号997
ポイント
27 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、Yahoo!マネー/預金払い
Yahoo!ショッピングエイブルマートヤフー店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2016年10月号 Magazine音楽の友 2016年10月号 Magazine998
発売日
2016/09/17
ポイント
9 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、ペイジー、コンビニ払い
商品説明
ご注文後のキャンセル・返品は承れません。 発売日:2016/09/17/商品ID:4351653/ジャンル:DOMESTIC MAGAZINE/フォーマット:Magazine/組枚数:1/レーベル:音楽之友社/タイトル:音楽の友 2016年10月号/タイトルカナ:オンガクノトモ
Yahoo!ショッピングタワーレコード Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
◆音楽の友 1970年10月号 特集:現代の指揮者とオーケストラの結びつき/豪華絢爛ポリショイ・オペラ/注目をあびる現代邦楽◆音楽の友 1970年10月号 特集:現代の指揮者とオーケストラの結びつき/豪華絢爛ポリショイ・オペラ/注目をあびる現代邦楽1,080
ポイント
10 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
《音楽之友社》岩井宏之/藤田由之ほか◆ 《音楽之友社》岩井宏之/藤田由之ほか◆発行年:1970年/備考:ヤケ、シミ、イタミ・C/状態:(未設定)/サイズ(判型):
Yahoo!ショッピング古書高原書店通販ページへ
音楽の友 2016年10月号 / 音楽之友社音楽の友 2016年10月号 / 音楽之友社998
ポイント
9 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、モバイルSuica、コンビニ払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
★メール便なら送料無料・合計9999円以上で宅配便も送料無料★ 【島村管理コード:15120160920】
Yahoo!ショッピング島村楽器 楽譜便価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2017年10月号音楽の友 2017年10月号997
ポイント
27 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、銀行振込、郵便振替、Yahoo!マネー/預金払い
Yahoo!ショッピングエイブルマートヤフー店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2014年10月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910021291041)【お取り寄せ商品】音楽の友 2014年10月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910021291041)【お取り寄せ商品】1,099
発売日
2014/10/01
ポイント
10 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
関連words:(株)音楽之友社/[特集1]系譜でたどる旬のピアニスト 世界の著名ピアニストへのインタヴュー、彼らがいま取り組んでいるプロジェクト、そして来日公演情報なども交えながら、現在の世界のピアニストの最新事情を詳解します。併せて、その芸風、奏法、音楽性などについて、そのルーツから考えてみます。(濱田滋郎・岡部真一郎・伊熊よし子・下田幸二・片桐卓也・後藤菜穂子・真嶋雄大・上田弘子)[特集2]海外夏の音楽祭2014 欧米では今夏も音楽祭が各地で賑々しく開催されました
Yahoo!ショッピングサイトミュージック Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
森田童子/友への手紙 森田童子自選集(SHM-CD)(CD)森田童子/友への手紙 森田童子自選集(SHM-CD)(CD)1,967( 定価 2,484 円 )20%OFF!
発売日
2016/07/20
ポイント
19 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD 森田童子 解説:日本の女性シンガーソングライター”森田童子”。20歳の頃に友人の死をきっかけに歌い始め、1975年10月にその友人をモチーフにしたシングル「さよなら ぼくの ともだち」でデビューを果たした。カーリーヘアとサングラスというスタイルで素顔を見せる事なく活動を行う。1993年の大ヒットドラマ「高校教師」の主題歌に自身の楽曲「ぼくたちの失敗」が起用され、注目を集める。以後、ベストアルバム「ぼくたちの失敗 森田童子ベスト・コレクション」はオリコンチャート1位を獲得するなど人気を掴み、現在は音楽活動は行っていないものの幻の歌手として今でも根強いファンから愛され続けている。本作は、1981年にリリースされたカセット「友への手紙 森田童子自選集」が最新リマスターでCD化となって登場。曲間に、オリジ 内容:-モノローグ-|菜の花あかり/逆光線/-モノローグ-|まぶしい夏/赤いダウンパーカー、ぼくのともだち/ニューヨークからの手紙/-モノローグ-|蒼き夜は/ふるえているネ/終曲のために 第3番 「友への手紙」/販売元:ユニバーサル ミュージック JAN:4988031158647 発売日:2016/07/20 登録日:2016/05/11 邦楽ロック/ソウル
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
ガガガSP/くだまき男の飽き足らん生活(CD)ガガガSP/くだまき男の飽き足らん生活(CD)2,093( 定価 2,700 円 )22%OFF!
発売日
2013/12/18
ポイント
20 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD ガガガSP 解説:1997年12月に地元・神戸で結成したロック・バンド、ガガガSPのアルバム。テレビ東京系アニメ『ムシブギョー』第1期の主題歌「友よ」他を収録。 (C)RS 内容:時代はまわる/直球勝負の男/カゲロウ橋/書き込み男と自画撮り女/はきだめぶぎ/君がなくなっても/思春期/どんでん返し/本当のトコロ/友よ/飯食って寝る 販売元:エイベックス・エンタテインメント JAN:4582167075986 発売日:2013/12/18 登録日:2013/10/10 邦楽J-POP
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
BOYS AND MEN/友ありて・・(通常盤)(CD)BOYS AND MEN/友ありて・・(通常盤)(CD)3,000送料無料
発売日
2017/12/20
ポイント
120 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD BOYS AND MEN 解説:東海地方出身・在住のメンバーで活動するご当地男性アイドル・グループ”BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)”。2010年にテレビ番組「IKEMEN☆NAGOYA」と連動したオーディション「IKEMEN PROJECT」から誕生した。以後、ライブやイベントを精力的に行うなど徐々に知名度を上げ、2015年5月にシングル「ARC of Smile!」でメジャーデビューを果たした。現在はメンバーのそれぞれが俳優やタレントとしても活動しており、幅広い分野で才能を発揮している。本作は、待望のニュー・アルバム。「仲間を大切にし、夢は諦めなければ必ず叶う」という想いをテーマに制作され、バラエティ豊かな楽曲が収録されている。 内容:帆を上げろ!/ガンバレFor My Girl/UFO/明日は明日の風が吹く/DOGI MAGI/がむしゃらロケンロー/アイコトバ/夢で終わらないで/NAGOOOOOYA/友ありて・・/Member Talk Bonus Track 販売元:ユニバーサル ミュージック JAN:4988031256312 発売日:2017/12/20 登録日:2017/10/16 邦楽J-POP
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
BOYS AND MEN/友ありて・・(初回限定クリアファイルジャケット誠盤)(CD)BOYS AND MEN/友ありて・・(初回限定クリアファイルジャケット誠盤)(CD)3,390送料無料
発売日
2017/12/20
ポイント
198 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD BOYS AND MEN 解説:東海地方出身・在住のメンバーで活動するご当地男性アイドル・グループ”BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)”。2010年にテレビ番組「IKEMEN☆NAGOYA」と連動したオーディション「IKEMEN PROJECT」から誕生した。以後、ライブやイベントを精力的に行うなど徐々に知名度を上げ、2015年5月にシングル「ARC of Smile!」でメジャーデビューを果たした。現在はメンバーのそれぞれが俳優やタレントとしても活動しており、幅広い分野で才能を発揮している。本作は、待望のニュー・アルバム。「仲間を大切にし、夢は諦めなければ必ず叶う」という想いをテーマに制作され、バラエティ豊かな楽曲が収録されている。 内容:帆を上げろ!/ガンバレFor My Girl/UFO/明日は明日の風が吹く/DOGI MAGI/がむしゃらロケンロー/アイコトバ/夢で終わらないで/NAGOOOOOYA/友ありて・・ 販売元:ユニバーサル ミュージック JAN:4988031256305 発売日:2017/12/20 登録日:2017/10/16 邦楽J-POP
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2010年10月号(02129/931010)音楽の友 2010年10月号(02129/931010)1,026
ポイント
10 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
音楽之友社
Yahoo!ショッピングサイトミュージック Yahoo!店通販ページへ
八代亜紀/人生の贈り物(CD)八代亜紀/人生の贈り物(CD)2,404( 定価 3,085 円 )22%OFF!
発売日
2010/08/18
ポイント
24 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD 八代亜紀 解説:八代亜紀デビュー40周年(2010年時)記念企画アルバム。タイトル曲「人生の贈り物」など、`絆`をテーマに、ジャズ、歌謡曲、バラードなど、様々なテイストの楽曲を収録。 (C)RS 特典:プレミアムグッズプレゼント応募ハガキ封入(応募締切:2010年10月29日)(初回生産分のみ特典) 内容:一枚のLP盤/友/焼けぼっくい/夢の約束/離婚ともだち/あの頃に戻って/あの日の昭和がここにある/望郷/しあわせ気分/人生の贈りもの 販売元:日本コロムビア JAN:4988001343509 発売日:2010/08/18 登録日:2010/06/14 邦楽歌謡曲/演歌
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2016年2月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910021290266)音楽の友 2016年2月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910021290266)997
発売日
2016/02/01
ポイント
9 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
関連words:(株)音楽之友社/今月の内容特集139人の音楽評論家・記者が選ぶ コンサート・ベストテン2015毎年2月号の恒例企画。音楽評論家・記者39人に、2015年の多数のコンサートから究極のベスト10を選んでいただきました。さらに、地方の音楽状況のレポート、音楽評論家による座談会、各種データの分析によって、2015年の音楽界を総括します。(青澤隆明/青澤唯夫/伊熊よし子/池田卓夫/石川浩/上田弘子/岡部真一郎/奥田佳道/片桐卓也/金子建志/岸純信/日下部吉彦/國
Yahoo!ショッピングサイトミュージック Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2017年11月号音楽の友 2017年11月号997
発売日
2017/10/18
ポイント
45 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
出版社:音楽之友社 発行年月日:2017年10月18日 雑誌版型:Aヘン
Yahoo!ショッピングオンライン書店boox @Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
あすという日が -絆と卒業のうた-(CD)あすという日が -絆と卒業のうた-(CD)2,005( 定価 2,571 円 )22%OFF!
発売日
2011/10/05
ポイント
20 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD (キッズ) 解説:卒業式やクラス合唱で歌いたい!`絆`を感じる人気合唱曲ベスト・アルバム。名曲「あすという日が」、AKB48の「桜の木になろう」、GReeeeN「キセキ」など、友だち・人と人との絆を感じるメッセージソングを子どもたちによる同声二部(三部)合唱版でお届け。 (C)RS 内容:あすという日が (合唱曲/二部合唱)/証(あかし) (『みんなのうた』より/二部合唱)/桜の木になろう (二部合唱)/キセキ (二部合唱)/3月9日 (二部合唱)/手紙〜拝啓 十五の君へ〜 (二部合唱)/YEL販売元:キングレコード JAN:4988003410599 発売日:2011/10/05 登録日:2011/07/20 学芸・童謡・純邦楽その他
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2017年10月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910021291072)音楽の友 2017年10月号/(ムック・雑誌(ピアノ系) /4910021291072)997
発売日
2017/10/01
ポイント
9 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、モバイルSuica、コンビニ払い、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
関連words:(株)音楽之友社/今月の内容特集欧米の夏の音楽祭2017(三光 洋/岡部真一郎/中 東生/三浦真弓/後藤菜穂子/パーヴォ・ヤルヴィ/奥田佳道/高辻知義/秋島百合子/松本 學/笠羽映子)欧米のオペラハウスやオーケストラの1年のシーズンは6〜7月終了する。終わるとほぼ同時に、観光地などでの「夏の音楽祭」シーズンの幕開けだ。今号特集では、今夏開催された欧米の著名な音楽祭の中から、話題となったいくつかをピックアップ、インタヴューや関連イヴェントもご紹介する。カラー
Yahoo!ショッピングサイトミュージック Yahoo!店価格を比較する通販ページへ
BOYS AND MEN/友ありて・・(初回限定盤/CD+DVD)(CD)BOYS AND MEN/友ありて・・(初回限定盤/CD+DVD)(CD)2,965( 定価 3,749 円 )20%OFF!
発売日
2017/12/20
ポイント
29 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD BOYS AND MEN 解説:東海地方出身・在住のメンバーで活動するご当地男性アイドル・グループ”BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)”。2010年にテレビ番組「IKEMEN☆NAGOYA」と連動したオーディション「IKEMEN PROJECT」から誕生した。以後、ライブやイベントを精力的に行うなど徐々に知名度を上げ、2015年5月にシングル「ARC of Smile!」でメジャーデビューを果たした。現在はメンバーのそれぞれが俳優やタレントとしても活動しており、幅広い分野で才能を発揮している。本作は、待望のニュー・アルバム。「仲間を大切にし、夢は諦めなければ必ず叶う」という想いをテーマに制作され、バラエティ豊かな楽曲が収録されている。 内容:帆を上げろ!/ガンバレFor My Girl/UFO/明日は明日の風が吹く/DOGI MAGI/がむしゃらロケンロー/アイコトバ/夢で終わらないで/NAGOOOOOYA/友ありて・・/友ありて・・ -Music Video-/UFO -Music Video-/販売元:ユニバーサル ミュージック JAN:4988031256275 発売日:2017/12/20 登録日:2017/10/16 邦楽J-POP
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
【〜2/25(日)23:59まで最大P18倍】音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】【〜2/25(日)23:59まで最大P18倍】音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】1,182
ポイント
11 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、銀行振込、モバイルSuica、ペイジー、コンビニ払い、Yahoo!マネー/預金払い
Yahoo!ショッピングオーディオ専門店でんき堂スクェア通販ページへ
桂三枝/桂三枝大全集 創作落語125撰 38 カラス/主夫の友(CD)桂三枝/桂三枝大全集 創作落語125撰 38 カラス/主夫の友(CD)1,684( 定価 2,160 円 )22%OFF!
発売日
2002/10/23
ポイント
16 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
種別:CD 桂三枝 解説:2000年3月よりRise-1シアター(旧うめだ花月シアター)で上演された「創作落語125撰」をCD化するシリーズ「桂三枝大全集〜創作落語125撰〜」第2回発売分(全20タイトル)。 (C)RS 内容:カラス/主夫の友 販売元:キングレコード JAN:4988003280277 発売日:2002/10/23 登録日:2006/10/20 学芸・童謡・純邦楽落語/演芸
Yahoo!ショッピングぐるぐる王国2号館 ヤフー店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2017年11月号 【特集】 世界の名ピアニスト最前線/音楽之友社(雑誌)音楽の友 2017年11月号 【特集】 世界の名ピアニスト最前線/音楽之友社(雑誌)998
発売日
2017/10/18
ポイント
27 ポイント ( Yahoo!ポイント )
支払方法
クレジットカード、Yahoo!ウォレット、商品代引、Yahoo!マネー/預金払い
商品説明
2017/10発売
Yahoo!ショッピングネオウィングYahoo!店価格を比較する通販ページへ
音楽の友 2016年10月号【雑誌】【2500円以上送料無料】音楽の友 2016年10月号【雑誌】【2500円以上送料無料】997
出版社音楽之友社発行年月日2016年09月17日雑誌JANコード4910021291065雑誌版型Aヘン4910021291065内容紹介★別冊付録 ・コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション[特集]●名チェリストたちが拓く「新世界」 —ヴァイオリンと並ぶ人気弦楽器、チェロ。今年、来年にかけて続々と 来日するチェリストたちを前に、現在活躍する名手たちと、彼らが 現在取り組み続けるチェロの名曲たちをあわせて紹介する。 チェリストとしての「現代」をテーマとして、次々と新しい レパートリーを開拓するジャン=ギアン・ケラス、堤剛という二人の 名手のインタヴュー記事も収録。◆弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙 —クラシック音楽の真髄の一つと言うべき「弦楽四重奏」が描く濃密な 音世界——。その起源から必聴の名曲たち、現在世界中で活躍する 数々の名四重奏団まで、クァルテットの魅力溢れる世界を紹介する。[Interview]◆ダニエル・ハーディング&パリ管来日直前!新コンビの幕開け◆ベートーヴェン録音完成の小菅優が記念コンサート[Report]◆パシフィック・ミュージック・フェスティバル2016(後編)◆名手が集結!第37回「霧島国際音楽祭2016」◆]2016セイジ・オザワ松本フェスティバル Vol.1◆ヴェルビエ音楽祭2016レポート◆反田恭平がトリノでバッティストーニとレコーディング◆ザルツブルク音楽祭2016レポート◆三枝成彰が行くバイロイト、ザルツブルクの夏◆ラザレフ、首席指揮者としての最後の日フィル定期演奏会◆佐渡裕が登場!グラーフェネック音楽祭[対談]◆プレガルディエン&鈴木優人、《冬の旅》に挑む![特別記事]◆追悼 中村紘子[特別企画]◆生誕100年・没後20年柴田南雄と音楽…ほか別添:小冊子(コンサートガイド&チケットインフォメーション)※本データはこの商品が発売された時点の情報です。
楽天市場オンライン書店boox通販ページへ
音楽の友 2017年 10月号 [雑誌]音楽の友 2017年 10月号 [雑誌]997送料無料
【楽天ブックスならいつでも送料無料】 音楽之友社オンガクノトモ 発売日:2017年09月16日 予約締切日:2017年08月27日 A4変 02129 JAN:4910021291072 特集 欧米の夏の音楽祭2017 巻頭カラー Interview リッカルド・ムーティ クラウス・フロリアン・フォークト ラファウ・ブレハッチ 大野和士 雑誌 音楽・芸能 音楽 付録付き雑誌 その他
楽天市場楽天ブックス通販ページへ
【中古】 音楽の友/2012/10/01 10月号 世界の名ピアニストが聴きたい (B0090O0VME / )【中古】 音楽の友/2012/10/01 10月号 世界の名ピアニストが聴きたい (B0090O0VME / )400
音楽の友/2012/10/01 10月号 世界の名ピアニストが聴きたい 別冊付録あり・少々傷み/雑誌/音楽関係/A4/音楽之友社[決済手数料のお知らせ] 楽天バンク決済では 155円、コンビニ決済では 216円 が余計にかかります。
楽天市場北十二条書店通販ページへ
音楽の友 2016年10月号[本/雑誌] (雑誌) / 音楽之友社音楽の友 2016年10月号[本/雑誌] (雑誌) / 音楽之友社998
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。★別冊付録 ・コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション [特集] ●名チェリストたちが拓く「新世界」 —ヴァイオリンと並ぶ人気弦楽器、チェロ。今年、来年にかけて続々と 来日するチェリストたちを前に、現在活躍する名手たちと、彼らが 現在取り組み続けるチェロの名曲たちをあわせて紹介する。 チェリストとしての「現代」をテーマとして、次々と新しい レパートリーを開拓するジャン=ギアン・ケラス、堤剛という二人の 名手のインタヴュー記事も収録。 ◆弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙 —クラシック音楽の真髄の一つと言うべき「弦楽四重奏」が描く濃密な 音世界——。その起源から必聴の名曲たち、現在世界中で活躍する 数々の名四重奏団まで、クァルテットの魅力溢れる世界を紹介する。 [Interview] ◆ダニエル・ハーディング&パリ管来日直前!新コンビの幕開け ◆ベートーヴェン録音完成の小菅優が記念コンサート [Report] ◆パシフィック・ミュージック・フェスティバル2016(後編) ◆名手が集結!第37回「霧島国際音楽祭2016」 ◆]2016セイジ・オザワ松本フェスティバル Vol.1 ◆ヴェルビエ音楽祭2016レポート ◆反田恭平がトリノでバッティストーニとレコーディング ◆ザルツブルク音楽祭2016レポート ◆三枝成彰が行くバイロイト、ザルツブルクの夏 ◆ラザレフ、首席指揮者としての最後の日フィル定期演奏会 ◆佐渡裕が登場!グラーフェネック音楽祭 [対談] ◆プレガルディエン&鈴木優人、《冬の旅》に挑む! [特別記事] ◆追悼 中村紘子 [特別企画] ◆生誕100年・没後20年柴田南雄と音楽 ...ほか商品番号:NEOBK-2000790Ongakunotomosha / Ongaku No Tomo October 2016 Issueメディア:本/雑誌発売日:2016/09JAN:4910021291065音楽の友 2016年10月号[本/雑誌] (雑誌) / 音楽之友社2016/09発売
楽天市場CD&DVD NEOWING通販ページへ
[楽譜] 音楽の友 2016年10月号【DM便送料別】(オンガクノトモ2016ネン10ガツゴウ)[楽譜] 音楽の友 2016年10月号【DM便送料別】(オンガクノトモ2016ネン10ガツゴウ)997
雑誌 ジャンル:雑誌出版社:音楽之友社弊社に在庫がない場合の取り寄せ発送目安:1日〜2日解説:今月の内容(br)(br)特集1(br)名チェリストたちが拓く「新世界」(br)(br)(相場ひろ/青澤隆明/片桐卓也/那須田務/増田良介/山崎浩太郎/渡辺和彦)(br)ヴァイオリンと並ぶ人気弦楽器、チェロ。今年、来年にかけて続々と来日するチェリストたちを前に、現在活躍する名手たちと、彼らが現在取り組み続けるチェロの名曲たちをあわせて紹介する。チェリストとしての「現代」をテーマとして、次々と新しいレパートリーを開拓するジャン=ギアン・ケラス、堤剛という二人の名手のインタヴュー記事も収録。(br)(br)特集2(br)弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙(br)(br)(片桐卓也/喜多尾道冬/寺西基之/那須田務/野平多美/山崎浩太郎/渡辺和彦/渡辺和)(br)クラシック音楽の真髄の一つと言うべき「弦楽四重奏」が描く濃密な音世界——。その起源から必聴の名曲たち、現在世界中で活躍する数々の名四重奏団まで、クァルテットの魅力溢れる世界を紹介する。(br)(br)カラー(br)[Interview]ダニエル・ハーディング&パリ管来日直前!新コンビの幕開け(山田治生)(br)[連載]小山実稚恵新感覚対談シリーズ「脱力の極み」(22)〈お客様〉野村萬斎(片桐卓也)(br)[Report]パシフィック・ミュージック・フェスティバル2016(後編)(本堂知彦/東条碩夫)(br)[Report]名手が集結!第37回「霧島国際音楽祭2016」(寺西基之)(br)[Report]2016セイジ・オザワ松本フェスティバル Vol.1(山崎浩太郎)(br)[連載]私的音楽論考—指揮台から見えること(22)(山田和樹)(br)[対談]プレガルディエン&鈴木優人、《冬の旅》に挑む!(柴田克彦)(br)[観どころ・聴きどころ]今年も聴き逃せない!「横浜音祭り2016」(真嶋雄大)(br)[Report]ヴェルビエ音楽祭2016レポート(秋島百合子)(br)[Report & Interview]反田恭平がトリノでバッティストーニとレコーディング(加藤浩子)(br)[Report]ザルツブルク音楽祭2016レポート(野村三郎/岩下眞好/岡部真一郎)(br)[海外取材]ありがとう、キュッヒルさん! ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団定年者引退セレモニー(野村三郎)(br)[Report]三枝成彰が行くバイロイト、ザルツブルクの夏(三枝成彰)(br)[Report]ラザレフ、首席指揮者としての最後の日フィル定期演奏会(東条碩夫)(br)[Report]佐渡裕が登場!グラーフェネック音楽祭(後藤菜穂子)(br)[Interview]ベートーヴェン録音完成の小菅優が記念コンサート(上田弘子)(br)(br)特別記事(br)追悼 中村紘子(br)7月末に他界されたピアニストの中村紘子さん。お悔み、追悼の声が絶えず・・・・・・。改めて縁の方々に筆を執って頂きました。(アレッシオ・バックス/野島稔/小川典子/清塚信也/奈良希愛/西村朗/三善清達/真嶋雄大/島田篤志/加納民夫/新垣隆)(br)マエストロたちが語るショスタコーヴィチの交響曲(藤盛一朗)(br)ロシア”頂上”対談岸本力×亀山郁夫ショスタコーヴィチの”二枚舌”(真嶋雄大)(br)[特別企画]生誕100年・没後20年柴田南雄と音楽(田中信昭/佐野光司/長木誠司/山野雄大)(br)バイロイト音楽祭2016の”舞台裏”(高辻和義)(br)イタリア・オペラ紀行(高崎保男)(br)(br)連載(br)バイエルン放送交響楽団の名手たち(3)(br)マエストロを友とした日々 —あるプロデューサーの伝記(5)(広渡勲/上坂樹)(br)世界のコンサートマスターに聞く(18)〜デイヴィッド・チャン(メトロポリタン歌劇場)(小林伸太郎)(br)教えて!音楽大学最前線2桐朋学園大学(br)”繋がり”で”聴く”音楽探訪(22)〜「印象派」、「新しい響き」、「音楽の時代」(山田真一)(br)「音楽と文学」創刊100周年記念/「音楽の友」創刊75周年記念 音楽ジャーナリズムの100年〜ニッポンの巨人たち【第7回】吉田秀和(長木誠司)(br)メンデルスゾーンの音符たち(7)《真夏の夜の夢》序曲(池辺晋一郎)(br)80歳の屋根裏部屋(14)(舘野泉)(br)音楽草枕(6)(樋口隆一)(br)読むオペラ —聴く前に、聴いた後で(51)(堀内修)(br)オーケストラをもっと楽しく!楽器ものしり講座(22)〜ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(佐伯茂樹)(br)楽聖の遺言ベートーヴェン後期の世界—過去から未来へ(6)(越懸澤麻衣)(br)名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(10)(平野 昭)(br)調律師から見たピアノと音楽(34)(高木裕)(br)ウィーン日々のうつろい(31)(野村三郎)(br)(br)People & UNA VOICE(br)クァルテット・エクセルシオ(堀江昭朗)茂木大輔(道下京子)(br)松田理奈(東端哲也)(br)佐藤卓史(道下京子)(br)須川展也(堀江昭朗)(br)崎谷直人(堀江昭朗)(br)熊本マリ(上田弘子)/鈴木愛理(渡辺和彦)(br)渡邉康雄(道下京子)/豊田弓乃(堀江昭朗)(br)朴葵姫/住谷美帆/萩原麻未(堀江昭朗)(br)(br)Reviews&Reports(br)[Concert Reviews]2016年8月の演奏会批評(br)[海外レポート](イギリス・秋島百合子/フランス・吉田真澄+前田炎/イタリア・野田和哉/オーストリア・野村三郎/ドイツ・城所孝吉+来住千保美/アメリカ・有賀太一)※「ロシア」は休載いたします。(br)[イヴェント・レポート]白熱!プロの音楽づくりを公開「アフィニス夏の音楽祭2016山形」(石川浩)(br)[イヴェント・レポート]東京音楽コンクール(声楽・金管・ピアノ)(岸純信/高山直也/上田弘子)(br)[イヴェント・レポート]第11回 Hakujuギター・フェスタ2016名手たちが描く武満徹の世界(國土潤一)(br)(br)Rondo(br)フェスティバル開幕を飾った若き演奏家たちの熱演 OMF室内楽勉強会/新垣隆plays新垣隆(道下京子)/インスブルック音楽祭(三光洋)/ロームスカラシップ・コンサート/グラーフェネック音楽祭(奥田佳道)/月見の里室内楽アカデミー2016/山田和樹と尾上右近が競演、歌舞伎とオーケストラとっておきアフタヌーン(br)(br)News&Information(br)スクランブル・ショット&ミニ・ニュース(br)今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか(br)ディスク・セレクション(br)音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報(br)BOOKS(br)TVクラシック音楽番組10月の予定(br)読者のページ(br)次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内(br)(br)別冊付録(br)コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション(br)(br)編集部だより(br)●特集1は人気弦楽器「チェロ」にスポットライトを当て、現在活躍中の名手からそのレパートリーの変遷まで、この楽器が持つ多様な魅力をまとめました。ぜひご一読ください。(br)●今月号の特集2では、クラシック・ファンの間でもシブい(?)とされる弦楽四重奏の魅力に迫りました。「聴き始めるならこの曲」という名曲ガイド、現在特に活躍しているクァルテットの紹介など、お楽しみいただければと思います。(br)●1カ月にわたって開催される「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」の模様を2号に分けてご紹介します。vol.1となる今月号では、小澤征爾総監督がタクトをとったオーケストラ・コンサートなどをお届けします。次号ではオペラ公演の模様をお届けする予定です。(br)●特別記事では生誕100年・没後20年の柴田南雄についてご紹介しました。作曲家と音楽評論家、どちらの立場としても大きな功績を残し、日本の音楽界を発展させた一人。その偉業を振り返ります。(br)●毎年10月号では、世界各地の音楽祭を紹介していますが、いかがだったでしょうか。日本はPMF と霧島国際音楽祭、セイジ・オザワ 松本フェスティバルを、海外はヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、グラーフェネック音楽祭をグラビアでご紹介しました。ひと夏の華やかな音楽のお祭りの模様をどうぞ...こちらの商品は他店舗同時販売しているため在庫数は変動する場合がございます。3,000円以上お買い上げで送料無料です。
楽天市場ロケットミュージック 楽譜EXPRESS通販ページへ
音楽の友 2016年10月号 / 音楽之友社 【メール便なら送料無料】 【雑誌】音楽の友 2016年10月号 / 音楽之友社 【メール便なら送料無料】 【雑誌】998
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]音楽の友 2016年10月号 今月の内容特集1名チェリストたちが拓く「新世界」(相場ひろ/青澤隆明/片桐卓也/那須田務/増田良介/山崎浩太郎/渡辺和彦)ヴァイオリンと並ぶ人気弦楽器、チェロ。今年、来年にかけて続々と来日するチェリストたちを前に、現在活躍する名手たちと、彼らが現在取り組み続けるチェロの名曲たちをあわせて紹介する。チェリストとしての「現代」をテーマとして、次々と新しいレパートリーを開拓するジャン=ギアン・ケラス、堤剛という二人の名手のインタヴュー記事も収録。特集2弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙(片桐卓也/喜多尾道冬/寺西基之/那須田務/野平多美/山崎浩太郎/渡辺和彦/渡辺和)クラシック音楽の真髄の一つと言うべき「弦楽四重奏」が描く濃密な音世界——。その起源から必聴の名曲たち、現在世界中で活躍する数々の名四重奏団まで、クァルテットの魅力溢れる世界を紹介する。カラー[Interview]ダニエル・ハーディング&パリ管来日直前!新コンビの幕開け(山田治生)[連載]小山実稚恵新感覚対談シリーズ「脱力の極み」(22)〈お客様〉野村萬斎(片桐卓也)[Report]パシフィック・ミュージック・フェスティバル2016(後編)(本堂知彦/東条碩夫)[Report]名手が集結!第37回「霧島国際音楽祭2016」(寺西基之)[Report]2016セイジ・オザワ松本フェスティバル Vol.1(山崎浩太郎)[連載]私的音楽論考—指揮台から見えること(22)(山田和樹)[対談]プレガルディエン&鈴木優人、《冬の旅》に挑む!(柴田克彦)[観どころ・聴きどころ]今年も聴き逃せない!「横浜音祭り2016」(真嶋雄大)[Report]ヴェルビエ音楽祭2016レポート(秋島百合子)[Report & Interview]反田恭平がトリノでバッティストーニとレコーディング(加藤浩子)[Report]ザルツブルク音楽祭2016レポート(野村三郎/岩下眞好/岡部真一郎)[海外取材]ありがとう、キュッヒルさん! ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団定年者引退セレモニー(野村三郎)[Report]三枝成彰が行くバイロイト、ザルツブルクの夏(三枝成彰)[Report]ラザレフ、首席指揮者としての最後の日フィル定期演奏会(東条碩夫)[Report]佐渡裕が登場!グラーフェネック音楽祭(後藤菜穂子)[Interview]ベートーヴェン録音完成の小菅優が記念コンサート(上田弘子)特別記事追悼 中村紘子7月末に他界されたピアニストの中村紘子さん。お悔み、追悼の声が絶えず・・・・・・。改めて縁の方々に筆を執って頂きました。(アレッシオ・バックス/野島稔/小川典子/清塚信也/奈良希愛/西村朗/三善清達/真嶋雄大/島田篤志/加納民夫/新垣隆)マエストロたちが語るショスタコーヴィチの交響曲(藤盛一朗)ロシア”頂上”対談岸本力×亀山郁夫ショスタコーヴィチの”二枚舌”(真嶋雄大)[特別企画]生誕100年・没後20年柴田南雄と音楽(田中信昭/佐野光司/長木誠司/山野雄大)バイロイト音楽祭2016の”舞台裏”(高辻和義)イタリア・オペラ紀行(高崎保男)連載バイエルン放送交響楽団の名手たち(3)マエストロを友とした日々 —あるプロデューサーの伝記(5)(広渡勲/上坂樹)世界のコンサートマスターに聞く(18)〜デイヴィッド・チャン(メトロポリタン歌劇場)(小林伸太郎)教えて!音楽大学最前線2桐朋学園大学”繋がり”で”聴く”音楽探訪(22)〜「印象派」、「新しい響き」、「音楽の時代」(山田真一)「音楽と文学」創刊100周年記念/「音楽の友」創刊75周年記念 音楽ジャーナリズムの100年〜ニッポンの巨人たち【第7回】吉田秀和(長木誠司)メンデルスゾーンの音符たち(7)《真夏の夜の夢》序曲(池辺晋一郎)80歳の屋根裏部屋(14)(舘野泉)音楽草枕(6)(樋口隆一)読むオペラ —聴く前に、聴いた後で(51)(堀内修)オーケストラをもっと楽しく!楽器ものしり講座(22)〜ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(佐伯茂樹)楽聖の遺言ベートーヴェン後期の世界—過去から未来へ(6)(越懸澤麻衣)名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(10)(平野 昭)調律師から見たピアノと音楽(34)(高木裕)ウィーン日々のうつろい(31)(野村三郎)People & UNA VOICEクァルテット・エクセルシオ(堀江昭朗)茂木大輔(道下京子)松田理奈(東端哲也)佐藤卓史(道下京子)須川展也(堀江昭朗)崎谷直人(堀江昭朗)熊本マリ(上田弘子)/鈴木愛理(渡辺和彦)渡邉康雄(道下京子)/豊田弓乃(堀江昭朗)朴葵姫/住谷美帆/萩原麻未(堀江昭朗)Reviews&Reports[Concert Reviews]2016年8月の演奏会批評[海外レポート](イギリス・秋島百合子/フランス・吉田真澄+前田炎/イタリア・野田和哉/オーストリア・野村三郎/ドイツ・城所孝吉+来住千保美/アメリカ・有賀太一)※「ロシア」は休載いたします。[イヴェント・レポート]白熱!プロの音楽づくりを公開「アフィニス夏の音楽祭2016山形」(石川浩)[イヴェント・レポート]東京音楽コンクール(声楽・金管・ピアノ)(岸純信/高山直也/上田弘子)[イヴェント・レポート]第11回 Hakujuギター・フェスタ2016名手たちが描く武満徹の世界(國土潤一)Rondoフェスティバル開幕を飾った若き演奏家たちの熱演 OMF室内楽勉強会/新垣隆plays新垣隆(道下京子)/インスブルック音楽祭(三光洋)/ロームスカラシップ・コンサート/グラーフェネック音楽祭(奥田佳道)/月見の里室内楽アカデミー2016/山田和樹と尾上右近が競演、歌舞伎とオーケストラとっておきアフタヌーンNews&Informationスクランブル・ショット&ミニ・ニュース今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほかディスク・セレクション音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報BOOKSTVクラシック音楽番組10月の予定読者のページ次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内別冊付録コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション編集部だより●特集1は人気弦楽器「チェロ」にスポットライトを当て、現在活躍中の名手からそのレパートリーの変遷まで、この楽器が持つ多様な魅力をまとめました。ぜひご一読ください。●今月号の特集2では、クラシック・ファンの間でもシブい(?)とされる弦楽四重奏の魅力に迫りました。「聴き始めるならこの曲」という名曲ガイド、現在特に活躍しているクァルテットの紹介など、お楽しみいただければと思います。●1カ月にわたって開催される「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」の模様を2号に分けてご紹介します。vol.1となる今月号では、小澤征爾総監督がタクトをとったオーケストラ・コンサートなどをお届けします。次号ではオペラ公演の模様をお届けする予定です。●特別記事では生誕100年・没後20年の柴田南雄についてご紹介しました。作曲家と音楽評論家、どちらの立場としても大きな功績を残し、日本の音楽界を発展させた一人。その偉業を振り返ります。●毎年10月号では、世界各地の音楽祭を紹介していますが、いかがだったでしょうか。日本はPMF と霧島国際音楽祭、セイジ・オザワ 松本フェスティバルを、海外はヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、グラーフェネック音楽祭をグラビアでご紹介しました。ひと夏の華やかな音楽のお祭りの模様をどうぞお楽しみください。版型:A4変総ページ数:248JANコード:4910021291065出版年月日:2016/10/01JANコード:4910021291065【島村管理コード:15120160920】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
音楽の友 2016年10月号音楽の友 2016年10月号997
メーカー:(株)音楽之友社JAN:4910021291065A4変 厚さ0.9cm 248ページ今月の内容特集1名チェリストたちが拓く「新世界」(相場ひろ/青澤隆明/片桐卓也/那須田務/増田良介/山崎浩太郎/渡辺和彦)ヴァイオリンと並ぶ人気弦楽器、チェロ。今年、来年にかけて続々と来日するチェリストたちを前に、現在活躍する名手たちと、彼らが現在取り組み続けるチェロの名曲たちをあわせて紹介する。チェリストとしての「現代」をテーマとして、次々と新しいレパートリーを開拓するジャン=ギアン・ケラス、堤剛という二人の名手のインタヴュー記事も収録。特集2弦楽四重奏(クァルテット)の小宇宙(片桐卓也/喜多尾道冬/寺西基之/那須田務/野平多美/山崎浩太郎/渡辺和彦/渡辺和)クラシック音楽の真髄の一つと言うべき「弦楽四重奏」が描く濃密な音世界——。その起源から必聴の名曲たち、現在世界中で活躍する数々の名四重奏団まで、クァルテットの魅力溢れる世界を紹介する。カラー[Interview]ダニエル・ハーディング&パリ管来日直前!新コンビの幕開け(山田治生)[連載]小山実稚恵新感覚対談シリーズ「脱力の極み」(22)〈お客様〉野村萬斎(片桐卓也)[Report]パシフィック・ミュージック・フェスティバル2016(後編)(本堂知彦/東条碩夫)[Report]名手が集結!第37回「霧島国際音楽祭2016」(寺西基之)[Report]2016セイジ・オザワ松本フェスティバル Vol.1(山崎浩太郎)[連載]私的音楽論考—指揮台から見えること(22)(山田和樹)[対談]プレガルディエン&鈴木優人、《冬の旅》に挑む!(柴田克彦)[観どころ・聴きどころ]今年も聴き逃せない!「横浜音祭り2016」(真嶋雄大)[Report]ヴェルビエ音楽祭2016レポート(秋島百合子)[Report & Interview]反田恭平がトリノでバッティストーニとレコーディング(加藤浩子)[Report]ザルツブルク音楽祭2016レポート(野村三郎/岩下眞好/岡部真一郎)[海外取材]ありがとう、キュッヒルさん! ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団定年者引退セレモニー(野村三郎)[Report]三枝成彰が行くバイロイト、ザルツブルクの夏(三枝成彰)[Report]ラザレフ、首席指揮者としての最後の日フィル定期演奏会(東条碩夫)[Report]佐渡裕が登場!グラーフェネック音楽祭(後藤菜穂子)[Interview]ベートーヴェン録音完成の小菅優が記念コンサート(上田弘子)特別記事追悼 中村紘子7月末に他界されたピアニストの中村紘子さん。お悔み、追悼の声が絶えず・・・・・・。改めて縁の方々に筆を執って頂きました。(アレッシオ・バックス/野島稔/小川典子/清塚信也/奈良希愛/西村朗/三善清達/真嶋雄大/島田篤志/加納民夫/新垣隆)マエストロたちが語るショスタコーヴィチの交響曲(藤盛一朗)ロシア”頂上”対談岸本力×亀山郁夫ショスタコーヴィチの”二枚舌”(真嶋雄大)[特別企画]生誕100年・没後20年柴田南雄と音楽(田中信昭/佐野光司/長木誠司/山野雄大)バイロイト音楽祭2016の”舞台裏”(高辻和義)イタリア・オペラ紀行(高崎保男)連載バイエルン放送交響楽団の名手たち(3)マエストロを友とした日々 —あるプロデューサーの伝記(5)(広渡勲/上坂樹)世界のコンサートマスターに聞く(18)〜デイヴィッド・チャン(メトロポリタン歌劇場)(小林伸太郎)教えて!音楽大学最前線2桐朋学園大学”繋がり”で”聴く”音楽探訪(22)〜「印象派」、「新しい響き」、「音楽の時代」(山田真一)「音楽と文学」創刊100周年記念/「音楽の友」創刊75周年記念 音楽ジャーナリズムの100年〜ニッポンの巨人たち【第7回】吉田秀和(長木誠司)メンデルスゾーンの音符たち(7)《真夏の夜の夢》序曲(池辺晋一郎)80歳の屋根裏部屋(14)(舘野泉)音楽草枕(6)(樋口隆一)読むオペラ —聴く前に、聴いた後で(51)(堀内修)オーケストラをもっと楽しく!楽器ものしり講座(22)〜ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(佐伯茂樹)楽聖の遺言ベートーヴェン後期の世界—過去から未来へ(6)(越懸澤麻衣)名曲タイムトラヴェル〜真の鑑賞術(10)(平野 昭)調律師から見たピアノと音楽(34)(高木裕)ウィーン日々のうつろい(31)(野村三郎)People & UNA VOICEクァルテット・エクセルシオ(堀江昭朗)茂木大輔(道下京子)松田理奈(東端哲也)佐藤卓史(道下京子)須川展也(堀江昭朗)崎谷直人(堀江昭朗)熊本マリ(上田弘子)/鈴木愛理(渡辺和彦)渡邉康雄(道下京子)/豊田弓乃(堀江昭朗)朴葵姫/住谷美帆/萩原麻未(堀江昭朗)Reviews&Reports[Concert Reviews]2016年8月の演奏会批評[海外レポート](イギリス・秋島百合子/フランス・吉田真澄+前田炎/イタリア・野田和哉/オーストリア・野村三郎/ドイツ・城所孝吉+来住千保美/アメリカ・有賀太一)※「ロシア」は休載いたします。[イヴェント・レポート]白熱!プロの音楽づくりを公開「アフィニス夏の音楽祭2016山形」(石川浩)[イヴェント・レポート]東京音楽コンクール(声楽・金管・ピアノ)(岸純信/高山直也/上田弘子)[イヴェント・レポート]第11回 Hakujuギター・フェスタ2016名手たちが描く武満徹の世界(國土潤一)Rondoフェスティバル開幕を飾った若き演奏家たちの熱演 OMF室内楽勉強会/新垣隆plays新垣隆(道下京子)/インスブルック音楽祭(三光洋)/ロームスカラシップ・コンサート/グラーフェネック音楽祭(奥田佳道)/月見の里室内楽アカデミー2016/山田和樹と尾上右近が競演、歌舞伎とオーケストラとっておきアフタヌーンNews&Informationスクランブル・ショット&ミニ・ニュース今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほかディスク・セレクション音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報BOOKSTVクラシック音楽番組10月の予定読者のページ次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内別冊付録コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション編集部だより●特集1は人気弦楽器「チェロ」にスポットライトを当て、現在活躍中の名手からそのレパートリーの変遷まで、この楽器が持つ多様な魅力をまとめました。ぜひご一読ください。●今月号の特集2では、クラシック・ファンの間でもシブい(?)とされる弦楽四重奏の魅力に迫りました。「聴き始めるならこの曲」という名曲ガイド、現在特に活躍しているクァルテットの紹介など、お楽しみいただければと思います。●1カ月にわたって開催される「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」の模様を2号に分けてご紹介します。vol.1となる今月号では、小澤征爾総監督がタクトをとったオーケストラ・コンサートなどをお届けします。次号ではオペラ公演の模様をお届けする予定です。●特別記事では生誕100年・没後20年の柴田南雄についてご紹介しました。作曲家と音楽評論家、どちらの立場としても大きな功績を残し、日本の音楽界を発展させた一人。その偉業を振り返ります。●毎年10月号では、世界各地の音楽祭を紹介していますが、いかがだったでしょうか。日本はPMF と霧島国際音楽祭、セイジ・オザワ 松本フェスティバルを、海外はヴェルビエ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、グラーフェネック音楽祭をグラビアでご紹介しました。ひと夏の華やかな音楽のお祭りの模様をどうぞお楽しみください。
楽天市場エイブルマート通販ページへ
【〜2/25(日)23:59まで最大P14倍】音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】【〜2/25(日)23:59まで最大P14倍】音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】1,182
音楽の友社 STEREO 2012年11月号【月刊・ステレオ】【2011/10/19発売号】 ・特別付録 全国オーディオショップ・ガイドブック 全国リアル店舗のオーディオ店156店の紹介!(全56ページ) ・特集 エントリーモデルを侮るな!〜その機能を生かして新しい世界へ ●エントリーモデルを侮るな!(村井裕弥) ●さあ新世代オーディオを始めよう!(村井裕弥) ●ネットワークオーディオって何が変わる?(山之内 正×編集部) ●ネットワークオーディオ機能付エントリーモデル 一気聴き!(林 正儀) ●身軽で気軽で発展的!「パソコンで音楽再生」というスタイル(鈴木裕) ●10万円以下でクォリティアップ PCオーディオ・注目アイテム紹介(鈴木裕) ●PCオーディオのキー・音楽再生ソフトを知る(岩井喬) ●ハイCP!エントリーモデル25機種試聴レポート(村井裕弥) ●おすすめの組合せはこれだ!(村井裕弥) ・特別企画 ●エソテリック+タンノイ、いま旬なハイエンドシステム組み合わせの世界に、 クロックジェネレーターを加えて楽しむ(須藤一郎) ●心地よく演奏できる部屋とオーディオを楽しめる部屋を巡って1 「アコースティックデザイン社を訪ねて」(奥村愛&山之内正) ●2013年1月号付録ヘッドフォンアンプ付USB-DAC「LXU-OT2」体験試聴会レポート ・Stereo試聴室★話題の新製品を聴く (石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説]) [プリ・メインアンプ部門]エソテリック I-05/ラックスマン L-507uX/スペック RSA-V1 DT [コントロールアンプ部門]プライマー PRE32 [パワーアンプ部門]プライマー A34.2 [スピーカーシステム部門]エラック FS 507 VX-JET ・連載 ●「音の見える部屋 オーディオと在る人」(田中伊佐資[今月の人:豊田哲資さん]) ●Stereoプレ50周年 AUDIO温故知新シリーズ・開発の奥義8 アキュフェーズ(石田善之) ●いい音、いい場所、いいお店「MEG」 ●注目製品ファイル ゴールドムンドTelos390.5(石田善之) EAR V12(小林貢) リン KIKO DSM System(山之内 正) デノンDCD-1650RE/PMA-2000RE(藤岡 誠) ●アクセサリーファイル プラネットミュージックラインPML-Syuni ●新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男) ●Stereo Topics BDをもっとオーディオに Blu-ray Disc for High Resolution Audio誕生(林 正儀) IFA2012でみたオーディオの今後(山之内正) ガラスCDで夢を実現させたボブ・ジェームスにインタビュー(成田 正) ●使い方を知る〜オーディオの新常識(福田雅光) ●オーディオQ&A(石田善之/福田雅光/藤岡 誠) ●今月の優秀録音(神崎一雄) ●ステレオ・ディスク・コレクション 今月の優秀録音(峰尾昌男) 今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥) 今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](富澤一誠) ●今月のSACD(岩間哲男) ●私の特選!ミュージックファイル(今月の選者:村井裕弥) ●books/タウンインフォメーション ・編集部だより 本号ではいまホットなジャンルに挑戦します。そのホットなジャンルとは2つあります。一つは、脱パッケージメディア/ネットワーク・ファイル再生の世界です。こちらは専門誌もいくつか存在し、妍を競っています。もう一つは、ヘッドホンブーム後のオーディオ事情です。つまりヘッドホンのユーザーが、次に家庭で楽しむためのソリューションは何かと言うことです。11月号ではここに多面的な企画を投入します。 さて、PCオーディオやネットワークオーディオといった新しいオーディオが広まってきていますが、いきなり新しい世界に踏み込むのには若干の知識と勇気が必要です。ただし本格オーディオグレード機器から少し目をずらすと、ミニコンポ的なものやエントリークラスのコンポにも同じような機能を持った製品が並んでいます。いきなり高級機を買うのではなく、このようなモデルから新しいオーディオに入っていくという手段を提案してみたいと思います。 これらの機器は当然価格も安く、もし気にならなかったとしてもあまり痛手にならないばかりでなく、ステップアップしたときにも無駄にならず、新オーディオの機能らしく別室で楽しむことができます。まずは体験、ということで新オーディオのエントリークラスの特集を提案します。 一方で、CDプレーヤーなどの従来からある機器のエントリークラス(本格コンポサイズの)も人気があるようで、大手のブランドは必ずラインアップしています。デノンの390/755が最近モデルチェンジしましたし、パイオニアも新製品を出してきました。これらの個別の機種から、組合せ(システム)例の紹介も合わせて提案します。ヘッドホン世代にも、オーディオリターナーにもやさしい企画としました。※お取り寄せ商品
楽天市場オーディオ専門店でんき堂スクェア通販ページへ
【中古】音楽の友2015年10月号【中古】音楽の友2015年10月号7,538
「初版発行」2015-09-18「出版者」音楽之友社 {買われる前に一読願います}商品の最終確認をしてからの配送となりますので、受注後商品の発送開始までに約5日程度かかる場合がございます。●特典や付録は付属する場合のみ記載しています。記載がなければ欠品とお考えください。出品価格を定価より高く設定しています。詳細について不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい 。中古本の為、経年並みの劣化(ヤケ、シミ、折れ、小ヤブレ、小書き込み等)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。又、領収書が必要な場合はお気軽にお申し付け下さい。一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。なお弊社の過失が明白である場合を除き、返品は基本的にお受けいたしかねます。万が一返品の場合は弊社規定によるものとさせていただきます。ご利用お待ちしておりますB013GW8Q4A
楽天市場KSC通販ページへ
[楽譜] 音楽の友 2017年10月号【DM便送料別】(オンガクノトモ2017ネン10ガツゴウ)[楽譜] 音楽の友 2017年10月号【DM便送料別】(オンガクノトモ2017ネン10ガツゴウ)997
雑誌 ジャンル:雑誌出版社:音楽之友社弊社に在庫がない場合の取り寄せ発送目安:1日〜2日解説:今月の内容(br)特集(br)欧米の夏の音楽祭2017(三光 洋/岡部真一郎/中 東生/三浦真弓/後藤菜穂子/パーヴォ・ヤルヴィ/奥田佳道/高辻知義/秋島百合子/松本 學/笠羽映子)欧米のオペラハウスやオーケストラの1年のシーズンは6〜7月終了する。終わるとほぼ同時に、観光地などでの「夏の音楽祭」シーズンの幕開けだ。今号特集では、今夏開催された欧米の著名な音楽祭の中から、話題となったいくつかをピックアップ、インタヴューや関連イヴェントもご紹介する。(br)(br)カラー(br)●[Interview] 待ちに待った来日、ラファウ・ブレハッチ(上田弘子)(br)●[Interview] リッカルド・ムーティをザルツブルクの自宅に訪ねて(三光 洋)(br)●[新連載] 音楽家の休日(1)〜小菅 優(堀江昭朗)(br)●[連載] 音楽とねこ(10)〜高木綾子(堀江昭朗)(br)●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(10)(篠崎史紀)(br)●[連載]和音の本音(2)(清水和音・青澤隆明)(br)●[連載]私的音楽論考—指揮台から見えること(34)(山田和樹)(br)●[連載]大谷康子 音楽交差点(10)〈お客様〉小栗久美子/榎本翔太(大谷康子)(br)●[連載]モナ=飛鳥・オットのスウィーツなピアノの部屋(10)(モナ=飛鳥・オット)(br)●[連載]世界音楽家巡礼記(7)(カジポン)(br)●[連載]マインドフルネス紀行(7)(吉井瑞穂)(br)●[連載]R’s Art Spirit〜宮谷理香の「美」の散プロムナード歩道(6)〜ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》(宮谷理香)(br)●[連載] ウィーン 日々のうつろい(43)(野村三郎)(br)●[Interview]フロリアン・フォークト、来日直前インタヴュー(中 東生)(br)●[Interview]指揮者・大野和士 リヨン国立歌劇場首席指揮者から新国立劇場の芸術監督へ(山田治生)(br)●[Report]2017 セイジ・オザワ 松本フェスティバル(前半)(奥田佳道)(br)●[Interview]長谷川陽子、デビュー30周年を迎える(堀江昭朗)(br)●[Report]イタリア・オペラ紀行(高崎保男)(br)●[Report]サントリーホール「Reオープニング・コンサート」(萩谷由喜子)(br)●[Report]フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2017(長井進之介)(br)●[Report]Pacific Music Festival 2017〈後半〉(本堂知彦/山田治生)(br)●[Report]熱演! デヴィーアの《ノルマ》(岸 純信)(br)(br)特別記事(br)●[Interview]ライナー・キュッヒルと福田進一が語るデュオ・アルバム(山田治生)(br)●[Interview]話題のコロラトゥーラ・ソプラノ 田中彩子(上田弘子)(br)●ザルツブルク音楽祭・番外編(中田千穂子)(br)●[鼎談]昔のピアノ・今のピアノ(高木 裕・江口 玲・阪田知樹)(br)(br)連載(br)●教えて! 音楽大学最前線(5)〜国立音楽大学(長井進之介)(br)●マエストロを友とした日々(17)〜メト(ジャパン・アーツ)vsスカラ(NBS)(広渡 勲/上坂 樹)(br)●世界のコンサートマスターに聞く(30)〜ユリア・ベッカー(チューリヒ・トーンハレ管弦楽団)(中 東生)(br)●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(7)(平野 昭/小山実稚恵)(br)●[新連載]ミサ曲を通してみた音楽史—神と向かい合った近代の作曲家(1)(西原 稔)(br)●メンデルスゾーンの音符たち(19)〜シンフォニア集(池辺晋一郎)(br)●ハイクポホヤの光りと風(2)(舘野 泉)(br)●名物楽オケマン団員を訪ねて—オーケストラの楽屋裏(10)(堀江昭朗)〜石井 淳(神奈川フィルハーモニー管弦楽団・首席ファゴット奏者)(br)●読むオペラ—聴く前に、聴いた後で(63)〜ヴェルディ《シチリアの晩鐘》(堀内 修)(br)●音楽草枕(18)(樋口隆一)(br)●名曲タイムトラヴェル.真の鑑賞術(22)(平野 昭)(br)●” 繋がり”で”聴く”音楽探訪[連載終了記念・特別対談]池辺晋一郎×山田真一(山田真一)(br)(br)People & UNA VOCE(br)●ブレンダ・ラエ(小林伸太郎)(br)●藤田真央(上田弘子)(br)●服部百音(堀江昭朗)(br)●田崎尚美(長井進之介)(br)●花房晴美(堀江昭朗)(br)●瀬崎明日香(長井進之介)(br)●宮崎陽江(山崎浩太郎)(br)●林 英哲(道下京子)/古澤直久(堀江昭朗)(br)●神尾真由子(堀江昭朗)/西村 悟(堀江昭朗)(br)●クァルテット・エクセルシオ/西澤安澄(東端哲也)(br)●佐野優子/ミケーレ・マリオッティ(加藤浩子)/梯 剛之(長井進之介)(br)(br)Reviews&Reports(br)●〈イヴェント・レポート〉第15回東京音楽コンクール(堀江昭朗)(br)●〈イヴェント・レポート〉沼尻竜典がオペラ指揮者セミナー〜《ボエーム》(山田治生)(br)●Concert Reviews〜演奏会批評(br)●〈海外レポート〉 (秋島百合子/吉田真澄+前田 炎/野田和哉/野村三郎/城所孝吉+来住千保美/有賀太一)(br)※「ロシア」は休載いたします(br)●〈イヴェント・レポート〉アフィニス夏の音楽祭 2017 広島(山田治生)(br)(br)Rondo(br)●2017 セイジ・オザワ 松本フェスティバルのそばパーティー(br)●藝大レーベル ストアイベント“Today at Apple”(br)●BBCプロムスでラトル&ロンドン響が《グレの歌》(岡部真一郎)(br)●アルゲリッチも心を寄せる「ピノキオ・コンサート」(上田弘子)(br)●沼尻竜典紫綬褒章受章(br)●アンサンブル・ヴァガボンズ旗揚げ公演(br)●第27回出光音楽賞ガラ・コンサート(br)●ローム スカラシップ コンサート(br)(br)News & Information(br)●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース(br)●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか(br)●ディスク・セレクション(br)●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報(br)●BOOKS(br)●TV クラシック音楽番組10月の予定(br)●読者のページ(br)●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内(br)(br)別冊付録(br)コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション(br)(br)編集部だより(br)●今月の表紙は4年ぶりに来日するラファウ・ブレハッチ。待ち望まれた来日です。今回の記事の取材には立ち会っていないのですが、4年前の来日では、ブレハッチはインフルエンザに罹って大変で、公演もいくつかキャンセルしたとのことです。現代の若者には珍しく飛行機嫌いだそうですが、ブレハッチの「リベンジ・マッチ」、楽しみですね。(br)●高木綾子さんの「音楽とねこ」、いかがだったでしょうか。取材は、新築してまもないご自宅までおうかがいしました。高木さんのご主人はトロンボーン奏者の松永英也さん。記事にもあるように、ご主人はなんと「ねこアレルギー」なのだそうですが、高木さんともども、いまやかわいくてしかたがないといった感じで、3匹のねこをご紹介していただきました。(br)●特集「欧米の夏の音楽祭2017」は、ちょっと「個性的な」音楽祭のピックアップになりました。現地で破格の人気だった《アイーダ》では、なかなかチケットが取れなかったりと、ヒヤヒヤしましたが、無事、レポートをお届けすることができました。音楽祭のレポートは特集だけでなく、カラーグラビアをはじめ、海外レポートや他のページにもありますので、併せてお読みいただければ幸いです。(br)●全国各地で行われた夏の音楽祭。いずれも大盛況のうちに、幕を下ろしました。今月のグラビア・ページでは、「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」「フェスタサマーミューザKAWASAKI」「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」の模(br)様をお伝えしています。(br)●リヨン国立歌劇場首席指揮者の...こちらの商品は他店舗同時販売しているため在庫数は変動する場合がございます。3,000円以上お買い上げで送料無料です。
楽天市場ロケットミュージック 楽譜EXPRESS通販ページへ
音楽の友 2017年10月号音楽の友 2017年10月号997
メーカー:(株)音楽之友社JAN:4910021291072A4変 厚さ1.5cm 224ページ今月の内容特集欧米の夏の音楽祭2017(三光 洋/岡部真一郎/中 東生/三浦真弓/後藤菜穂子/パーヴォ・ヤルヴィ/奥田佳道/高辻知義/秋島百合子/松本 學/笠羽映子)欧米のオペラハウスやオーケストラの1年のシーズンは6〜7月終了する。終わるとほぼ同時に、観光地などでの「夏の音楽祭」シーズンの幕開けだ。今号特集では、今夏開催された欧米の著名な音楽祭の中から、話題となったいくつかをピックアップ、インタヴューや関連イヴェントもご紹介する。カラー●[Interview] 待ちに待った来日、ラファウ・ブレハッチ(上田弘子)●[Interview] リッカルド・ムーティをザルツブルクの自宅に訪ねて(三光 洋)●[新連載] 音楽家の休日(1)〜小菅 優(堀江昭朗)●[連載] 音楽とねこ(10)〜高木綾子(堀江昭朗)●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(10)(篠崎史紀)●[連載]和音の本音(2)(清水和音・青澤隆明)●[連載]私的音楽論考—指揮台から見えること(34)(山田和樹)●[連載]大谷康子 音楽交差点(10)〈お客様〉小栗久美子/榎本翔太(大谷康子)●[連載]モナ=飛鳥・オットのスウィーツなピアノの部屋(10)(モナ=飛鳥・オット)●[連載]世界音楽家巡礼記(7)(カジポン)●[連載]マインドフルネス紀行(7)(吉井瑞穂)●[連載]R’s Art Spirit〜宮谷理香の「美」の散プロムナード歩道(6)〜ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》(宮谷理香)●[連載] ウィーン 日々のうつろい(43)(野村三郎)●[Interview]フロリアン・フォークト、来日直前インタヴュー(中 東生)●[Interview]指揮者・大野和士 リヨン国立歌劇場首席指揮者から新国立劇場の芸術監督へ(山田治生)●[Report]2017 セイジ・オザワ 松本フェスティバル(前半)(奥田佳道)●[Interview]長谷川陽子、デビュー30周年を迎える(堀江昭朗)●[Report]イタリア・オペラ紀行(高崎保男)●[Report]サントリーホール「Reオープニング・コンサート」(萩谷由喜子)●[Report]フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2017(長井進之介)●[Report]Pacific Music Festival 2017〈後半〉(本堂知彦/山田治生)●[Report]熱演! デヴィーアの《ノルマ》(岸 純信)特別記事●[Interview]ライナー・キュッヒルと福田進一が語るデュオ・アルバム(山田治生)●[Interview]話題のコロラトゥーラ・ソプラノ 田中彩子(上田弘子)●ザルツブルク音楽祭・番外編(中田千穂子)●[鼎談]昔のピアノ・今のピアノ(高木 裕・江口 玲・阪田知樹)連載●教えて! 音楽大学最前線(5)〜国立音楽大学(長井進之介)●マエストロを友とした日々(17)〜メト(ジャパン・アーツ)vsスカラ(NBS)(広渡 勲/上坂 樹)●世界のコンサートマスターに聞く(30)〜ユリア・ベッカー(チューリヒ・トーンハレ管弦楽団)(中 東生)●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(7)(平野 昭/小山実稚恵)●[新連載]ミサ曲を通してみた音楽史—神と向かい合った近代の作曲家(1)(西原 稔)●メンデルスゾーンの音符たち(19)〜シンフォニア集(池辺晋一郎)●ハイクポホヤの光りと風(2)(舘野 泉)●名物楽オケマン団員を訪ねて—オーケストラの楽屋裏(10)(堀江昭朗)〜石井 淳(神奈川フィルハーモニー管弦楽団・首席ファゴット奏者)●読むオペラ—聴く前に、聴いた後で(63)〜ヴェルディ《シチリアの晩鐘》(堀内 修)●音楽草枕(18)(樋口隆一)●名曲タイムトラヴェル.真の鑑賞術(22)(平野 昭)●” 繋がり”で”聴く”音楽探訪[連載終了記念・特別対談]池辺晋一郎×山田真一(山田真一)People & UNA VOCE●ブレンダ・ラエ(小林伸太郎)●藤田真央(上田弘子)●服部百音(堀江昭朗)●田崎尚美(長井進之介)●花房晴美(堀江昭朗)●瀬崎明日香(長井進之介)●宮崎陽江(山崎浩太郎)●林 英哲(道下京子)/古澤直久(堀江昭朗)●神尾真由子(堀江昭朗)/西村 悟(堀江昭朗)●クァルテット・エクセルシオ/西澤安澄(東端哲也)●佐野優子/ミケーレ・マリオッティ(加藤浩子)/梯 剛之(長井進之介)Reviews&Reports●〈イヴェント・レポート〉第15回東京音楽コンクール(堀江昭朗)●〈イヴェント・レポート〉沼尻竜典がオペラ指揮者セミナー〜《ボエーム》(山田治生)●Concert Reviews〜演奏会批評●〈海外レポート〉 (秋島百合子/吉田真澄+前田 炎/野田和哉/野村三郎/城所孝吉+来住千保美/有賀太一)※「ロシア」は休載いたします●〈イヴェント・レポート〉アフィニス夏の音楽祭 2017 広島(山田治生)Rondo●2017 セイジ・オザワ 松本フェスティバルのそばパーティー●藝大レーベル ストアイベント“Today at Apple”●BBCプロムスでラトル&ロンドン響が《グレの歌》(岡部真一郎)●アルゲリッチも心を寄せる「ピノキオ・コンサート」(上田弘子)●沼尻竜典紫綬褒章受章●アンサンブル・ヴァガボンズ旗揚げ公演●第27回出光音楽賞ガラ・コンサート●ローム スカラシップ コンサートNews & Information●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか●ディスク・セレクション●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報●BOOKS●TV クラシック音楽番組10月の予定●読者のページ●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内別冊付録コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション編集部だより●今月の表紙は4年ぶりに来日するラファウ・ブレハッチ。待ち望まれた来日です。今回の記事の取材には立ち会っていないのですが、4年前の来日では、ブレハッチはインフルエンザに罹って大変で、公演もいくつかキャンセルしたとのことです。現代の若者には珍しく飛行機嫌いだそうですが、ブレハッチの「リベンジ・マッチ」、楽しみですね。●高木綾子さんの「音楽とねこ」、いかがだったでしょうか。取材は、新築してまもないご自宅までおうかがいしました。高木さんのご主人はトロンボーン奏者の松永英也さん。記事にもあるように、ご主人はなんと「ねこアレルギー」なのだそうですが、高木さんともども、いまやかわいくてしかたがないといった感じで、3匹のねこをご紹介していただきました。●特集「欧米の夏の音楽祭2017」は、ちょっと「個性的な」音楽祭のピックアップになりました。現地で破格の人気だった《アイーダ》では、なかなかチケットが取れなかったりと、ヒヤヒヤしましたが、無事、レポートをお届けすることができました。音楽祭のレポートは特集だけでなく、カラーグラビアをはじめ、海外レポートや他のページにもありますので、併せてお読みいただければ幸いです。●全国各地で行われた夏の音楽祭。いずれも大盛況のうちに、幕を下ろしました。今月のグラビア・ページでは、「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」「フェスタサマーミューザKAWASAKI」「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」の模様をお伝えしています。●リヨン国立歌劇場首席指揮者のポストを終え、来年から新国立劇場芸術監督に就任予定の大野和士さん。近況と今後の展望を語っていただきました。グラビア・ページで紹介いたします。
楽天市場エイブルマート通販ページへ
音楽の友 2017年10月号 / 音楽之友社 【メール便なら送料無料】 【雑誌】音楽の友 2017年10月号 / 音楽之友社 【メール便なら送料無料】 【雑誌】998
[合計9999円以上で宅配便も送料無料][メール便なら送料無料]音楽の友 2017年10月号 今月の内容特集欧米の夏の音楽祭2017(三光 洋/岡部真一郎/中 東生/三浦真弓/後藤菜穂子/パーヴォ・ヤルヴィ/奥田佳道/高辻知義/秋島百合子/松本 學/笠羽映子)欧米のオペラハウスやオーケストラの1年のシーズンは6〜7月終了する。終わるとほぼ同時に、観光地などでの「夏の音楽祭」シーズンの幕開けだ。今号特集では、今夏開催された欧米の著名な音楽祭の中から、話題となったいくつかをピックアップ、インタヴューや関連イヴェントもご紹介する。カラー●[Interview] 待ちに待った来日、ラファウ・ブレハッチ(上田弘子)●[Interview] リッカルド・ムーティをザルツブルクの自宅に訪ねて(三光 洋)●[新連載] 音楽家の休日(1)〜小菅 優(堀江昭朗)●[連載] 音楽とねこ(10)〜高木綾子(堀江昭朗)●[連載]MAROの「つれづれなるままに」〜NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀の音楽雑記(10)(篠崎史紀)●[連載]和音の本音(2)(清水和音・青澤隆明)●[連載]私的音楽論考—指揮台から見えること(34)(山田和樹)●[連載]大谷康子 音楽交差点(10)〈お客様〉小栗久美子/榎本翔太(大谷康子)●[連載]モナ=飛鳥・オットのスウィーツなピアノの部屋(10)(モナ=飛鳥・オット)●[連載]世界音楽家巡礼記(7)(カジポン)●[連載]マインドフルネス紀行(7)(吉井瑞穂)●[連載]R’s Art Spirit〜宮谷理香の「美」の散プロムナード歩道(6)〜ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》(宮谷理香)●[連載] ウィーン 日々のうつろい(43)(野村三郎)●[Interview]フロリアン・フォークト、来日直前インタヴュー(中 東生)●[Interview]指揮者・大野和士 リヨン国立歌劇場首席指揮者から新国立劇場の芸術監督へ(山田治生)●[Report]2017 セイジ・オザワ 松本フェスティバル(前半)(奥田佳道)●[Interview]長谷川陽子、デビュー30周年を迎える(堀江昭朗)●[Report]イタリア・オペラ紀行(高崎保男)●[Report]サントリーホール「Reオープニング・コンサート」(萩谷由喜子)●[Report]フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2017(長井進之介)●[Report]Pacific Music Festival 2017〈後半〉(本堂知彦/山田治生)●[Report]熱演! デヴィーアの《ノルマ》(岸 純信)特別記事●[Interview]ライナー・キュッヒルと福田進一が語るデュオ・アルバム(山田治生)●[Interview]話題のコロラトゥーラ・ソプラノ 田中彩子(上田弘子)●ザルツブルク音楽祭・番外編(中田千穂子)●[鼎談]昔のピアノ・今のピアノ(高木 裕・江口 玲・阪田知樹)連載●教えて! 音楽大学最前線(5)〜国立音楽大学(長井進之介)●マエストロを友とした日々(17)〜メト(ジャパン・アーツ)vsスカラ(NBS)(広渡 勲/上坂 樹)●世界のコンサートマスターに聞く(30)〜ユリア・ベッカー(チューリヒ・トーンハレ管弦楽団)(中 東生)●[対談シリーズ]ベートーヴェンとピアノ(7)(平野 昭/小山実稚恵)●[新連載]ミサ曲を通してみた音楽史—神と向かい合った近代の作曲家(1)(西原 稔)●メンデルスゾーンの音符たち(19)〜シンフォニア集(池辺晋一郎)●ハイクポホヤの光りと風(2)(舘野 泉)●名物楽オケマン団員を訪ねて—オーケストラの楽屋裏(10)(堀江昭朗)〜石井 淳(神奈川フィルハーモニー管弦楽団・首席ファゴット奏者)●読むオペラ—聴く前に、聴いた後で(63)〜ヴェルディ《シチリアの晩鐘》(堀内 修)●音楽草枕(18)(樋口隆一)●名曲タイムトラヴェル.真の鑑賞術(22)(平野 昭)●” 繋がり”で”聴く”音楽探訪[連載終了記念・特別対談]池辺晋一郎×山田真一(山田真一)People & UNA VOCE●ブレンダ・ラエ(小林伸太郎)●藤田真央(上田弘子)●服部百音(堀江昭朗)●田崎尚美(長井進之介)●花房晴美(堀江昭朗)●瀬崎明日香(長井進之介)●宮崎陽江(山崎浩太郎)●林 英哲(道下京子)/古澤直久(堀江昭朗)●神尾真由子(堀江昭朗)/西村 悟(堀江昭朗)●クァルテット・エクセルシオ/西澤安澄(東端哲也)●佐野優子/ミケーレ・マリオッティ(加藤浩子)/梯 剛之(長井進之介)Reviews&Reports●〈イヴェント・レポート〉第15回東京音楽コンクール(堀江昭朗)●〈イヴェント・レポート〉沼尻竜典がオペラ指揮者セミナー〜《ボエーム》(山田治生)●Concert Reviews〜演奏会批評●〈海外レポート〉 (秋島百合子/吉田真澄+前田 炎/野田和哉/野村三郎/城所孝吉+来住千保美/有賀太一)※「ロシア」は休載いたします●〈イヴェント・レポート〉アフィニス夏の音楽祭 2017 広島(山田治生)Rondo●2017 セイジ・オザワ 松本フェスティバルのそばパーティー●藝大レーベル ストアイベント“Today at Apple”●BBCプロムスでラトル&ロンドン響が《グレの歌》(岡部真一郎)●アルゲリッチも心を寄せる「ピノキオ・コンサート」(上田弘子)●沼尻竜典紫綬褒章受章●アンサンブル・ヴァガボンズ旗揚げ公演●第27回出光音楽賞ガラ・コンサート●ローム スカラシップ コンサートNews & Information●スクランブル・ショット&ミニ・ニュース●今月のシネマ(河原晶子)/今月のシアター(横溝幸子)ほか●ディスク・セレクション●音楽の友ホールだより/知っておきたい得情報●BOOKS●TV クラシック音楽番組10月の予定●読者のページ●次号予告・編集部だより・編集後記・広告案内別冊付録コンサート・ガイド & チケット・インフォメーション編集部だより●今月の表紙は4年ぶりに来日するラファウ・ブレハッチ。待ち望まれた来日です。今回の記事の取材には立ち会っていないのですが、4年前の来日では、ブレハッチはインフルエンザに罹って大変で、公演もいくつかキャンセルしたとのことです。現代の若者には珍しく飛行機嫌いだそうですが、ブレハッチの「リベンジ・マッチ」、楽しみですね。●高木綾子さんの「音楽とねこ」、いかがだったでしょうか。取材は、新築してまもないご自宅までおうかがいしました。高木さんのご主人はトロンボーン奏者の松永英也さん。記事にもあるように、ご主人はなんと「ねこアレルギー」なのだそうですが、高木さんともども、いまやかわいくてしかたがないといった感じで、3匹のねこをご紹介していただきました。●特集「欧米の夏の音楽祭2017」は、ちょっと「個性的な」音楽祭のピックアップになりました。現地で破格の人気だった《アイーダ》では、なかなかチケットが取れなかったりと、ヒヤヒヤしましたが、無事、レポートをお届けすることができました。音楽祭のレポートは特集だけでなく、カラーグラビアをはじめ、海外レポートや他のページにもありますので、併せてお読みいただければ幸いです。●全国各地で行われた夏の音楽祭。いずれも大盛況のうちに、幕を下ろしました。今月のグラビア・ページでは、「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」「フェスタサマーミューザKAWASAKI」「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」の模様をお伝えしています。●リヨン国立歌劇場首席指揮者のポストを終え、来年から新国立劇場芸術監督に就任予定の大野和士さん。近況と今後の展望を語っていただきました。グラビア・ページで紹介いたします。版型:A4変総ページ数:224JANコード:4910021291072出版年月日:2017/10/01JANコード:4910021291072【島村管理コード:15120170928】
楽天市場島村楽器 楽譜便通販ページへ
【中古】音楽の友 2011年 10月号 [雑誌]【中古】音楽の友 2011年 10月号 [雑誌]7,538
「初版発行」2011-09-17「出版者」音楽之友社 {買われる前に一読願います}商品の最終確認をしてからの配送となりますので、受注後商品の発送開始までに約5日程度かかる場合がございます。●特典や付録は付属する場合のみ記載しています。記載がなければ欠品とお考えください。出品価格を定価より高く設定しています。詳細について不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい 。中古本の為、経年並みの劣化(ヤケ、シミ、折れ、小ヤブレ、小書き込み等)はご了承下さいませ。こちらの商品は他でも併売の為、品切れの際は速やかに返金します。又、領収書が必要な場合はお気軽にお申し付け下さい。一般のご注文以外に大学・公共機関のご注文も承ります。なお弊社の過失が明白である場合を除き、返品は基本的にお受けいたしかねます。万が一返品の場合は弊社規定によるものとさせていただきます。ご利用お待ちしておりますB005H2XES6
楽天市場KSC通販ページへ
マルタ・アルゲリッチ/プロコフィエフ: ピアノ協奏曲第3番; モーツァルト: 交響曲第35番「ハフナー」, 第38番「プラハ」 [TWFS-90005]マルタ・アルゲリッチ/プロコフィエフ: ピアノ協奏曲第3番; モーツァルト: 交響曲第35番「ハフナー」, 第38番「プラハ」 [TWFS-90005]2,138
アルゲリッチ初来日時のプロコフィエフは世界初出。札響を飛躍させたシュヴァルツとの伝説の記録1970年に初来日を果たしたアルゲリッチの、日本での記念すべき初の協奏曲演奏がこのプロコフィエフの3番でした。当時の熱狂振りと札響との熱い共演は、今では伝説となっています。シュヴァルツ指揮によるモーツァルト2曲の品位ある響きも絶品。オリジナルのアナログマスターより高品位でリマスターを行った、稀少なステレオ音源です。アルゲリッチは1965年のショパン・コンクール優勝後もDGレーベルを中心に複数のレコーディングを行い、ここに収録されているプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を1967年にアバド指揮ベルリン・フィルと録音。そして1970年1月から2月にかけて初めて来日しました。1月15日東京文化会館を皮切りに、東京と横浜でソロ・コンサート開いたあと、1月24日には札幌で協奏曲のソリストとして登場することになりました。アルゲリッチが最初に日本のオケと共演したのは、実は札響だったのです。それまでも世界的なソリストと幾多の共演をしてきた札響でも、当時でもスターであったアルゲリッチとの共演は、この時代を代表するハイライトと言ってよいでしょう。演奏は、アルゲリッチの才気溢れる強烈なピアノとの対峙から始まり、徐々にぐいぐい引っ張られていく様は聴いていて感動します。最後に一体となった熱気とパワーは、一度聴いたら忘れられない体験と言えるでしょう。やはり凄い演奏です。尚、ブックレット内には、「音楽の友」1972年1月号に掲載された、珍しいアルゲリッチの写真を入れました。恐らく1972年以来となる、貴重な写真です。アルゲリッチとの共演は、1969年に札響の指揮者に就任し、ちょうどこの1970年より常任指揮者として札響の重要な成長期を牽引したペーター・シュヴァルツでした。カップリングのモーツァルト2曲は、弦楽器出身のシュヴァルツとの驚くべき演奏です。結成から10年に満たない札響をここまで昇華させた力は絶大で、自然なモーツァルトの流れや柔和さは、当時の日本のオケでは出色だったのではないでしょうか。1925年ウィーンの生まれで、ウィーン少年合唱団からウィーン国立アカデミーで作曲とチェロを学んだシュヴァルツは、チェロ奏者としてウィーン・フィルや1952年からは結成されて7年ばかりのバンベルク交響楽団では首席も務めた名手でした。指揮をスワロフスキーとクレメンス・クラウスに学び、指揮者としてのキャリア転身を図った先が札幌交響楽団だったのです。札幌に根ざし、まさに札響と共に一時代を築いたシュヴァルツこそ、現代の札響の音色の基礎を固めたと言っても過言ではありません。(1/2)
TOWER RECORDS ONLINE価格を比較する通販ページへ

買いもの上手について

買いもの上手は、複数の通販サイトやオークションサイトから、お探しの商品を一括検索したり、価格を比較して最安値を探すことができる商品検索&価格比較サイトです。

マイリスト

商品
保存された商品はありません
検索
保存された検索条件はありません

ネットショップオーナー様へ

あなたのお店の商品を当サイトに掲載しませんか?ご利用は無料です。

スマートフォン対応

スマホからもアクセスできます
Web Services by Yahoo! JAPAN楽天ウェブサービスセンターAmazon.co.jpWEB SERVICE BY DMM.com
ページトップへ